マカロンメゾン、だそうで

f0141867_2104772.jpg


奇しくも kind of マカロン続き。
これは訳すと「おうちのマカロン」だそうで、先般のココナッツマカロンと同様にすっごく簡単に出来て、美味しい。先般のココナッツマカロンは「ココナッツ嫌い」のナーも結局美味しいと食べていたけど、こちらは「ノーミス」で美味しいそうです。
イレギュラーにチョコチップ入れたしねっ。

卵の白身を泡立てて作る焼き菓子をマカロンと呼ぶのならこれらも立派にマカロンだけど、日本で流行?(少なくとも2年前は流行ってましたよね?)のマカロンは作るのに難しくないかと腰が引けている。
おうちのお茶菓子、この程度で十分じゃん♪(ひらきなおり)

珍しく続けてクッキーのようなものを続けて焼いたのは、今日友達んちに持参するから。
お昼ご飯作って、ごちそうしてくれるって。

「お粥生活」に関してはもう既にえんま様に舌抜かれているので、もう怖くも何ともない。「せっかくの機会」と言い訳続きで自粛する気がない?気はあるんだけど?



さて。

そういえば、今日は真央ちゃんが滑りますね。
もともとスポーツ観戦に疎いので、オリンピックもあんまりという非国民だけれど、真央ちゃんだけはちょっと別。この前のナーのバレーボールの試合みたいに、怖くて観てられないかもしれない。

そう思うと、そういう修羅場を支え続けてきたご家族の強い心持ちと勇気にも感動する。

この前テレビで、アメリカオリンピック選手のお母さんが「毎朝4時半に練習に送って行って、学校から帰ってきてからもレッスンで。親の参加が不可欠で大変だった」と、オリンピックの代表になるにはいかに家族の協力が必要かという話をしていた。そしてその子は、母親を始めとしていかに家族に感謝しているか、と。

おかんとしては同情するけれど、そういう強いおかんになれと言われてもなれるだろうか?
ちらちらと子供の将来を思い浮かべながら、私がしっかりしなければと思う今日この頃。

まずは真央ちゃんの演技を真っ正面から応援せねば!
[PR]