ライムタルトとライムチーズケーキ

f0141867_4515215.jpg


ニーのリクエストで再度焼いたライムタルト。自家消費用だと思うと切り分けも大雑把。クリームでのデコレーションもせずに、ボウルそのまま出して「勝手に好きなだけ添えていいよ」と大雑把。アメリカンレシピで作るこのタルト、あまりに酸っぱすぎて、実は生クリームが添えてないと困るんである。ナーと私は薄めに切ったケーキを生クリームと一緒に口に運び、

「はぁ〜、まろやか〜」

とやっている。が、ニーは

「この酸っぱいのがいいの〜。美味しい〜。幸せ〜。おかわり〜。」

と言って、大きく切った一切れを、もう一度お代わりする。ナーじゃなくってニーがケーキ食べておかわりをリクエストしたのは生まれて初めてかもしれないぐらいの衝撃。もしかしてこれは、普通の人には口に合わないかもしれない、と思っている。

f0141867_53306.jpg


朝タルトを焼いたのだけど、まだライムジュースが余っていたので、夕方はチーズケーキを焼く。こちらはもう最初から冷凍保存のつもり。なんなんだか。

アメリカンレシピのライムタルトは、中身が卵とライムジュースとコンデンスミルクだけ。焼いてしまうとチーズケーキの風味になって違いが分からない。チーズケーキの方はクリームチーズの在庫とライムジュースの残りを全部使い切るべく水分量を見ながら粉と砂糖を加えた。ちょっと底が沈んだけどうまく行った。

けど、けど、信じられないぐらい酸っぱい!!どうするよこれ。

週末にバーベキューでもして、こってりお肉の口直しにしようかな。
今度はバニラアイスを添えたりして。ウシシ♪
[PR]