<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

AFTER:
f0141867_531944.jpg


悔恨の情を忘れぬうちにリベンジ(復讐、じゃなくて復習なんだけど)。
プレーンだけどモラセスときび糖で仕込んだので、中は茶色く甘みの濃いベーグル。
もう少し甘みを減らしてもいいかも。サンドイッチにちょっと向かないような。

BEFORE:
f0141867_572728.jpg


こちらは先週イーストで焼いた「悔恨」のもの。
1つずつ一枚のシートを敷いておくはずが気がついたら忘れていて、オーブンシートから外すのに苦戦したため生地が伸びてしまい、へしゃげたベーグルになってしまった。


今回はイーストでなく酒粕酵母で発酵時間を短く取ったときの様子を見ることと、
しかもライ麦を入れずにふくらみを見たいのと、
湯でる時間を長く取ってみることと、
成型の練習、が課題。

30℃2時間の一次発酵で既に倍になったのはライ麦を入れなかったせいか、あるいは継いでから3日置いた元気な元種だったので良かったのか。
二次発酵を50分取ったらちゃんと膨れたけど横に広がった感じ。一次発酵が長過ぎたか。本当はもう少し手前でヤメておけば良かったかもしれない。

もっともっとまん丸に高ーく膨らんで欲しかった。今度は発酵時間を1.5時間に減らし、成型ももう一回半折りしてみよう。

でも、湯で時間を長く(表1.5分、裏1分弱)したら、酒粕酵母の生地だったし、皮もしっかりしていて中身もとてももっちりした仕上がりになり、実はちょっと嬉しく思っている。

それに、朝6時に仕込んだら11時には焼き上がっていたのだもの。酒粕酵母で作ったパンとしては今のところ最速記録だ。

f0141867_5111856.jpg


話変わって。
スタバが3月から「インスタントコーヒー」を売り出すとニュースになってますが、これ、夫が会社の同僚からもらったそのサンプル。1パック1杯分のインスタントコーヒーの粉を3パックで$2.95で売り出すそうですが、はっきり言って意義がわからない〜。

まあ、そんなこと言わずに試してみればとお湯を注いだら、あらまあ、

「ネスカフェゴールドブレンドブラックラベル〜!」

と夫とハモリました。(笑)

もらったのは「イタリアン」なんだけど、丁度、カフェオレにしようと濃い目に入れた感じ。全部飲み干すと胃が重い。

ストレートは味の割に高いばかりでお代わりもできないスタバではカフェモカ(もちろん生クリームたっぷりで)しか買わない。でも、カフェモカ飲んだらランチは抜くぐらいの覚悟が要りますけどね。(笑)


そうそう、今日はもう1つ。
実はアメリカ人家族が成田周辺で観光出来る場所を探しています。
成田空港から外に出たことの無い関西人の私にはさっぱりで。
乗り継ぎのための一泊なので数時間しかないんですけどね。何かご存知の方がいらっしゃったら教えて頂けるととてもありがたいです。すいませんがどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
f0141867_119490.jpg


たまにはパンを休んでウチのご飯の話でも。
もしや三食続けて失敗パンばかり食べさせてるのではないかと心配されているかもしれないし。

大丈夫、ごはんちゃんと食べてますよ。もっぱら和食が多い、ですよ。
玄米だって、圧力鍋での二度炊きと桶で冷ますようになってから、随分美味しく頂けるようになりました。なかなか「おかん」なことしてるでしょ。(笑)

写真のお豆腐は冷凍庫で一度凍らせた木綿豆腐を半解凍で切ってお出汁で煮たもの。
その昔、渡米前にたまたまテレビでこのレシピが流れていて、

「そうだっ、向こうに行ったらお豆腐もそうそう食べられないんだし!」

とメモした物なんだけど、結局こっちに来たら、なんのことはない日系スーパーもちゃんとしてるし、豆腐だって消費期限一月以上あるんだもの。心配ご無用。
でも、この凍り豆腐は湯葉の厚切りのような食感で美味しいのです。新鮮なお豆腐でも試してみる価値ありかと。

あと、今日は朝から筍炊いて(水煮パックだけど)これは義母が送ってくれた生わかめと合わせる予定。これがまた最高に美味しくって、

「須磨の海の匂いがする!!もうドライわかめは食べらんないね!」

って、ナーが言う。悪いけど、無くなったらまた乾燥わかめを食べてもらうからね。(笑)
(注:写真のわかめは「乾燥もの」です。)

筍炊きながら、「食材の割にだし昆布や鰹節のコストが高く付くなあ」と思う。
そして、出汁を取った昆布と鰹で甘めに炊いて自家製つくだ煮に。これでまたご飯が更に進んでしまうのだから、善し悪し。

で、我が家の食生活を大きく支えてくれる義母のおかげで、朝から青汁を飲み、コーヒーは葉山のコーヒーと来たもんで、もうこの上なく贅沢な日々だと感謝しています。

なんてことを考えながら朝から早くも夕飯なんぞ用意しているのは、なんのことはない、自分がランチに出かけるためである。いつも思うが、これがなかったらもっと楽しい一日なのに。(爆)

実は実は、昨夜、パンの発酵用のケースをオーブンに入れたままスイッチを入れっぱなし(20だけ数えて消すつもりが、飛んでしまったため)にしてしまい、なんとプラケースがドロドロに溶けて、家中に毒ガスが充満するという大失態を犯しました。

そして、なんとかオーブンを復帰させようと掃除してたらプラスティックで手を切って。
オーブンが無事でなにより。

で、今朝はトースターで、パンではなく自分の指をジューッと焼いてしまった。
ちょっとボケが溜まって来ている今日この頃。

こういうときは取りあえず、休憩。毎日が「休憩中」なんだけど更に何を休むというのか。と、人に突っ込まれる前に自分で。(笑)

今ベーグルの「失敗ネタ」はあるので、ここは成功させて「失敗&成功談」を書こうと思ってましたが、次回持ち越し。

ははは、次はいつになるでしょう〜。
[PR]
今朝ふと思い出したこと。

日曜日の午後、自分は台所から一歩も出ずに口だけ出して、無理矢理テレビの配置を変えてもらったのは、「ゴロゴロお酒でも飲みながらアカデミーを堪能しよう!」という腹づもりだったから。
なのに子供達が「ワンピース」(日本のアニメをネットで観るのに最近すっかりはまっていて)を観始めて、一緒になってはまっている内に、全く持ってすっかり忘れていた。
普段テレビを観ないから、観ようと思ったら気合いが要りますね。かなり残念。

BEFORE:02/20/09
f0141867_2285941.jpg


先週、酒粕酵母でライ麦パンを焼いたらまたしても失敗。一次発酵で一晩寝かせるとその間に乾いてしまうし、しかもうちの子(酒粕酵母ちゃん)混ぜ物が嫌いなのかライ麦入れてもドライフルーツ入れても膨らまなくなる。
クープなんて、入れたが全く開かず、まるで「膨らまない」ことを証明するために線を引いたような。

うーん、イーストならむしろ余計に発酵が進むのに。酒粕酵母と相性の良い糖分、栄養分を調べた方がいいかな。

これも、結局薄く切って全部食べました、けど?

AFTER:02/24/09
f0141867_2302873.jpg


で、昨日はリベンジ。配合を変え、乾かないように見張っておこうと朝仕込み、午後に焼く。ヒーターの温風の吹き出し口に毛布でぐるぐる巻きにしたボウルを置いて5時間。(ボウルの温度25〜30℃)3倍に膨らんだ生地。半分はそのままで、半分はドライフルーツを織り込んで焼いた。

焼き上がったパンは皮ががっちり固くてでも噛みごたえのよいニーの好きなタイプ。中は生地がとても細かくてフワフワで、でもしっとりしていてナーの好み。2人はもちろん、ドライフルーツ入の方が好きなんだけど、ベンチの後で巻いたら生地から浮いている感じで今ひとつ。しかも、同じ生地重量で焼いているのに、フルーツを入れた方が2割がた小さい焼き上がりにびっくり。

こういうのはどういう風に解釈したらいいんだろう?

しかもこのクープって、何?そもそものクープの意義すら見えない、入れなきゃ良かった、な、傷跡。
こういうのは誰かそばでひょいっと教えてくれたらいいのにな。

今朝ふと思ったのだけれど、

2006年はホームベーカリー(ウォルマートで39ドル)を買って遊んだ一年。
2007年は可笑しなお菓子なパン作り。
2008年は(日本でのパン屋さん巡りと)食パンに夢中になり、
2009年は酒粕酵母と戯れる一年になる、のだろうか?

今年はまだまだ先が長いですよ。(笑)
[PR]
f0141867_6524880.jpg


今日火曜日は”Fat Tuesday”
去年も書いたけれど、明日のAsh Wednesdayから始まるLentを前に、今日は家の中の食料を片付けるべくごちそうを作って頂き、明日からの断食に備えるカソリック(特にフレンチ系が熱心なのか?)の行事。

我が家には関係ない話。それに最近のアメリカ人でも平均してしまうとかなりそのルールも緩やかになっているらしく、「お肉を控える程度」らしい。ニーの話に寄ると「子供達は好きな物を断つ」らしく、クラスでは今日、それぞれ何を断つかが話題になり、

「私はガムを断つ!」
「えっ、来月からブレス(歯の矯正)するんだったらどうせ食べられなくなるんだから、今は食べておいた方がいいよ!」

とかいった会話がなされたらしい。子供也に計算しきりな一日。で、ニーはというと、

「私は関係ないじゃん。でしょ?」

なぜ関係ないかの理由は分かってないけれど、関係ないという事実だけはおさえている要領の良いニー。その隣で明日、矯正歯科に予約が入っているナーは、

「私は今日お菓子一杯食べとく!」

と言って、ちょっと悲愴な顔つき。関係ないけど関係ある子がうちにもいました。でも明日は検査だけで、開始は後日なんですけどね。(笑)



さて。

「チーズケーキまた焼いて〜」

10日ぐらいの間に2回も焼いたのに、すっかり気に入ったらしいナーからのリクエスト。
それに応じるか否かちょっと迷ったものの「ごめんなさい」。だって、最近「腰回し」ても一向に下腹が凹まないの。(爆)

ただ冷蔵庫の中にはレモンもあるし、クリームチーズもまだ一箱「消費期限の近いもの」が残っているので、これらはなんとか消費したいもの。自分の心の内をよーくかき混ぜて、浮き上がって来たイメージの「イーストでスィートなロール系」を焼くことにする。

ポイントは、中に敷いたクリームチーズはレモンの皮のすり卸とレモン汁とグラニュー糖を混ぜたものだということと、巻いて並べてくっつけて焼く「しっとり系」でなく、マフィン型で分けて焼いたらどういう感じになるかという実験。

シナモンロールのように巻いた後、12個に切ってマフィン型に詰める。真ん中から上がってくれるかと思ったけれど、周辺からこぼれるように膨らんだのはフィリングのせいで生地がすべったのか?
焼き上がりにレモン汁で溶いた粉砂糖のアイシングを刷毛で塗り出来上がり。

どうネーミングしたら良いのかその辺りのセンスは全く持ち合わせてないのだけれど、要は上記の流れからご想像を。

サクッと軽くて、なんとなくポップオーバー(アメリカで『子供でも出来るパン』なレシピなんですが)の様な、あるいはデニッシュの様な食感で、これだったらイーストで膨らます必要はないか?(つまりベーキングパウダーでいいんじゃないか)と思うほど。翌日もさくっとした感じが残り、好感。(ショートニングのせいかもしれない。)

子供ウケの良い菓子パンだった。
最近、胃にこたえる失敗パンが多いから申し訳ないなあと思っていたの。ナーもニーもかなり嬉しそうで、よかったよかった。(笑)
[PR]
金曜日の夕方5時、補習校から「翌土曜日は天候悪化(積雪)が予想されるので休校」という連絡網が入った。今まで殆ど休校になったケースが無いことと、緊急の場合は遠距離通学車の出発を考慮して当日の朝6時には電話が入ることになっているので、早い連絡にほっとしたり、少し早すぎるんじゃないかと驚いたり。私たちの住むエリアはシカゴとかなり天気が違うので、晴れ渡った空を窓越しに「う〜ん?」と思ったのだった。

私たちのように遠距離通学車は朝も5時前からお弁当の用意に入るので、前日の連絡はとてもありがたいのだけれど、早起きするのは少しも構わない。特に今回だけは当日まで待って欲しかった。
というのも、ナーにとって今回は特別な土曜日。幼稚部からかれこれ6年、ずっと仲良くしてもらっていた友人達の日本への帰国が決まり、とうとうお別れ。この日が最後の登校日だったので。(子供達也にお別れ前のカードのやり取り等を心づもりしていたらしく。)

本来ならば、文字通り降って湧いた休日で大喜びする2人なんだけれども、今回ばかりはかなり落込むナー。だって、補習校を続ける心の支えになっていた友人達が一気に4人も5人もいなくなるのだから!
私も残念しきりなんだけれども、そのそばでニーの言うことに

「同じクラスの子なんて、家がウィスコンシンだから朝5時に家を出るんだよ。前の日に決めてもらった方が、お母さんもうれしいでしょ。」

勿論ですとも!

何をおいても「子供の安全」を第一に考えて下さる学校側の配慮には日頃から感謝している・・・と、今回は個人的に「残念だったね」と言う話。ニーの判断力もエラいと思うし、いつまでもうじうじしていないナーの姿勢にも感心し、一番子供っぽいのは私か〜という金曜日の晩だったのだった。

f0141867_2141751.jpg


で、「折角の土曜日はこうありたい」。雪が積もったらソリに行く!
近所の川沿いの公園にプラスティックのソリをもって出かけた。
予想していた人出は全くなし。もう皆この冬はいやという程すべって堪能したのかな。

私の目的はそのそばにあるタイ料理のレストランなんだけれど。
ここは実はシカゴの某レストランよりずっと美味しいと思っていて、なので夫の同僚の方(単身者)もお誘いしたのだけれど、まさか「そり遊び」にまでつき合わされるとは、しかし断りきれなかったか。
「何かの罰ゲームか何かか?」と思われたに違いない。(笑)

f0141867_2145555.jpg


ちなみに、レストランでの写真撮影はナーからの許可が降りずに撮れず。
最近、パブリックな場所でカメラを出すのをもの凄く嫌がる。
確かに撮らない人から見ればうっとうしいものかと思うので、嫌がる娘の前ではヤメておくことにしている。難しい年頃だものね〜。

f0141867_2152236.jpg


結局子供と一緒に大人もワイワイ騒ぎ、その後身体を温めるべく家宴に突入。
補習校のある日は夜もなかなか集うことが出来ないので、親子揃ってリラックス出来た週末だった。

本当は毎週こんな感じで過ごしたいんですけど、ね。
[PR]
f0141867_2441750.jpg


ヤラセのような写真だけど、これは最初の一枚、本当に偶然の産物。
その気ならちょっと手伝ってよと、この一枚の後「手を添えろ」だの、「カップもって」だの注文を付けたんだけど、結局どれもこれも決まらなかった。姉妹仲良く、協調性を持って欲しいものだ。(笑)

最近マフィンを焼いていなかったのと、ベーグル用に作ったチョコガナッシュのウケが悪かったので、マフィンに織り込んでしまおうという魂胆でマフィンを焼いた。挑戦、酒粕酵母の元種を使うマフィン!

焼きたてをつまんだらしっとりと柔らかく・・・なんだか昔懐かしい味。うーん、何かに似てるんだけど思い出せない。
これならベーキングパウダーを使う方があか抜けた味でベターかも。

「よしっ、これは『失敗談』としてブログに書こう!」

と思ってた。

が、今朝、レンジでチンして食べたらですね、なんだか生地全体の風味がまろやかに落ち着いていて、あれれ?美味しいよね?
いつも焼くベーキングパウダーのマフィンは、昨日今日ではそんなに味も落ちないけれど、さすがに焼きたてが一番美味しい。
でも、今回のマフィンは焼きたてよりも一晩経った方が美味しかった、かもしれない。(但し、レンジで温め直したからこそ、とも言える。)

味が変わるのは善し悪しも有り、酵母はそれがむずかしくって、そこが面白いのかもしれない。

さて、織り込んだチョコガナッシュの由来。
最近ナーのためにヌテラを買っていなかったので、手元にあったカシューナッツペーストを混ぜ込んだらそれっぽくなるかな、と思って作ったもの。
チョコレート、生クリーム、そこにカシューナッツを入れて・・・くどいっっ!同じナッツでもやっぱり全然異なるものでした。って、これもどこかにちゃんとレシピがあったかもしれませんね。

ということで、処分するつもりでマフィンに入れてしまったんですが、これはいけました。
どちらかというとこちらの方が「失敗談」ですね。

レシピ
[PR]
f0141867_2591711.jpg


今日こそはベーグルを、と思い、きちんとレシピを見直し、パーセントを計算。流れも頭に叩き込んで立ち向かう。随分以前に一度焼いたことがあり、上手くいった覚えがあるからうかつだった。ベーグルのレシピを見直すとバターも入っていないし、酒粕酵母で作る場合も食パンと違って、ベンチタイムも短ければ二次発酵の時間も短い。巻き方も大きく間違えていたので、motoaraiさんのレシピをじっくり読み直してとりかかる。
(この方のブログは今の私にはまさにバイブルなのです。)

粉の種類はいつもの安い粉だけれど配合はmotoaraiさんの配合を参考にさせて頂き、ただそこにドライクランベリーを大雑把に大量にほり込んだ所はオリジナル。(笑)

結果、表面のしわや成型の未熟さは気になるものの、ちゃんと?もっちりしたベーグルに仕上がった。
これなら「何もつけないで食べる、固いパン」が好きなニーにも受けることだろうと思う。

良かった。やれば出来るんだ。(笑)

これから上手く行ったときは、以後の覚え書きのためにレシピをつけておこうと思う。自分用にノートは取ってあるのだけれど、読む人から見て、レシピがあってこそなんらかのアドバイスも頂きやすいだろうという魂胆もある。いつも色々教えて下さる皆様、どうぞよろしくお願いします。

レシピ
[PR]
f0141867_123547.jpg


今日は「雨水」。字面の通り、今日は朝から雨がしとしとと降っています。
ちょっとずつだけれど、少しずつ春に近づいているのですね。

しかしなんだなあと思うのは、今机に出しているカレンダーが日系企業の頂き物で、記されている時節や祝日が全て日本のもの。うっかりしているとこちらの祝日や行事を見逃しそうに。
変えた方がいいかな〜。

うっかりしていて昨日雛人形を出しました。いつもならば2月の第一週の週末に出して、3月3日には仕舞うのだけれど、今回は2週間も出せないことになる・・・まあ、いいか。うちのお嬢たちも箱入り娘だし。(笑)

さて、夫とナーが先週末から突如、目のかゆみやお鼻ズルズルに悩まされていて、鼻炎の薬で抑えていますが、雪が溶けてしまったとはいえまだまだ気温の低いこの辺り。花粉症の原因になるような草木も未だ芽生えておらずなぜ?と、?マークが飛び交っています。しかも、もともと2人とも花粉症のアレルギーは持ってなかったんですが。今年デビューですか?

あと考えられ得るのは、雪の下に埋もれていた除雪用のソルトが乾燥して粉末になって飛んでいて、それが原因なのかな、とも思ったりしています。

家族全員、遺伝なのか、のどが弱いのでヒヤヒヤします。ちなみに私とニーは何事もなく。アレルギーじゃなくて風邪なら移されては嫌だもの、手荒いうがいの強化週間です。

今日の写真は「キャラメルチーズケーキ」。レシピは佐原文枝さんの「自家製酵母のパンとお菓子の本」からです。実は日本でこの本を買い、戻ってからレーズン酵母起こしに挑戦したのですが、どうしても上手く行かず。この本はもっぱら「目で見て楽しむだけ」になっていて、たまにこんな風に本題とは別の隙間にあるお菓子を参考にしたりして。酒粕酵母でも、どんどん色んな種類のパンを焼きたいなあと思っています。

さて、このチーズケーキ。
キャラメルはしっかり焦がした方が好みとは言え、「やばいっ!」と思うほど焦がしすぎて、レシピの写真にあるよりずっと濃い色合いに。子供達はどう反応するかなと思ったら、しっかりしたキャラメルの風味が気に入った様子です。

「学校のランチに持っていきたい!」

うーん、ランチボックス振り回しているうちにぐちゃぐちゃになるのが目に見えているから却下!

チーズケーキは作るのも簡単で、小さい一切れでも充分楽しめるから好き。
その小さいくせにカロリーは高い所が侮れないんですけど、ねえ。(笑)
[PR]
f0141867_5434446.jpg


「これはまた、いつもと違う感じだな〜」

と、夫が言ったように、初めて焼いたバタートップ。(大きいのは初めてで)しかも酒粕酵母の生地だから皮も中身も風味が良くてよい感じ。
切りながら手がべたべたになり思うこと。

「美味しい物はカロリーが高いなぁ〜♪」

トーストにバターたっぷり、ハチミツたっぷり。最高なんですけどね。タハハ。


で、実は先週、再度酒粕酵母、失敗しております。いつもなら失敗談もネタの1つ。平気で載せてしまうんだけど、さすがに先般は凹んだ、というか被写体にならないっ。(笑)

捏ねてべちゃべちゃになった生地で「ああ、やっちまった」と思ったのだけど、リカバリーの策もヘタに悪化させるだけかもと思い放置して寝たら、結構まともに膨らんでいて。が、気泡が大きくべたつく生地を扱いきれず、ならばいっそ食パン型にほり込めば良かったものを?ロールパンやベーグルにしようと格闘したら、二次発酵でデローンと横にだれてしまい・・・

二次発酵の間はグースカ昼寝してたんですよ。だらけるのは私だけにして欲しかった〜。

目標はリュスティックやフランスパンなので、水分量の多い生地も練習しなくてはと思うのだけれど、根本的に何か仕業が欠けてるかと。うーん。

そういえば、悪いことばかりではなく、面白かったこともあり。
とりあえず大量に余った失敗作を冷蔵庫にほり込んで3日後の朝。ふと思い出し、蒸し器で蒸し直したら凄く美味しかった!ガチガチだったパンもペロリ。
これからは心置きなく冷蔵庫にほり込める!

勿論、焼きたてを即平らげてもらえるパンこそがベストなんですけどね。(笑)
[PR]
f0141867_10314699.jpg


どこに行ってもみかけるキッコーマンのお醤油。今では、田舎暮しをしていても普通に見かけます。アメリカで初めて醤油を広めようとした人たちは本当に苦労されたんだろうなあと思うけれども、今や「普通」な調味料ですね。凄いことだと思います。


さて、土曜日の補習校からの帰り、まっすぐ家に帰らずに、学校に近いモールにある日本食バッフェのレストランに寄り、久々家族で外食なんぞしました。
バレンタインディナーと言えば、子供を家において夫婦2人で出かけてもいい、のかもしれないのだけれど、正直あんまりそんな気にならな〜い。皆でガヤガヤの方が、俄然楽しいいまどきなのだ。(笑)

中華とは言いがたいチャイニーズバッフェ(中華料理の食べ放題)ならば、安い普段使いの所で一人当たり6〜7ドルであるところ、ここは夕方からのディナー料金が大人一人約30ドル。小食のうちの子達を連れていくには(例え大人の半額料金と言えど)何とも不経済で、これぐらい出すのであればちょっとしたものが食べにいけるなあと、正直迷ったのだけれども、今回は食事の中身よりは「遊び心」重視。一人で勝手に思い思いの料理を選んで楽しめるようになったから、たまにはいいだろうと、ニーの誕生祝いに約束していたのだった。

夫はカニ、私とニーは刺身、思っていたよりも新鮮で美味しく、お皿に山盛り堪能しているそばで、ナーはマイペースに「おうど〜ん♪」
やっぱり君には勿体なかったか、いや、そうやって楽しそうなのだから良しとするか。

しかし、お茶やコーラで食べる刺身のなんと淋しいこと。しかも満腹状態で帰路2時間のドライブはかなりツライ。まあ私たちはグーグー寝てたんですけどね。



で、翌日曜日の昼は、近所のアメリカンダイナーでランチ。
滅多に滅多に外食しない我が家なのに、二日続けてというのは本当に珍しい。
オムレツに、カツレツに、スパゲティに、パンケーキ・・・パンケーキはナー。ここでもまたマイペースなナーは甘い甘いホイップクリームと格闘して、とても満足そうだった。(笑)

さて晩ご飯は、「海老のトマト炒め」。海老が苦手、こっちで売ってる海老はもっと苦手、そもそも海老の皮が剥けない私では、普通海老料理はあり得ないのだけれど、今回は夫が料理してくれると言うので任せたっ!!

にんにくとトマト、赤ピーマンでオレンジな一盛り。これで夫にも立派なレパートリーが一品増えて、これから人を招く時には活躍してくれそうだと期待したりして。


普通に普通な週末だったけれど、我が家的にはあり得ないこと続きの週末だったので、書き留めておこうかと。

ついでに言えば、今日はPresidents' Dayで学校がお休みでした。
ナーもニーも大きくなったなあと感じるのは今日みたいな一日。私なんぞお呼びでない、な、一日は、三者三様マイペースで過ぎていったのでした。これもまた普通じゃないんだけど。(笑)
[PR]