<   2009年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

f0141867_5311226.jpg


こんな写真は載せたくない、が、反省の意を込めて。

果物だけだったり、ヨーグルト酵母だったりと、何度かチャレンジしたパン種用の酵母起こし。酵母が起きなかったり、生地が膨らまなくて「ういろう」(buonamamaさん用語より引用)になったりと、度ごとに失敗して来て「もう天然酵母はあきらめよう」と思っていたのだけれど、「酒粕酵母」ならば?と今回挑戦してみた。

なにしろ、我が家と「酒粕」は相性良さそう。

結論から言うと、酵母は起こせた様子(不確かで不安)なんだけれども、一次発酵で生地が少し乾いてしまい、二次発酵も5割ぐらいしか膨らまず、失敗。しかし、前のように「ういろう」にはならなかったので、

「こういうパン、あるよねえ?」

と言いながら昼食時に食べてしまった。食べられただけ充分進歩かと。
夫にも、

「前と違って出来不出来があっても『パン』になってるよ」

と言われたのは大いに褒め言葉だったかと。(爆)

まあ、せっかくの酵母が生きてる内に、しばらくはこれを練習するつもり。
娘達にはランチ用のパンを買い置きしておかねば。(笑)



そういえば、今思い出した。昨夜、日本酒を指して、

「これ、普通に飲んでいいヤツ?」

と、聞く夫。なんでそんな不思議なことを尋ねるのだろうか思いつつ「へっ?そうだよ。」と軽くスルーしたのだけれど、今分かった。

買って来た酒粕で粕汁を作ってない。(笑)

牛乳パックがヨーグルト用だったり、ラム酒がお菓子用だったり、今度は酒粕がパン種用だったりするのだからして。実験用なのか飲食用なのか。うちの食材は一々確認しないと手が出せないわけ。(笑)




さて、今回の「酒粕酵母」、参考にさせてもらったのはこの方のブログから。こういう方のブログを見ると奮起する(一瞬だけ)。悪いクセだけど。

おうちのこと、手仕事、趣味。
なんであれ、情熱とこだわりを持って、一生懸命、楽しく続けている人はエラい。

その昔、「どんなに上手にこなせても、きっちり10年は続けた人でないと認めない」と言われたことがある。その人の予言が当ったのかどうなのか、以後、正面からぶつかる気持ちが一所に10年続いたこと、がない。(前にも書いたけど)

私のやることなすこと、全て手抜きで中途半端。
パンだってお菓子だって、写真だって、人に教えてもらってもその後がナンダカダラダラといい加減。

パンはイーストとか粉、はては「マニュアル」にまでこだわる気がなく、写真は写真でこの厳冬の透明感を写真に切り取ってやろうという気概もなく。

この冬初めて編み物も勢いガーッと熱中した分、恐らくすぐに飽きちゃって、来年の冬はどうしているか分からないと思っている。

色んなことに手を出すんですけどね。実はピアノももう、5分引いたら右手首が痛むんで、復帰の予定なし、なのです。(ごめんねrieさん、なんだか言いにくくて)


う〜ん。なんだかなあ、この性分・・・パンとお菓子は続くと思うんのだけれども、気概に欠けている。いやいや、そんな事言っておらずに。


まあいっか、子育て11年!! 長女が無事に11歳になっただけでも良しとするか!(笑)
[PR]
f0141867_610331.jpg


うちって、バナナを買って来たその日は

「バナナ〜♪」

とか言って皆が食べるけど、次の日からは見向きもしない。不思議。
で、朝食のジュースにしちゃうか、バナナケーキか。
いずれにしても、なんだか贅沢な話じゃない?我がままと言うか。
だから嫌になって、ここしばらく買ってなかった。

今回、二ヶ月ぶりかな?久しぶりに買ったバナナも同じ憂き目に。
久しぶりだけど、やっぱり最初の1本しか要らないのね?不思議。

でも久しぶりにバナナケーキを焼こうと思ってたから、買った時に願をかけておいた。

「2本だけ残れ〜」って。

今日、残ってた二本、無事バナナケーキになりました。色が濃いのはバナナが腐っていたからではなく、砂糖がブラウンシュガーでフラクスシードを混ぜたからです。

ちなみに私はバナナそのものは滅多に食べない。

ああ、私に似てるのか。(笑)


さて、本当はナーの誕生日の話をもっと書くつもりだったのだけど、出たり入ったりでなんだか。

わざわざ夫の両親が2人にプレゼントを贈ってくれたこととか(ニーの誕生日ももうすぐだから)

なのにニーが
「ニーのお誕生日の前にはまた贈ってくれるかな」
と厚かましいことを言って大笑いしたとか、

せっかく誕生日当日が休日だもの!親は外食するつもりだったのに、方や本人は、

「この日を待ってたんだよ〜。折角誕生日が日曜日だから、一日中家でゴロゴロしてたいの!!」

と言うので家ご飯だったりしたこととか、

で、やっぱり特別なことをしなきゃと思い込んでて、夫に餃子を「皮から」作ってもらったとか。(笑)


皆さんにもお祝いの言葉を頂いてありがとうございました!

次はニーです。は〜。(笑)
[PR]
バナナケーキの隠れてこっそり、一気にアップしておこうと。

f0141867_67207.jpg


ナーの誕生日を目標に編み直したナーのマフラー。
去年、訳が分かんないまま、適当に長編みで長さだけ稼いでいったマフラーが伸び伸びになっていたので、ちょっと嫌がるナーから強引に取り上げて編み直し。

なにしろこんがらがってほどくのが大変。
糸を解くのにも随分慣れたような(笑)
最後、無事にポンポンとボタンまでつけたら、本人もホッとした顔で喜んでくれた。

けど、そもそもナーって、あんまりマフラーをしない子なんだよね・・・
なんだか無駄なことをしたような気がしなくもない。
[PR]
f0141867_64215.jpg


1月22日木曜日、は、友達の誕生日。
「誕生日だからランチしない?」
と言われて、ランチはオッケーなんだけれども、プレゼントはどうしようかと。
今までなら迷わず「何のケーキを焼こう」となるところだけれど、まさにすっかり気分が乗っている所だったので、花を編んでピンにつけて飾りピンを作った。

当の友人は、もともと編み物に興味があったので喜んでくれたわ、「私も編みたい!」と言ってくれるわ・・・でも、料理はともかく、編み物はねえ。

自分でも訳が分かってないのに、英語にも訳せない。
まだまだ自分1人で楽しんでいたいのだから。
[PR]
これは黒の変わり糸でただ表編みだけしていったショートのマフラー。結局、私としてはこの手の色が一番身につけやすく、活躍中。
[PR]
f0141867_31731100.jpg


ナーの誕生日ケーキ。

リクエストは、

「中は白いフワフワのケーキで、外はチョコレートを塗って、イチゴをのっけて。」

と言うことで、日曜日の朝スポンジだけ焼き、午後ナーがデコレーション。
私、クリーム塗ったり飾ったり、ヘタだから。
本人の好きなようにやらせて、一石二鳥。

どうしてかな。
私がやるとどうしてもマズくなってしまうのに、子供達がするとヘタウマでとても可愛い。ふむ。これぞ「ザ・親ばか」ってやつか。

久しぶりに焼いたスポンジはフワフワで美味しかった!(ちょっと余計な弾力があったような気もするけれど)

「ケーキ」と言えば、スポンジと生クリームらしい。
もっと頻繁に焼こうかな。



さて。


11歳になった彼女を考察。

背が伸びて、オシャレを気にするようになって、勉強も頑張ったりさぼるようになったり、自分で調節するようになって来て、益々頼もしくなってきた。うれしい、もっともっと大きくなって。

でも、

最近どこをみているのか? 何を目指そうとしているのか?
遠い所を見ていて、ふとここに戻って来たりする。

そこまでの道のりに何か不安でもあるのか、こっちをちらりと見て、

「ねえ?」

と聞きながら、

「あっ、まあいいや。」

と言って行ってしまう。

口ごたえに筋が通るようになって来たと思えば、口も聞かずにふいっと行ってしまうこともある。



まだ一人で留守番出来ない。
レストランではキッズミールを頼めたり頼めなかったり。
マックでキッズミールを頼まなくなって久しいけれど、本当はおもちゃだけもらって、バーガーはセットじゃないのを食べたいの。

微妙なお年。
「早く大人になって一緒にお出かけしよう!」と思ったり、「まだまだ面倒みさせて?」と思ったり。

私の方も微妙な気分。

お次のニーにはまだまだ手を焼きたいつもり。


・・・「彼女の考察」ではなく、自分考になってしまいました。
[PR]
f0141867_6474038.jpg


ナーの誕生日がやってくる。
一足早く、今日、学校にクッキーを持って行った。
自分の誕生日にカップケーキやクッキーやブラウニーを持って行くこの習慣。来年ジュニア(中学にあたる)に上がるナーにとって、最後の機会なんだろうな。

と、言うことで今年は何を持って行きたいか尋ねたら、

「チョコチップクッキー!!」

去年、ナーのリクエストで一枚の直径15センチ弱の大きなクッキーを焼いたのだけれど、そのウケが良かったらしく、今年も同じ物がいいらしい。

「だって、また焼いてって言ってるのに全然焼いてくれないし。」

そう言えば、「また焼いて」と言われてから早くも1年が過ぎたのだった。

早い。


ということで、去年のメモ書きを見ながら、カップ3杯の薄力粉、オートミールは1カップと半分、ココナッツも1杯と半分、ショートニングも1杯と半分、ブラウンシュガーとグラニュー糖もそれぞれ1杯半。最後にチョコチップは一袋と半分・・・混ぜ合わせるだけでも重労働で、これが結局我が家にあるボウルの限界。


で、金曜日に持って行くことを確認して木曜日に焼き、パッキングして彼女に渡したら、

「えっ、月曜日に持って行きたいのに。」

ここで、ちょっとムッと来たんだけど、おさえて次の確認、「ココナッツ入れたけど」と言ったらば、

「ええっ、嫌いな子もいるのに!」

と、ここでドカン。

「金曜日に持って行くことはわざわざ二回確認した。ココナッツ入れるのも、君がチューイーなのがいいって言ったからじゃん! それよりもなによりも、まずは『ありがとう』が先でしょう!!!」

と、言うことで、楽しいはずの11歳のお誕生日を前に、またもやバトル。

遺伝子的にボケてて我がままなのは仕方ないにしても、「ありがとう」と「ごめんなさい」は人とつながる時に一番大事な言葉なのだから!


 □ □ □ □ □ □ □

話がころっと変わりますが。

このクッキー、ふと思いついてカロリーを計算してみた。
1枚あたり約260キロカロリー。
一番シンプルなマックのハンバーガとほぼ同じか?確かにコワい、けれど、思っていたより低いかもしれない。

「先生に言うわ!」

って、ヤメといて。折角のパーティーに水をさすようなもんですから、ね。
[PR]
f0141867_663367.jpg


自分で卑下しておいてなんだけれども、やっぱり良くない。
お菓子やパンは、「美味しい」ものが作りたいなら、やっぱりきちんとプロのレシピに従って作るべき。

そう反省して久しぶりに本(藤田千秋著)を引っ張りだし、

「きちんと作ろう!」

と拳握って決意して、「きな粉パン」を焼いた。


・・・・・使ってしまいたかった小豆あんを入れて。(爆)

やっぱり、合う! 以前このレシピを見た時、「餡を入れたら美味しそう!」と思ってたのだ。焼きたてはきな粉が入っているからか、もっちりした食感が美味しかった。
小豆あんは練った時に水分を飛ばしすぎたので、ちょっとぱさついていたのですが、なんのなんの!

正直に言うと、翌朝の食感は「モッチリ感」が消えていてガックリ来ましたが。


ということで、振り返って反省し、心ちょっとだけ痛めている今日の日記。


まあ、いっか。(笑)
[PR]
f0141867_651912.jpg


ライ麦パンを食べたくなって、食パンの型に入れて焼いた。
粉の割合は相変わらず適当に、3割ほど(アバウトな)ライ麦入れて。
膨らまないかも、肩まで上がらないかも、という不安は5分ずつ長めに発酵時間を取ったらなんとか上がった。

もちっと、ふわっと、いい感じで美味しい。毎日学校に持って行くサンドイッチも、これでちょっと代わり映えするかな。

と、朝ご飯の時、ナーが、

「これにおう」

ああ、口に合わないのかと思ったら好きなんだって。
そう言うときは、「これいい香りがする」と言いましょう。

思いっきり焦ったのに。困ったもんだ。


「困ったヤツはお前だ」

と、画面の向こうでツッコミ入れてるパン好きの皆さんへ。
レシピ通り、マニュアル通りにやってないこと、ごめんなさい。

「一か八か」

別に今年のテーマにしているつもりはないんですが。
[PR]
f0141867_11231392.jpg


栗の甘露煮が小さな1ビン。
何処を切っても栗が出て来るようなケーキを焼こうと思ったら、家にある型では大きすぎる・・・

年末から持ち越していたクグロフの型を探しに、ついでにあれもこれもと、近くのアンティークモールに出かけたのだけれど、あれもこれも、願っていた通りの物は見つからず。ケーキ型はサイズぴったりのものがあったのでお買い上げ。思ってた通り、小さめの型なので切ったら栗が出てくる。良かった。

けど、肝心なことに真ん中の穴が開いてないので「クグロフ」とは呼べず。「普通」なら買わない、のかな。


 □ □ □ □ □ □ □ 


今日は待ちに待った(?)Inauguration Day で、朝からライブで就任式にかぶりついていた・・・のは私ではなく夫。
子供が6連休明けでやっと登校したかと思ったら、「長男」が風邪(?)でダウン。ところが本人、(ここだけの話)見たかった就任式がテレビのライブで観れて嬉しそう。

ふむ。今日はオバマ大統領のパワーをもらったかな?


さて、その就任式はブッシュ大統領がヘリでワシントンを去る所から始まり、ヨーヨー・マが演奏したり、アレサ・フランクリンが歌ったり、オバマ大統領本人が町なかをパレードしたり。また、その歴史的な場面に立ち会おうと全米から駆けつけた何万人もの人たちで町中がにぎわい、前向きでパワフルで、テレビで観ているだけでも元気になるような式典だった。

子供達も学校でインターネットを用いてライブを観る予定だったらしく、しかし、そのサイトがなぜだか映らず、結局ラジオ(?)で演説を聴いたとか。ちょっと残念そうで、帰宅してからテレビを観て喜んでいた。

先日も書いたけれど、(ブッシュ大統領の二回目の就任式は見てもいないが)こちらに来て丸7年で初めて、ライブで就任式。「一人しか大統領が代わっていない」アメリカに対して、日本のリーダーシップを危ぶみ、しかし、そもそも日本人にリーダーは必要ないのか、も、といぶかしむ。

いやはや。

さて、就任式に行われた新大統領主催のランチオン パーティーですが、進行役の議員が「信じようが信じまいが」と(?)笑いを誘っていたように、そのレシピがあちこちのサイトで公表されています。私が見たサイトはこちら。

お料理好きな方は再現されてはいかがでしょうか?
私には関係ない(無理な)話、ですが。(笑)
[PR]