今年一年,ありがとうございました。

f0141867_5305291.jpg


昼食後の読書の時間。
毎日がこんなに静かに過ぎて行くなら、毎日がホリデーでいいのに。


「今年一年早かったよね、何があったっけ?やっと2008年って言うのに慣れたら、もう2009年だよ。」

「お正月があって、お誕生会して、日本に帰って、コーラスに選ばれて、旅行に行って・・・」(ナー)

「ニーはアートしたいのに、また出来なかった!アートのクラスがあればいいのに!」(ニー)

「ニーはいいよね。2009年になったらすぐ9歳だから、数えるの楽だもん。」(ナー)

「ナーはそれに2を足すだけじゃん。(笑)」

今年一年、家族皆元気でした。
あっちが痛いだの次はこっちだのと文句も言い、でも、大したことなく。

「今年も楽しかったよ!毎日、毎日を大切にして、毎日を楽しく過ごしたいね!」と言うナー。ありがたいことに、子供に気づかされ、諭されることが益々増えてきた。(笑)

私は今年、食パンを練習し、手首を痛め、パンを食べ歩き@神戸、タルトやウィークエンド、クリスマスのお菓子を沢山焼いた。ドライフルーツの袋はどれだけ消費したかと思うとちょっとぞっとするので、しばらく食べなくていいぐらい。楽しかった。

来年はカレッジの方に(本当にほんのちょこっとだけ)行く予定。
ちょっとずつ、前を向いて歩く。
ダイエットに並ぶ、毎年恒例の新年の計。



もう日本は大晦日ですね。皆忙しいでしょうね。
私がナーやニーの頃は、年末年始は子供ながらに忙しかったですよね。

28日にもなると母はお節の準備を始め、掃除に買い出しを担当する父について手伝い、大晦日には明石の魚の棚にタイやブリを買いに行き、

大晦日の晩には、紅白歌合戦を観ながらおそばとお節のおすそわけで晩酌をする父とこたつでごろごろしながら、なんとか除夜の鐘を待ち、

正月三が日には行ったり来たり。お年玉を頂いて回ることに必死で、

特に二日は母の実家に出かけることが「絶対」だったので、友達に映画だの誘われても断らなければ行けなかったのがつまらなかった。

あの田舎のお正月は、ナーやニーにも味合わせてあげたかったな。

総勢5,60人以上の親戚が集まり、男衆は座敷の奥へ。男性が奥、女性が戸口の方、しかも子供は一番端っこなんて世界は今どきないのか。私は今思うと大人になってもずっと「端から2番目のテーブル」だったような。

年始の挨拶にお年玉を頂き、お節とすき焼きをよばれた後は子供達で遊び回り、頃合いをみては皆が届けた菓子折りの山をひも解いて。

子供頃は「強制参加」が嫌に思う時期もあったけれど、今となっては残念だと思う。
ああ、決して「主催者側」になるつもりはないという勝手な話。

女性達の年末の準備には、今思えば相当なものだったと頭が下がり、もう今年も後一日というのに家でのんびししている2人を見ると、ちょっとかわいそうだなあと思ったりする。あの年末の喧噪を超えて、子供もまた1つ大きくなる。そんな感じがした、ような。


取りあえず黒豆は炊けた。
お節を頂くのも一日二日。今晩は義母から頂いた数の子を下ごしらえして、後は明日ちょこっとだけ用意する予定。数の子と黒豆があれば、それはもうしっかりお節。ありがたいことに、こんな所でもちゃんと「お正月」らしく過ごせることに感謝します。


ブログにおつき合いくださった皆様、今年一年本当にありがとうございました。
おかげさまで毎日が充実した一年になりました。

どうぞお体にはお気をつけて、佳いお年をお迎えください。

そして、来年もどうぞよろしくお願い致します。



□未だに追記

f0141867_1064218.jpg


クリスマス前後から、頂き物の「甘いもの」が文字通り山ほど有り、うちでこれぐらいなのだからアメリカ人の家ではいかほどだろうか、勢いで食べ尽くすのか?と思いつつ、ありがたく毎日美味しく頂いており、

「そろそろマズいね〜♪まあ、ホリデーだからいっか!」

と、子供達と笑っていたら、今晩ちょっと思いがけない所からまた差し入れが。

「遅くなったけど、今頃焼いたのよ〜。」

と頂いたクリスマスクッキー。そろそろ底が見えて来た所だったので、嬉しいような、くくくって笑っちゃうような。

もう焼き納めはすんだと思っていたけれど、最後の最後?
今、またお礼にウィークエンドを焼いている。そろそろ焼き上がるかな。

□追記2

洗い物をしながら、

「どう考えても今年はもっと忙しかったよね・・・何か忘れてるような・・・」

と思ったら、昨年度の補習校の役員仕事。
あれは結局夏休み前まで引きずっていたので、だから、夏休みの帰国前の記憶が飛んでいるような気がしていたのだった。

今年一年とても早かったけど、あれはもう遠い昔の話のような。

長くなったけど、これですっきりしたので無事気持ちよく年が越せます。(笑)最後の最後まで失礼しました。
[PR]