ココナッツマカロン

f0141867_556586.jpg


クリームチーズと生クリームがあるのにレモンが無いからチーズケーキが焼けない。
生クリームが使いたいからチョコレートタルトを焼こうと思ったらチョコレートが足りない。
ヨクアルハナシ。

うーん、何か一口つまみたいのに。「家にある材料で簡単レシピ」を探すと、何がしかたりない、けど、一口のために買い物に行く気合なし。

ということで、今まで本を開く度に素通りしていた「ロッシェ ココ」=ココナッツマカロンを焼いてみることにする。

ココナッツとアーモンドプードルが「家にある材料」という状況は普通じゃないなあと思う。
だって、今冷蔵庫の中が空なんだもの。「夕飯の材料が無いのにこういうものはあるって、どういうことよ」と自分に突っ込んだ。

とにかく甘い。けれど「フランス菓子」のレシピ本の通りに作ったので「フランス人も食べる甘さ」なのだろうと思うと、「アメリカのお菓子が世界一甘ったるい」という訳でもないようで。

ちなみにナーはココナッツギライなので、どう反応するかが楽しみ。


さて。

この前の日曜日に、出かけた先で昼ごはんの時間となり、用事は済んでいたので

「家に帰って食べる?」

と聞くと、ナーが

「お腹空いて気持ち悪いからすぐ食べたい」

と、私みたいなことを言う。そこで彼女のリクエストの中華バッフェに行った。実は近所なのに家族で行くのは1、2年ぶり?それだけ外食に興味が無いのと、バッフェで元を取れるほど食べないという事情だったからなのだけれど・・・

ナーが生まれて初めて、

「吐きそう・・・」

な程食べました。おめでとう!君も大食いデビュー!(笑)

お腹いっぱいと言いながら、最後にデザート一皿とアイスクリームを取ってきたときにはウソかと思ったけれど、食べ尽くし、

「もしかして、お腹いっぱいで吐きそうなんて、生まれて初めての感覚じゃない?」

と聞いたらうなずいて。

ああ、彼女もこうやって魔の道に外れて行くのね・・・

ちなみに。

年末から増え続けている体重が増えつつ減らずの今日この頃に、土曜日の晩はワインティスティングのパーティー、日曜日はこの中華。ウン十年の歴史の中で、「体重自己最高記録」をたたき出したこの週明けの私。

自分で焼いたパン以外は「お粥」で生きて行こうと決意する。



で、ココナッツマカロン焼いてたら舌抜かれますけどね〜。
[PR]