一時帰国「京都撮影会」No.3 と、お菓子の話

f0141867_10183939.jpg


ここの所週代わりでラスクをおやつにしている。ザクザクと贅沢に。
全部頂き物なのです。ウシシ。

友達が送ってくれた北海道の「ポテスク」はラスクよりとっても軽くて上品なのに、しっかりポテト味で、面白くて美味しかった事!特にナーに大ウケ。

「もう無いの〜。なんで北海道は美味しいものばっかりなの〜。」

とがっくり来たり、感心したり。でも、「北海道は美味しいものばかり」の認識はよろし〜。
大人になったら、ぜひ「自力」でいってらっしゃい。(笑)

大阪で買って来て下さったという東京の?「黒船・ラスキュー」は、「ポテスク」共々、私の思う所の「ラスク」の範疇から大きくそれていて「フレンチトーストのラスク?」と思うような砂糖と卵の甘さ。

もう一つ、「ガトーフェスタ・ハラダ」のラスクも頂いた。これは私が思う所の正真正銘のラスクっぽい。「っぽい」というのは、ラスキュー同様に、今までこんなにさっくり上品なラスクを食べた事が無かったから。

「ラスクってもっとがっちり固くて、味はあっさり」という認識だったのは、「余ったフランスパンで作るんだよ」という先入観があったからか。実は幼い頃、パン屋さんに売っていたラスクはパン屋で売れ残ったパンを加工していると思ってたのですが!
今時流行のラスクは、実家の母がよく作っていた「パンの耳の揚げパン」とは世界が違うのですね。(笑)

しかし、頂いたラスクはそれぞれに有名らしく。
ちっとも知らなかったのだけれど、なんとなく知ったかぶりできそうな気分。
いやはや、ラッキーな事です。

f0141867_10185731.jpg


2年前に帰った時はロールケーキが流行っていたような気がする。
今年のスィーツはラスクやバームクーヘン、という印象が残っている。
プププ、ユーハイムの「バームクーヘン食べ放題」に行けば良かったかも。

日本は凄いなあと、毎度思う。皆食べる事に一生懸命。アメリカ人とは意味が違う!
今となっては、私はどちらにも付いて行けない。(笑)

そう言えば、駄菓子も色々新しい物あり。
2年前に体験済みの「塩チョコ、塩キャラメル」には「もう驚かないのよ〜」と思っていたのだけれど「チョコチップス」にはヤラれた。
「チップチョップ」という商品そのものではなくて、「天才バカボン」にうちのお嬢達がすっかり魅了されたってことなんですけどね。

「なんなん、それっ」

相当カルチャーショックだったようで、私の説明に大笑いしていた。
「バカボンの魅力」。
私にも説明し切れません。(笑)
[PR]
by riuilusa | 2010-08-05 10:46 | Kobe 2010