ボストックもどき

f0141867_0305849.jpg


デニッシュ(本当は丸い筒型に焼いた『ナンテール』を使うらしい)を砂糖水に浸し、アーモンドクリームを載せて焼き上げるボストック。神戸のルディマンシェで買ったボストックは美味しかったし、折角デニッシュが手元にあるから再現したい。

・・・と思ったのだけれど、あまりの砂糖やアーモンドクリームの量におののいて、また自己判断で軽めにしてしまう。と、やっぱり中途半端なものになった。今年はこういう姿勢を改めて、できるだけきちんとしようと思っているのに。

美味しい物はカロリー高い。今更何を言うか。



さて、実は先週水曜日(もう1週間前のことだけれど)、我慢出来ずに「散髪屋」に行った。去年の夏に日本で切って以来、揃える程度のみで済ませて来た。
ナーの「長い方がいい!」という勧めもあったし、一冬我慢出来たし、「このまま伸ばしてみよう」と切りたくなる度に決意し直して堪えて来たのだけれど、どう考えても精神的にもよろしくないので、やはりショートで行くことにする。

頭痛持ちの悲しいこと。ゴムで束ねることは勿論、カチューシャ、ヘアバンド、ピンも使えないし、眼鏡をかけても帽子を被っても頭が痛くなる。この冬は、髪の毛をどうこうしようがどうせ頭痛はやって来るのだからと頭痛をすかしながら過ごして来たけれど、やはり1つでも要因は減らそう。

10ドル握って近所のチェーン店に行き後ろなんか17、8センチぐらいかな。ばっさりやってもらう。シャギー、みたいに気の効いたものではなくて「階段頭」になってしまったような。

「変だよね〜?」とナーに聞くと、
「ううん、前と変わんないよ。」だって。良いのか悪いのか。(笑)

でもいいの、やっぱりすっきりしたものね。
と、機嫌良く過ごして二日後の金曜日の晩。

「おっ、ママ。髪の毛切ったんだね〜。」

と夫。

相変わらずブログ向きのボケ。話題提供どうもありがとう。(笑)
[PR]