フィグとチョコチップ入りのバターケーキ

f0141867_9472146.jpg


バターケーキ。

バターをしっかりホイップしてふわふわに焼き上がるレシピに、フィグ(イチジク)の砂糖煮とチョコチップを入れ、ラム酒をしっかり効かせたもの。折角のホイップしたバターがとフィグの水分で潰されてしまうかと心配だったけれど、ふわふわの生地がしっとり仕上がって、口の中でとける感じ!うーん、やっぱり生地にココアを混ぜて、チョコレートをもっと効かせても良かったかな。

バターが締まるまで楽しみ。
すぐ食べちゃうと思うけど。(笑)

 □ □ □ □ □ □ □ □

さて。

今週ナーとニーの学校は"Spirt's Week"。
火曜日はパジャマデーで(ちなみに月曜日はコロンブスデーでお休みだった)、水曜日はクレージーウェアデー。木曜日はクレージーハットデーで、金曜日は自分の好きなスポーツギアを身につけて行くというテーマをもらっている。

昨日火曜日の朝は二人ともパジャマを着て登校した。その前夜、この日のために洗濯して取っておいたパジャマを着て寝ようとするニーに、
「それは明日の学校用だ」
と言うと、
「起きて着替えずにそのまま学校に行くのが楽しいのに!!」
と反論された。が、いくらなんでも寝起きの格好で外に出られるのは嫌なのでもめたけれどごり押しした。彼女の言う通り、わざわざ着替える意味は全くないような気がしなくもないのだけれど。

登校する前に庭の落ち葉かきを頼んだがそれもパジャマを着てこなし、その格好で自転車に乗って登校し、帰宅後その格好のまま夕飯も宿題も済ませてシャワーを浴びたら、ニーはまたその格好で出て来た。
今日一日外で過ごした格好だから、洗濯しても罰はあたらんと無理矢理脱がせて新しいパジャマに着替えさせたら、またむっとしていた。

そんな顔されてもね。やっぱりウルサイかな。

そして今日水曜日は、二人とも普通の格好をして登校した。
用事があって下校時に迎えに行くと、「あれ?今日もパジャマデーか?」と思うような「手抜き」の生徒もちらほら。しかし、結構多くの生徒が工夫して遊んだ服装をしていたので、
「今日君たちは変な格好をして行かなかったね?」
と問うと、
「学校に着いてからトレーナーを裏返して着替えたから、それでよかったの。」
と言った。
慣れてしまったのか、考えるようになったのか、要は体のいい手抜きじゃないかと思う。

明日のクレージーハットは、用意している気配がない。ハロウィーンの魔女の帽子でもかぶるつもりか。
明後日のスポーツギアは、ニーはサッカーウェアを着ると予想。ナーはバレーボール?今年は学校のアクティビティに参加しないので、普通だったら気恥ずかしくて着れないだろうし、と想像するが、本人は全く違う方向で考えているのかもしれない。

小さい頃と違って、今は私が手を貸す必要が殆どなくなった。間に合わなければそれなりに自分たちでなんとかするようになった。

もう少し、まだちょっと気が抜けないけどね。
でも、いい感じだ。
[PR]