ブラウニー;英語力のなさに落ち込む

f0141867_82354100.jpg


ブラウニーを焼いた。「甘いの嫌い」なニーの好物。なんなんだか?

ナーは学校から帰ってすぐに着替え、先週から始まった学校のバレーボールのクラブ活動に参加すべく飛び出していく。なにせお腹空きすきで帰ってくるので、ちょこっとつまんでいけと言うと、

「折角今から運動しに行くのに、こんなの食べたら太るじゃん!」

とイッパしのことを言いながら、しかしぺろっと平らげて出かけていった。
学校へのお迎えも部活へのお出かけも運転するのは私なんですけどね。運動というなら歩いて行けよと突っ込むが、なにせマイナス10℃の外気温ではそうも行きませぬ。

 □ □ □ □ □ □ □

さて、今日はちょっと朝から虫の居所が悪かったのだけれど、それに追い打ちをかけるようにトラブル発生、の予感。
今週末までに届けたい郵便が、わざわざサーティファイド(受け取り証明付き)で送ったが故に?未だ先方に届いていないどころか、うちの近所の郵便局に未だとどまってるかもしれないという状態を(郵便局のサイトで追尾調査ができるので)発見してしまう。ああ、こんなことなら「普通郵便」の方が速かったかも。(という、不可思議なことが起きる国)
しかも明日水曜日はアメリカの郵便局が一年で一番扱い量の多い忙しい時期だとか?
届くのか?どこかに行っちゃってないか?

知らなきゃ良かった。もういいや、考えるのよそう。

と振り切った矢先、先般から「返品」手続きで何度もメールのやり取りをしている先から、トドメを刺すような鬱陶しい電話がかかってきた。残念ながら先方が何を訴えているのかさっぱりわからず。

夫に泣きつき、代わりに電話してもらったら、

「なんてことなかった」

という彼。問題は解決したが鬱陶しい気分は消えず。

そこへ眼科からさらに泣きっ面に蜂の電話。

「あなたが8月にオーダーしたコンタクトレンズ、まだ取りに来てないから取りに来てね。」

いいえ!それは確かに確かに「オーダーしませんでした」とも!!

実は検診を受けてのち、なんだかいつもより30ドルほど高い請求書が届いたんだけれども、それも検診のひと月後。普通検診の時に同時にコンタクトをオーダーしたら、1週間ぐらいで「届いた」コールがかかってくるのにかかってこなかったので、まさかコンタクトがオーダーされてるとは思わず、単に検診をいつもより多く受けた(念のために白内障の検診とか)からその分料金が高かったと勝手に解釈していたのだった。なんだ、だったらあのいつもより丁寧な検査は「込み」だったのか・・・


もういやになる。


が、仕方ない。この程度の英語力さっ。



が、「返品する品」って、実は「ニーへのクリスマスプレゼント」なんですよね。買って開封したら不具合があって。
選りに選って、なんで「ワガママ太郎」の彼女の品なのか。(涙)
彼女へのプレゼントは何をどう調達するか、という新たな問題も・・・



ということで、とりあえず今からニーの毎年恒例「クリスマスコンサート@学校」へ行ってきます。ええ、どうせ自分の子どもが何歌ってるかわかりませんけどねっっっ。(笑)

ほんとにもう、この忙しい時期に、どうして色々重なるんだか。
皆も忙しいから仕方ないのでしょうか、ね。
[PR]