ベリーのタルト、柿のタルト、怒濤のサンクスギビングホリデー

f0141867_10363519.jpg


「明日からサンクスギビングホリデーが始まります。4日間も休みなので楽しみです。まず木曜日はお父さんのお友達の家でパーティーがあります。金曜日はシカゴへ行って、 〜中略〜 わたしはこの休みの間に「ミュージアム アット ザ ナイト」のビデオをみたいと思っています。お母さんは金曜日のお買い物を楽しみにしています。買い物の時間が長くならないように願っています。 」

ニーの日記(補習校の宿題)に寄ると、明日からは怒濤のサンクスギビングホリデーです。子供はまったり過ごしたいようですが。(笑)

取りあえず、明日は毎年恒例の「日本人会 餅つき会」があります。アメリカ人はターキーを囲んで祝いますが、我々は朝からお餅をついては食べ、ついては食べ・・・

持ち込む予定のタルト2種。ちょっと気合い入れて(量だけ)作りました。山盛りのベリータルトは「切るときのこと」を一切考慮していない作りです。オレンジ色は柿のタルトでこちらは大人向き。
後、明日は朝スペアリブを唐揚げにし、ワインはボジョレー(安いヤツ)を持込みます。

ここ数年、我が家は毎年ボジョレーを持込んでますが、話のネタに。今年は若さの膜の中に深いコクがあって美味しかったですね?でもなんだか若さと老いが一口のワインの中で「分離」しているような気がしなくもなかったのですが。

ということで、4日間、消化器官と足腰が無事に乗り切れますように!
[PR]