マドレーヌ と The Super Harverst Moon

f0141867_4269100.jpg

一時帰国から戻って仕込み直した酒粕酵母の調子が不安定なので、食パンだけは最近イーストで焼いていたのだけれど、「調子悪く無いし」と久しぶりにチャレンジ。酒粕酵母で食パンを仕込んだら見事に失敗した。そして、すっかり凹む私。今週はパンを焼かないとすねて、だらだらしている。

日本ほどではないけれど、今日から秋だというのに暑い!
暑さも手伝って気分もだらだら。ゆえに、元気だけど、ブログさぼり気味。

パンは焼いてないけど、久しぶりに焼いたマドレーヌ。
型は日本で買って来たもの。
で、どっちが上でどっちが表?
底の方が可愛いよ。

久しぶりにマドレーヌを焼いたら、子供達が喜んだ。

「ねえねえ、最近パンは焼くけど、お菓子焼いてなかったよね。」
「今度はアップルタルトと、ロールケーキ焼いて!」

とひょんな事に気がつかれてしまって困っている。(笑)

そしてナーが尋ねるに、

「ねえ、『オペラ』ってどんなケーキだったっけ?『モンブラン』ってあのグルグルしたやつ?『ミルフィーユ』って美味しいよね!全部食べたいっ。」

よりにもよって、ややこしいケーキばっかり思いつくこと。
全部却下!

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

今日から秋です。"The Firstday of Fall" です。
正確には昨夜の11時過ぎからアメリカは秋になったそうです。
そして、これはまさに「たまたま」ですが、昨夜は「中秋の名月」でした。

アメリカでは中秋の名月を"Harvest Moon"と言います。まさに「収穫の秋の夜の月」、収穫に忙しくしかし日が早く暮れる季節。遅くまで野で働く収穫者を見守るように大きな月がフィールドを照らしてくれた、という話が由来だとか。

そして、今朝知った話ですが、その中でも昨夜の月はもっとスペシャルに"The Super Harverst Moon"と言うそうです。
中秋の名月は勿論秋の夜の満月なんだけれど、それが「夏から秋に季節が変わるまさにこの日」に現れるのは珍しく、次に見れるのは2029年だとか。

実は昨日の夕方、ニーのサッカーのゲームを観に行っていて、その帰り道にお月様がきれいだったので写真撮りたかったのだけれど、生憎カメラを持って行ってなかったのでかないませんでした。去年まではゲームにカメラは必須だったのに。おかんもすっかり気が抜けちゃって。(笑)ちなみに観戦用のイスも持って行ってなかったから、立って観てたの私だけ。ああ、疲れた。(笑)

しかし、そうと知ると、まさに昨夜の月は「逃した魚」。
今日はあいにくの曇り空で、月は望めそうにありません。

19年後のスーパームーン。
子供達は誰と一緒に眺めるんだろうな。
[PR]