祝 ティーンエイジャー

f0141867_1033661.jpg


うちのナーが「ティーンエイジャー」になってしまった。

アメリカに住んでいたら結構大騒ぎなパーティーを開いていたかもしれない。ちょっと大人っぽいお洋服買ったり、友達招いてスリープオーバー(お泊まり)したり、またケーキを自分たちでデコレーションしたり、なんてね。そんな話を交えながら、しかし、昨夜は女三人でひっそりと祝った。

うそ。

夕飯はナーが食べたがっていた「豚まん」(市販品)を供し、ジャンクな手抜き夕飯でお気楽な女子ご飯。そしてケーキをがっつり。

「ちょっと、食べ過ぎじゃん!!」
「だって、これだけじゃ足りないんだもん。一日中お腹空いてるんだよ。」

なんて、あの「小食ナーちゃん」はどこへ行ったやら。

引っ越し荷物の中からやっと出て来た特大ボトルのメープルシロップをたんと入れて、自分たちの好きな分だけ切り分けた大きな一切れにたっぷり生クリームとメープルシロップを掛けて食べたら、アメリカサイズの特大シフォンケーキ(卵8個使用)がアッと言う間に半分になりましたとさ。

ちなみにニーも「一日中お腹がすいている」そうで。
毎日の楽しみは「給食」だそうで。(毎晩次の日の献立をチェックしてから寝ている)

食べさせてない訳じゃない。朝から二人とも、ゆっくりたっぷり朝食を取っているので、

「いや、そんなに食べなくていいから、早く学校に行きなよ。」

と私に言わせしめ。我が家的にはちょっと信じられない変化。
やっぱり、歩いて学校に行くということからして、エネルギーの消費量が違うと思われ。

ということで、昨日は急遽思いつきで焼いたメープルシフォンケーキ。
本当は土曜日にお祝いを済ませたから、自分でケーキを焼くつもりは無かったのだけれど。

帰るなり、

「ママがケーキ焼いてるだろうと思って、楽しみだったんだよ。」

と言うニーの言葉に、心底「セーフ!」と叫んだのでした。


あっ、そう言えばプレゼントしてないけど?
[PR]