「ファイヤーキング スワール」 食器の話

f0141867_7531968.jpg

昨日ナーが摘んで帰ったチェリーはサワーチェリーというものらしく、名前の通りとても酸っぱいものでした。でも、新鮮で「生!」って感じの爽やかさがとても美味しかったので、友達へのお礼も兼ねてチェリーのケーキを焼きました。

「生で爽やかなのに、火通したんか」

という突っ込みはすっとぼけることにして、やっぱり生きがいいとケーキもおいしいです。
「これしか知らんのか」という突っ込みも再度すっとぼけることにして、レシピはいつものマフィン生地。生地にレモン果汁とか皮のすり卸しとかレモンエッセンスなどを入れておくと、果物をのっける時にいい味出します。ついでに焼く前に粉砂糖を振って、焼き上がりの表面をさくっとさせて。

 □ □ □ □ □ □ □

そういえば、食器の話。
リクエストがあって思い出したけど、実は実は結構食器や雑貨は好きな方です。昔っから文房具とか凝るタイプで、密かに結婚したらキッチンはむっちゃくちゃオシャレにしようって思ってました。

まあ、現実は違う方面にお金が飛んでいき、「がきんちょ」と囲む食卓ではおしゃれもなにもあったもんじゃない日々が続いております。
それに人が帰国される度に(要らないからって)頂いた食器も増え、日々「棚の手前にあるもの」を使っているようでは、気の利いた食卓も遠いというもの。

これを機会にちょこちょこ片付けてみようかと思います。


・・・って、書くでしょ。
「ちょこちょこ」っとできないタイプなんで、そう思ったら棚の中一気に空にして、新規で買い替えるよ、ごそっと(笑)

今日の器は好きな人にしか分かんない話ですが「ファイヤーキングのスワール」。
実は買ってから使うの初めてです。もしご入用なら売ります(笑)
本当はアメリカンコレクティブルのネットショップをやろうと思ってたんですよね。計画倒れになりましたが。
[PR]