カップケーキととルイボスティー

f0141867_1212287.jpg

アメリカ人は日本人ほど「お茶」にこだわらないのか、例えば紅茶だとティーバックのものが殆どで、しかもそれが茶葉だけでなく、某かのフレーバーが付いているものが多い。
コーヒー一辺倒の私はお茶に無頓着で、探せば美味しい紅茶の葉もあるだろうに、「安かろう悪かろう」の紅茶を飲むぐらいならコーヒーでいいと、済ませている。
ただ最近、紅茶好きの友人に影響されてちょこちょこ紅茶を飲む(自分で入れるわけでなく、ごちそうになる)ようになったので、今までになく紅茶に目がいくようになった。

この前" Whole Foods "というオーガニック等の食品を主に扱うスーパーで発見したのが「ブルーベリー入りルイボスティー」。紅茶、ではないけれど。
さすがにいい値段しているだけあって、とても美味しい。乾燥して小さく小さくなったブルーベリーの粒がたくさん入っていて、とてもいい香りを醸し出す。

昨日焼いた小さなカップケーキ(材料はマドレーヌなんだけど)に、そのお茶の葉を混ぜ込んでみたら、焼きながらもとてもいい香りがして、上品な仕上がりになった。

ということで、このお茶。一時帰国のお土産にいいかもな、と考えたりしている。
[PR]