神戸のパン屋さん「イスズベーカリー」と「ドンク」

f0141867_14175137.jpg
f0141867_14181224.jpg


最近パン屋さん巡りをしてみて、美味しいお店が増えたなあと感心しています。こうなると作る方も買う方も大変ですよね。
昔、神戸で美味しいパン屋さんと言えば、イスズベーカリーとドンク、あとフロインドリーブだったでしょうか。勿論他にもたくさんありましたが、今みたいに悩むほどではなかったかと。

左は元町に新しく出来ていたイスズベーカリー。中身は昔からの味でほっとしました。つまりは昔と変わらず美味しいということですが、なんだかおしゃれになっちゃって。儲かってるんだなあと思ったり。(笑)

そういえば、今はあるのかないのか、昔よく行った北野坂の入り口にある店の方はどうも中途半端なシチュエーションで、歩いてはなかなか寄りづらく、周辺に駐車スペースが全くないので車でも行きづらい。もっぱら夜に賑わう界隈にあるので、夜になるとお客さんの何割かが飲んだ帰りで赤ら顔(私含め)。そういえば、夫に車から降ろしてもらい夫が車で1周して戻ってくる間に買い物を済ませておく、ということもありましたね。ああ、懐かしい。

右手はドンクのまめパン。うれしい、まだありました!
外側はぱりっとしたバゲットで、中にはうぐいす豆が入っています。甘いのでお酒にあうパンという訳でなく、おかずにも合わせにくく、しかしおやつパンでもないという不思議な存在なのに、行ったら絶対買ってしまうんですよね。で、結局間食してしまう。(笑)

この日は暑かったので、ビールとパンで夕食後の夜食にしてしまったのでした。
まずいってば(瀑)

 □ □ □ □ □ □ □

今朝は朝から強い雨が降りました。丁度二人が学校に着いた頃でしょうか。
雷も鳴り霧も深い外の様子は、慣れないナーとニーには不安だろうな、ちゃんと授業を聞いてるかな?
雷が鳴るとナーは怖がって傘をさしません。向こうではソレで済むけど、今日はちゃんと帰って来れるかな?

午後になりすっかり雨も上がったのでほっとしていたら、ニーが帰ってきました。雨ではなく、汗で全身ずぶぬれになって!

そのままカバンを掘り出しシャワーを浴びてる間に、ナーが帰宅。彼女はいそいそ着替えて「友達と約束したの〜」と出かけて行きました。
シャワーを浴び終えたニーは、外で子供の話し声がするやそわそわしだし、しかし自分から玄関を開けることが出来ません。私が無理矢理外に掘り出すと、そこにはクラスメートの男の子達。遊んでくるね〜と言って、彼女も走って行きました。

先週は友達の輪に一歩踏み出せない、もどかしい1週間を過ごした彼女達。
今週になってからは向こうも彼女達の存在に慣れたのか、すっかりクラスにもとけ込んで楽しくやっています。

あちらでは、放課後のお遊びも親掛かり。子供が鍵を持って出かけて行き、一人で留守番するという習慣がないので、弱っちいんですよね、私からすれば。
昨日もニーの帰宅に10分遅れた私は玄関先で大泣きされました。

甘っちょろい所を鍛えてこの夏も成長してほしいと思いつつ、最近の危なっかしい環境との兼ね合いで判断が難しい所ですね。いやはや。

しかし、宿題ほったらかして遊びに行く癖だけは身につけないでほしいなあ。
転がったままのカバンを見てそう思うのでした。
[PR]
by riuilusa | 2008-07-08 15:07 | Kobe 2008