ファイナルなので(修正、加筆)

f0141867_23475268.jpg


パンも相変わらず色々試行錯誤。この経過はまた追って書くとして。

週明けに今受けている授業のファイナルテスト(最終試験)があるのでそちらに集中しようと思っています。たった1科目のことで、しかもこれに通ったからと言って何がどうということは全くないのですが、折角受けたのだから最後まで踏ん張りたい。

ということで、来週半ばまでブログが更新されなくても新型インフルエンザではないと思って、ご安心ください。

ちなみに。

シカゴで(しかも日本語学校に通っている幼稚園生)発症した児童がいると日本でニュースになっているようで。今週末は補習校も休校となりました。

本当は日本でニュースになっていなければこんなことわざわざ書くつもりはなく。
ただ、私の口よりも先にニュースを見てしまったら日本の両親や知り合いが心配するでしょうから、様子を伝えるために書くとすれば、とりあえず今の所当地では発生したと言う話もなく、学校で「うがいや手荒い、殺菌消毒をしっかりしましょう」と当たり前に注意されている程度で不穏な動きもなくとても普通な毎日です。心配ないです。

そうそう、「『豚インフルエンザ』なんて名称は以後使わないように。豚さんも豚さんを飼っている人もいい迷惑です。H1N1と正しい名称を使うようにしましょう。」という注意が学校(現地校)からもありました。で、友達(現地校の)から、「補習校で教わった名称はHとNが逆じゃない?」と言うツッコミを受けたと言うナーからの報告はありました。(笑)

イリノイで200人と聞くといかにも多いようだけれども、普通インフルエンザが流行る時期には感染者なんてこの田舎(人口2万人いないような)だけでも軽く200人は超えるだろうと思うとまだまだ少ない少ない、広がりが少ないのは皆が気をつけているということで良いことだ、というのが個人的な意見。現に、この田舎ではマスクしているひとっこ一人おらず、普通普通。(かからない、うつさないという意識が低いのではないかという懸念もあるが)

そもそも「新型」と言われるものは押し並べて、自分や周囲でかかったことがないし見たことがないという未知数の部分があるから不安なもので、そこに色々ニュースが加わると不安も募ります。
用心しろという注意喚起はとてもありがたい。けれど注意するという観点では普通のインフルエンザと変わりなく、免疫力の低下している既往症のある方がかかれば大変だということも普通のインフルエンザだって「気をつけないといけない」のは同じことかと。
かかってしまったことは大変だったと、ご家族の大変さを我が身に置き換えてみる。それに関して他者が騒ぐ必要はないと思うので、報道されてしまったことは残念だなあと同情します。

マスコミの威力には驚異、脅威を感じます。某アイドルの逮捕の話なんて、この田舎でもタイムリーでしたものね。(笑)

さて、普通のインフルエンザと同じくかかってツライのは本人。
夏休みを前にラスト3週間のお楽しみ期間(学校では授業よりもイベントの割合が大きくなる)を満喫出来るように、うがい手荒いちゃんとして、沢山食べてしっかり寝る。これだけは「普段通り」気をつけて過ごして行きたいと思っています。


さあ、私もファイナルだ!


ということで、ブログがファイナル、って訳じゃありませんです。はい。


(追記)

このブログを見る前に、双方の両親から心配する電話有り。そうなんです、私たちは元気ですよ。

心配しつつ、補習校の写真をテレビで見て「あれが我が孫が通っている学校かと感慨があった」という話もあった。


さて、昨日上記の後「自分の都合でしか書いていなかったのでは」と追記を考える。

伝染病というのはかかることにも大変さがあるけれど、併行して「他者にうつすことの罪」も認識していないといけない。
ウィルスと言うもの、伝染する間に薬などの環境への抵抗力をつけ、例えば今H1N1は弱毒性と言われているけれど、その内弱毒では無くなる可能性もあるではないか。
自分達は比較的健康なのだけれど、かかった後、自分達が抵抗力の弱い方へうつすリスクもある。

かかることへの心配と共に、うつすことを避けるという認識も無かったわけではないけれど、不十分だと思ったので追記。これで充分というわけではないのだけれど、報道論議までここでするつもりはなく、そもそも「元気だよ」の一言が伝えたいだけだったのだ。

自分のことしか考えていなかったけれど、「うつさない、広げない」という点で「騒がれないと対処しない」という情けなさのある我が家。
庭でミミズと戯れた後その指でお菓子をつまもうとするニーのような子供も居る限り、騒がれないと子供がうがいしたかも気にしていない私のような親も居る限り、ニュースでの(適切で適度な)報道も必要だと思ったのでした。

うーん、何書いても中途半端な気がするけど、とりあえず。
[PR]