イングリッシュマフィン

f0141867_65298.jpg


フルーツチャツネをそのまま食べたくて、合わせるのに何がいいかと思いついたのがイングリッシュマフィン。夫がソーセージのマフィンを好きなのでソーセージを焼いてあげたいと思うところなんだけれどもあいにくストックなし。ソーセージを買いに行く前に売り切れそうです。というか、うっとうしい空模様におされて、買い物に行く気力が全くないんですが。

今まではコーンミールを直にまぶしていたのですが、付きが悪いのでもうちょっと欲張って沢山まぶすにはどうしたらいいのかなあと思っていたら、水にくぐらせてからコーンミールをまぶすという方法を見つけました。

で、これはいい!と思ってやってみたら、確かに沢山ついて思いの通りになったのだけど今度は品に欠ける仕上がりに。(笑)
しかも水分のせいか、ちょっと重い感じに仕上がりました。欲張って背の高いマフィンを焼こうと、一つ当りの分量を多めにしたにもかかわらず、火加減が足りなかったことも敗因でしょう。

作るもの皆課題が残るので、練習に切りがないですね。(笑)




さて、今朝朝食時。

軽く焼いたイングリッシュマフィンにチャツネをのっけて、少しハチミツをたらして食べると最高! と、それをナーに勧めたところ、

「うーん、ハチミツだけがいい。・・・今日は。」

との返事。相手の気持ちを推し量るようになったのか、答える時の言葉遣いがちょっと変わったように思います。

でも、これだと「今日は」は取って付けたような感じ。そんなにママがコワいならもう少しひねって、「今日はハチミツだけの気分なんだよね〜」とでも答えるようにしましょう。

ねっ、やっぱり私っていちいちうるさいし、それがまた怖いんだから。(爆)
[PR]