ウィークエンドケーキ

f0141867_12503914.jpg


日本に帰国していた時、「ニコラのパンが焼ける本」を買ったのですが、その本の最後に「ウィークエンド」というパウンドケーキのレシピが紹介されています。



今日はその「ウィークエンド」を練習してみました。

初めてそのページを開いた時は、私が使う「ラム酒漬けドライフルーツのパウンドケーキ」と「ヨーグルトケーキ」の合わせ技という印象を持ち、その場は作る気にならなかったのですが、ただ名前だけがどうしてもひっかかっていました。

そうしたら、たまたま9月も終わりにAzumiさんのブログで「ウィークエンド」という言葉が出て来て俄然「作りたい病」が発作。
一段落付くまで我慢していたので、今日はお初の練習です。

どうやらレシピとしては、焼き上がったパウンドケーキ(これ自体かなりリッチな出来になる様子)にラム酒を塗って再度焼き入れ(?)する方法と、薄めのアイシングを塗ってこれまた焼き入れする方法がある様子。
今までアイシングを塗って焼き直すなんて方法を知らなかったんですよ。「ああ、あれってこれだったんだ〜」と。なので今日は練習を兼ねて「両方」塗って焼くことにしました。(笑)どちらか一つを選べと言われても選びきれず、欲張ってラム酒もアイシングも両方。これだから失敗するんですよね。(爆)

今回は失敗、とは言わなくてもいいと思うのだけれども、やっぱりアイシングが上手く行きませんでした。でも、これが上手く行ったら今年のクリスマスのフルーツケーキはこのレシピを応用したいと思うので、また練習して家族につき合ってもらおうと思ってます。

ごめんね〜。(笑)

ちなみになぜ「ウィークエンド」なのか?
お酒をたっぷり使うので、「週末の午後のお茶のためのお菓子」という由来だそうですね。

色々勉強になります。毎日焼いても追いつかないぐらい。(爆)

ちなみに、その二。
「ニコラのパン」のレシピはまだ殆ど練習出来ておらず。コンフィとかスプレッドとか、パン以外のレシピばっかりお試し中。(笑)

ちなみに、その三。
このケーキ、ナーとニーが凄く美味しい!と喜んでくれました。結構、ラム酒の香りが残っているのに。やっぱり酒飲みになるようですね。

「夕飯前だから一切れにしておきな〜」と言うのは快感です。(笑)
[PR]