<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

f0141867_23125555.jpg


「もうっ!! 今日なんか1秒でおわっちゃえばいいのに!!」

と、昨日学校へ行く時に叫んでいたのはニー。
2ヶ月ぐらい前からカウントダウンしていたハロウィーンがとうとうやって来ました。
親にとっては文字通り魔のハロウィーン、子供にとってはハッピーハロウィーン。

「今年こそはなにもするまい。」

と思っていたけれど、そう思うにはまだまだ「子供は子供」なのでありました。

f0141867_23131499.jpg


日曜日は準備編パート1。カボチャでジャコランタンを作って、

f0141867_23133324.jpg


昨日はナーのクラスパーティーのためのお菓子を用意。
実はチョコレートクッキーにオレンジ色のフロスティング(粉砂糖を練り上げたデコレーション用のクリームに色をつける)を挟む予定だったのだけど、ナーが、

「フロスティング嫌い。クラスの皆も苦手だって言ってる。だからブラウニーにして。」

というので急遽ブラウニーを焼きました。

って、アメリカンキッズがフロスティングを嫌いなわけは無かろう。
(確かに知ってる子も嫌いだと言っていたが、店頭に積み上げてあるあのケーキはなんだというのだ、と思いつつ)
しかもブラウニーって、まるっきり君の好みじゃん。

f0141867_23135340.jpg

他にもクラスで交換するキャンディーをパッキング。
トリックオアトリーティングにやってくる子供達のためのチョコレートも用意。
今年は限定50個のみ。
無くなったら、家中の明かりを消して、「居ないフリ」する予定。

f0141867_2314114.jpg

何といっても面倒なのはニーのクラス。
ナッツ類は「アレルギーがある生徒がいる」という理由でスナックとして持ち込みを禁止されていることが多いのだけれど、今年、彼女のクラスにはシビアなナッツアレルギーと、なんと、ストロベリーアレルギー(つまりはキウィとかもだめなのか?)の友達がいて、かなり厳しい条件下で、持込んで良いスナックのリストが渡されている。

ちなみに「オレオ」のクッキーは「オリジナル」に限りオッケーだとか。
なんじゃそりゃ。
リストにあるスナックにはメジャーな企業のチップス類が挙げられていて、疑問符が浮かぶ。
だったら、そもそもお菓子を学校に持込むことすら禁止にすれば良いのにと吠えるおかん。

とまあ、今日は吠えてばかりもいられない。
子供に取っては年に一度の一大イベント。
「お母さんも楽しもうねぇ」
って声掛けに、どこまで素直に笑っていられるやら。


お菓子と子育てとへなちょこおかんのアメリカ生活 
「365日の予定調和 Vol.2」

[PR]
f0141867_54610.jpg


西日があたってなにやらわけわかんないシロモノですが、一応スイートポテト。
サツマイモを茹でてマッシュして砂糖と蜂蜜を混ぜただけですが、先週はナーがこれで栄養を取っていました。病気じゃなかったんですけどね。

「歯が痛い」と。

「なんだか歯が痛い」っていうからてっきり奥歯が生え変わる時期なんだろうと、チェックアップの予約日までほっていたところ、クリンナップで口内を磨き上げられたおかげで、炎症もかえってひどくなり、その後食事もままならない状態に。
虫歯でもなく、歯茎が炎症を起こしていたということで、抗生物質を処方されたんですが、先生も「なんでだか全くわからん」。
先週は災難だったナー。
いっつも対応が後手後手になって本当に申し訳ない。

月曜日の再検診にはすっかり完治。
「これからはね、お芋のおやつみたいなヘルシーなものしか食べないの!」
と宣言していたナーだけど、明日は魔のハロウィーンデー。

文字通り、山のようなチョコレートやキャンディーを前に、彼女の決意やいかに?!
[PR]
f0141867_5182199.jpg


金曜日、ヒッピーになったニー。
なぜだか分からないけれど、本日のスピリットデーのお題は「ヒッピー」。
「60、70年代のヒッピーを思い出して」とわざわざレターに書いてあったというのに、

「友達みんなファンシーな格好してたー」

と、ニーが怒って帰って来た。みすぼらしい60年代ファッションを模したのは(彼女曰く)彼女だけで、他の女の子達はウィッグ(カツラ)を付けたり、ミニスカートはいたりして、バービーみたいな格好だったとか。

おっかしいなあ、それは80、90年代ヒッピーだろうに?

自然回帰か?何を教えたいのだ?
と、馴染みの無いヒッピーに意味を探していた私。
考えすぎだったか?

うう、もしや母親達の生まれた世代が、私(60年代生まれ)と違っていたのか(汗)
[PR]
f0141867_4462278.jpg

ちくわを始めとする練り物が「冷凍食品」。初めて見た時は驚いたけど、それでも手に入るだけありがたい。まるで刺身のようなちくわなんて「夢」。そういえば我が家のわさびの使用って「おそば」の時だけ?
ああ、使い方間違ってる...(笑)

お鍋をするのに良い季節、で、まずは「おでん」。卵が目立ってるけど、「一人二つずつ」はお約束でしょ?
でも、うちのお嬢さん達は相変わらずの小食で、
「ちくわを食べたからもうお腹いっぱい」
などとのたまう。それじゃあただの「煮物」じゃん。
私が4年生の頃は、お鍋の各種具材、「二巡」したもんだけど、比べるな、と?

 □ □ □ □ □ □ □ □

さて、今日ニーの学校は毎月恒例のSpirit Day(私は「仮装の日」と呼ぶ)。
今日のテーマは

「ヒッピーになろう!(特に60年、70年代の)」

・・・自然回帰、ですか? それとも?

どうせやるなら、きちんと「なぜそのテーマを与えたか」説明してやればいいものを、なんの脈絡もなく
「明日は忘れずにヒッピーよ!」
と言われても解せないんですけど。

それはともかく、「ヒッピー」というものの写真を見て大笑いしたニーはとりあえず、胸元に刺繍の入ったシャツと、フレアタイプのジーンズ、頭にバンダナ巻いて、私のペンダントを首から下げて出かけました。ああ、サングラス忘れて行ったし。

加えて今日は2人とも「リーディングテストに合格した人のためのパーティー」があるとかで、要は一日勉強せずにお遊びだとか。
おいおい、いつ勉強してるんだか、と思う半面、規定の点数を取れなかった生徒は当然のごとくそのパーティーに参加できないというシビアな面も。
今日、ニーのクラスメートは1人(ナーのクラスでは2人)、パーティーに参加できず、担任と一緒に教室で本を読んだりして過ごしていたそう。
4年生ともなると「パーティーに出る為に勉強する」なんて可愛いものではなく、ある子供達は結構確信犯的に落第を繰り返す。
が、小学2年生で「自分1人パーティーに出られない」というのはちょっとかわいそうかな。
まあ、子供って思う以上にタフなんですけどね。
[PR]
f0141867_445247.jpg


気温もすっきり下がり、来週にハロウィンを控える今日この頃はこの辺りもすっかり秋。
日の出も遅く、朝起きる時間にはまだまだ暗いので、家族揃ってなかなか目が覚めず。
ちなみに一番の「ねぼすけ」はナー。一番寝付きもよく、一度寝るとテコでも起きないのに、起きるのも遅い。ナーがセットする目覚まし時計は、ニーが止めて起きて来る。はた迷惑もいい所(笑)。
そろそろサマータイムが終るので、それも少しはましになるでしょうか。

去年まではハロウィンが来るとなるとコスチュームやらおやつやら、当日の晩のTrick-or-treatingで配るキャンディーの用意まで、色々頭を巡らせたのが、今年はすっかりぼんやり。
当の本人達も「今年は浴衣をきる」(今更なぜ?)というので、全く準備に手つかずの状態。私自身は2人のクラスパーティーのスナック係なのですが、これもまた先生から通知が来るまでほったらかしの予定。

子供の期待とは裏腹に無関心な私。
でも、ちょっと気分的に秋のお菓子ということで「パンプキンブレッド」。

f0141867_4523440.jpg


カボチャペーストの缶詰を混ぜ込むだけの焼きっぱなしのケーキ(こっちではブレッドと呼ぶ)だけど、なぜか朝食に人気でした。

Rちゃん、「Macに慣れない」ってどういうこと(笑)
私、「あの頃」以来、Mac一筋十数年ですわ〜。我が家のマックって今ではもう5台目ですよ(自分でも驚くけど)。

で、困ったことにウィンドウズ派とソフトが相容れず。
今抱えているPTAのお仕事、大した仕事じゃないのに、ワードが思うようにマックで動かなくて嫌になってる。
で、逃げてこっちに来たと(笑)
役員10件のうち、マック派は我が家のみか。まあ、世間的な使用率ってことなんでしょうが・・・
逃げてないで戻るとしますか(笑)
[PR]
f0141867_4181355.jpg


カメラを持ってなかったので携帯で撮った写真はボケボケで、ちょっと加工。
写真をパソコンに取り込むのに、ネットを使って1枚につき25セントの送信料がかかるのはアメリカならではの「中途半端なインフラ」の一面。

さて、この友人宅でのランチはビーフンとタマリンドを使ったスープ。
フィリピン出身の彼女の作ったビーフンは全くもって「○ンミンの焼きビーフン」と同じ味で、慣れ親しんだ美味しさ。
スープの方は牛の骨付き固まり肉がどかっとルクレーゼの鍋に鎮座し、野菜もしっかり柔らかく、タマリンドの味付けは初めてだったけれど、思いのほか優しい味で美味しかった。

ちなみにアメリカ人のご主人は食べるけど、こっちで生まれ育った彼女の子供達はフィリピン料理をあまり好まず、日々もっぱらアメリカンだとか。

南アジアのスープというとタイ料理の「トムヤムクン」しか思いつかず、時にそのエビの出汁と香草の風味が苦手なのだけど、これはイケル。ということで初心者の私でも作れるように、インスタントの粉末スープを教えてもらったので、今度作ってみようと思う。

で、スープの材料を買う前に、向かったのは”Marshal's ”。
ブランドモノを廉価販売しているこのデパートでは、衣料品やキッチン用品を始め食料品まであらゆるものが売っていて、ゴディバのコーヒーが8ドルぐらい(日本で2000円ちょっとした覚えが?)で買えたりするので、掘り出し物を見つけるのがとても楽しい。夫的には「目的なしにウロウロして」、しかも「それを探しに行ったわけではないものを買っている」という「厄介な存在」のお店。
そこで3週間前に見つけたルクレーゼの鍋(オレンジ)は80ドル。確かウィリアムズソノマで270ドルだったかと・・・

「鍋、あるじゃん。それに欲しいのはバーガンディーだし。」
と、自分にいい聞かせつつ、3週間の間に3回通って悩んだんだけれど(笑)
「今度行って、あったら買おう。」
と思って行ったら、無かった。やっぱり縁は無かったと。

スープの材料を買う前に鍋を買いに行く。
昔から「形から入る」タイプで、「大人になったら落ち着くかなあ」と思ってましたが変わんないんです、これが。
[PR]
f0141867_8132062.jpg


最近購読しているアメリカの雑誌に載っていたケーキ、急に食べてみたくなって作った。
「半分恐いもの見たさ」
普通にリンゴ入りのケーキを焼いて(これでも大概な砂糖の量と『ええっ』と驚くサラダオイルの量)、
それに薄めキャラメル風味(しかししっかり甘い)のソースをしみ込ませ、
食べる時にバニラアイスとこれまたキャラメルソテーしたリンゴを添えて、
最後にキャラメルタフィーのソースをかけて出来上がり。

ソテーしたリンゴまでは「もう、これでいいじゃないか」と思ったので却下。
十分甘くてしっとりしたケーキ。
しっかりアメリカンなケーキ。意外に国籍問わずウケてました。
私は大好きなんですね、こんなコッテリ系も。
[PR]
f0141867_5144165.jpg


友達のRちゃんのブログをみてびっくり。私のアップは遅くなったけど、またまた晩ご飯が同じ。
下ごしらえしてパソコンに向かったら、その何時間か後に載せようとしていた写真が目の前に出て来たので驚いた。私がこれを作ったのは実に10年ぶりぐらいだし!

なんたって、キャベツがうまく巻けた試しは無いし、チビだった子供達には食べさせにくい。でも昨日は冷蔵庫の中身の「順列組み合わせ」で
「これしかない。ここで逃げるんじゃないぞ!」
と自分の背中を押してみた。
キャベツじゃなくて白菜ってところが逃げ道なんですが(多少なりとも巻きやすいだろうと)、上手くいってよかった。
ちなみに我が家では「飲み残しのトマトジュース」がソースになってます。

で、ロールキャベツのロールって " roll "?
今更ですが、学校に行く度に発音の嬌声をされる私。
今日になって「RとLの発音が逆」と言われた、けれど、もう今更・・・

ちなみにナーはカタカナで「ロール」と発音しにくい。
ニーはカタカナの「ロール」でしか発音できない。なのでニーは、先生にも発音がおかしいと言われるそうで。耳の善し悪しなのか、ちょっとニーがかわいそうな所。
私自身は学校のインストラクターのよい「ネタ」になってると笑い話に出来るけれど、子供は辛いよねぇ・・・
[PR]
f0141867_4155344.jpg


そうそう、ババロアの後にナーが大泣きした理由がこれ↑です。

白身が余ったんですよね。前回のババロアのレシピでは白身は使わないので。で、白身使って何か作ろうかという質問に、夫がネットで検索して見つけたダックワーズをリクエスト。
ナーがレシピを読み上げ、
「白身にハクリキコを混ぜて泡立て、」
・・・薄力粉? それって砂糖?
砂糖という漢字を薄力粉と読み間違え、それに気づかず薄力粉をほり込んだ白身は泡が立たず。
・・・普通、気がつくもんなんですけどね。

「もう、こんなのダックワーズになんないよ〜」

ということで急遽、リンゴの皮を剥いて型に並べ、アーモンドプードルやら砂糖やらを混ぜ込んだ白身を流し込んで焼いたのが上の写真。→夕飯寸前で焦ること焦ること。
「タルトの底なし」、「フルーツクランブルもどき」・・・いやはや。もともと材料の配合はダックワーズ。そう、失敗したらこんな感じ!

この間、ナーは部屋にこもり、
「ナーが漢字を間違えなかったらパパのお菓子が出来てたのに。」
と泣いてたわけで。

私の眉間、そんなにしわが寄ってたのか。頭に角が生えてたのか、湯気が立ってるのが見えたのか。相当悲しかったらしい。ということで、またまた大失敗だったのでした。

「好きにやっていいよ」とか、「粉だらけになっても大丈夫」なんて絶対に言わない。
そんな私が2人に台所で遊ばせたいと思うのがそもそもの間違い。
「もっと大らかに」って分かってるんですが・・・

で、ちょっと悲しい雰囲気のキッチンでニーが言うこと。
「ママ、これ誰にも聞かずに作ったでしょ。美味しいよ、本に書けるよ。」
いや、「失敗ダックワーズ」なんだけど。まあ、美味いからいっか。

子供に気を使ってもらうようになってしまいました。
大きくなりましたよ、2人とも。
子供に気を使わせてしまうおかんはちっとも成長しませんが(笑)。
[PR]
f0141867_412396.jpg


いっつも同じ構成、一つ覚えの写真ばかり。
狭い家、ここ以外にどこに運ぶというのだ。

夏になったらたくさん写真を撮ろうと思っていたけれど、思ったほど撮れず。そうこうしている間に先週からストンと冷えて、すっかり秋。
こうなると冬の来るのが早いこの北部では、またまた引きこもりの季節。変わらずインドアの写真が続く気配。

さて、真夏ですら作ったことの無かったババロアを寒くなって作る。反応遅すぎ?
私は甘いものと言うと、買うのも作るのも食べるのも「焼き物」が多いので、ゼリーやババロアはレパートリーに無い。プリンも然り。(アイスクリームは除く)
この日曜日は夕方のちょっと空いた時間に、ナーとニーを遊ばせようと思い2人に作らせてみた。美味しかったね。でも、飾り様に取っておくはずの生クリームまでゼラチン液に混ぜてしまったのは誰だ。(→ワタシ)

さて、ババロアは勿論生食できる卵があってこそのおやつだけれども、ここで問題は余った白身。この白身の活用で楽しいはずの夕餉が涙にぬれるのであった...続く。

f0141867_411398.jpg


話題変わって、今日ニーは学校にレモンを一つ持って行った。
2年生の各クラスで「レモネード」を作り、1年生のクラスを回って売りつけ、売り上げをどこかに寄付するというイベント。去年1年生だったニーは、25セント硬貨一枚握って学校に行きましたっけ。計算上、1クラスの売り上げは5ドル程度にしかなりませんが、先生が持って来てくれたクッキーと一緒に自分たちもご相伴に預かり、さぞ楽しい時間を過ごしていることで。今頃、先生は20個のレモンを搾ってるのかな...

砂糖たっぷり甘ーいレモネードは、夏の間、子供達の小遣い稼ぎによく登場します。
ガールスカウトやベースボールチームのメンバーが、スーパーの前に即席のスタンドを作って売り、チームの備品を買う足しにしたり、あるいは家の前にテーブルを出して、"Lemonade 50¢" なんて、段ボールに書いて張り出して。
子供が自分の力でお金を稼ぐことを覚え、大人はそれを温かい目で見守り協力する。

こういうときは公共のトイレに裸足で入っちゃうキッズ達を思い浮かべて腰が引ける、なんて野暮なことではいけないんでしょうね。買ったことないですけど(笑)
[PR]