チョコロールケーキ

f0141867_4395063.jpg


チョコレートのロールケーキは今まで作ったロールケーキの中で一番家族ウケが良かった。
チョコレート大好きだもの、これが本命と分かっているけれど遠回りして来た。
共だてにもやっと慣れて来たかな。しっかり厚くてしっとりした食感。生クリームで溶いたチョコレートは緩く泡立てた生クリームに混ぜて、削ったチョコレートをクリームを塗った上にふっておいた。
生クリーム対チョコレートは重量比2:1なので濃いめ。次回は生クリームをすっかり減らしてガナッシュのみで食べたい!

しかし、未だまん丸にならず、卵焼きのような形。うん?

実はこれ、金曜日に焼いて日曜日まで冷凍しておいたもの。
日曜日の記念日に何かケーキを用意したいけれど、土曜日は補習校で一日潰れるし、日曜日は台所にこもりたくないとなれば、色々考えて冷凍出来るというロールケーキに決めた。初めて冷凍してみたけれど、いい感じ。切りやすいので不器用な私にはいい方法だった。



5月17日は私たちがアメリカで生活を始めた日。
一月先に赴任して、生活の基盤を整えるために必死な夫に無理言って、ジャスト1ヶ月の期限で無理矢理日本から押し掛けたのは7年前になる。今思えばかなりな無理を押し付けたなあと。

最初の一月は車もなく、夫が出社してからは子どもと3人で家にこもってひたすら時間が過ぎるのを待っていたような日々もあったのだ。
すっかり大きくなった彼女達は、既にもう、「自分は普通の日本人と違うから日本に帰りたくない」と言い出している。そのときその時が毎回チャレンジなのだから、それもまた1つの経験だと覚悟して欲しいと思う反面、親の都合で連れて来て、今度また親の都合で彼女達の夢を摘み取るのは可哀想だとも思う。しかし、行くも帰るも家族一緒が原則。果たしてこの先どうなるやら、しかし、なるようにしかならないので出来ることは出来るだけやっておく、と、この期にあらためて思う。

まだしばらくはこちらに居りそうですが、日本の皆様もどうぞ元気にお過ごしください。
(こちらの話でなく、地元で新型インフルエンザが大流行り。今度はこちらが心配している番なのです。)



さて、またまた日曜日は模様替え。
この春、やたらマイナーチェンジを繰り返しているリビングルームだけれど、今回はかなり早めの「父の日のプレゼント」で夫用に椅子を購入したので、またまた家具を動かす。この春、地下室と上階、ソファーセットを担いで何度往復したことか!
一応リビングの配置もこれで決まりだろうと落ち着いた所で、急に髪を切りたくなり床屋に出かける。またまた10ドル札1枚握って出かけ、10分で刈り上げた髪でさらに気分すっきり。
春真っ盛りの今日この頃、来る8年目の夏も楽しく過ごしたいなあと思うのでした。


で、今日は久々に腰言わしてるんですが。
積もり積もってたのが今頃来たか。

7年前の引っ越しの時も腰言わしたけど、あの頃はまだ若く、3日で完治したと記憶する。
さて、のほほん生活でさびついた身体、この腰はいつ復活するか。
たかがゲームと言わないで、Wiiでもやってみるか。
そういえば縄跳びだけれど、あまりにしんどいので断念している。この夏、子どもにつき合ってもらってちょっと鍛えなければ。
[PR]