<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

f0141867_12142790.jpg


時間がなくてイーストで起こしたジャガイモのパン。ポテトブレッド、ハムとチーズとタマネギ入り。
イメージはポールポキューズのオニオンブレッド。(昔から好きでよく食べていたにも関わらず、どんな名称だったか自信無し。去年帰国した時もしっかり食べた。買って帰るとき、バスの中で「タマネギ臭くて」困るパン。)
粉に対し、マッシュポテトを対比50%混ぜたジャガイモのパンは、以前「じゃがいも」だけで、他に具材を入れない「白いパン」を焼いたら確かにしっとりもっちりとはしていたのだけれど、なんとなく、

「じゃがいも臭いパン」

でしかない、なんというか、中途半端な感じだったので、じゃがいもの風味を活かしてハムやチーズ、炒めて塩こしょうしたタマネギを巻き込んで焼いた。自分で言うのもなんだけど、美味しかった。問題は「巻き巻きの仕方」を間違えたことかな。まあ、どっち向きでも食べる分には支障無かろうて?

ニーは食パンにチーズやハムをのせて焼いて食べるのが好きなので、勿論問題なく気に入ってくれて、

「トーストにはバターとメープルシロップか、ヌテラ!」

な、ナーも気に入ってたので良かったなり。

が、

「これってヘルシー?」

って、君が、いや私も毎朝食べてる甘い甘いトーストよりは、ずーーーっとヘルシーです。(笑)


f0141867_12275834.jpg


今日、初めて収穫した豆。家族皆から「ほっとき過ぎて、中の種が固くなってるんじゃないか?」と心配されていたのだけれど、欲張り母さんはプクプクに太らせてから食べようと、しばらく指をくわえて我慢していた。

軽く茹でただけの豆。もちろんさやごと丸かじり。これがぷりぷりで、しゃきっと、甘くて美味しい!!ナーもニーも細い目をひんむいて「おいし〜い!!」。
ほんのちょっぴりしか実ってないけど、食べられるものができたなんてとっても嬉しい。

すでに来年の畑仕事に夢を紡ぐナーとニー。
それとこれは別だからして。来年も植えたりするか、は期待しないでね。(笑)
[PR]
f0141867_013664.jpg


実に先週まで冷房を入れていなかった記録的な涼しさの6月が、今週に入り一気に記録的な猛暑へ。
ナーもニーもこんがり焼成中。
で、炎天下になりかけの午前中、プルマン型に入れた生地を庭にほりだしておいたら、あっという間にきれいに型の肩まで上がった。型の表面温度、下に敷いたトレーの温度共に45度ぐらい。
こういうことをするから失敗するんだということは知っているけど「ふざけるくせ」が辞められない。

粉総量に対し10%だけ全粒粉を混ぜた食パン。
生クリームとか卵とか、入っているのに炎天下で発酵させて、それは「腐っている」とは言わないのか。結局同じことだと思うのに。(笑)

度胸でもって切ったパンのアップ。
buonamama先生には色々思う所があるかと思うので、良かったらご教授ください。
自家消費的には充分なんですが?(笑)



さて、昨日本当に珍しく自分から「国語の教科書の本読みをするからつき合え」と言うニー。
うれしいじゃないですか。(笑)

で、開口一番。

「なんで日本語なのにうえしたに書いてないの?こんなの変じゃん。」

と言うのでのぞいたら「ローマ字」の項だった。来た来た、「小学4年生国語 『ローマ字』」
しかし君、「うえした」って・・・まずは「縦書き」「横書き」の意味から説明しないと前に進めないなんて。(涙)

実は彼女、恥ずかしながら今だ「カタカナ」の「キャキュキョ」とか「ラッキー」の様に詰まったり、伸ばしたり・・・が不自由。興味が無いのと嫌気が先に立つからちっとも練習しないのが今に響いて、そこへ「ローマ字」と来た日にはいきなり頭の中がショートしたらしい。

なぜ「NATTO」(^が付く)となるのか。しかもそれを「なっとう」と発音し得るのか。
アルファベットなのに英語じゃない。

・・・・・こっちだって勘弁して欲しい。

悲しいかな親だってローマ字教育の功罪で、英語への悪影響は感じる所。
パスポートに表記する「名前の綴り方」だって、もうちょっと何とかならないものかと思うのけれど、それ以外、今日本で「ローマ字表記」しているものがあったっけ?必要なんだっけ?

ちょっとやる気見せたのに、またトーンダウン。
まあ、そもそも「勉強嫌い」なんだから、何が出て来たって「イヤ」なんだけど。

はあ〜。
[PR]
f0141867_5231953.jpg


バゲットでサンドイッチ。
腹ぺこ青虫、じゃなくて娘達の昼ご飯におっきなサンドイッチ。
ぺろっと食べた。
「小食で困る」
と悩みの種だった2人の食欲がここに来てグンと増し、特に体つきが良くなって来たナーは、

「エアロのTシャツを着るとお腹が出てやだだから、食べない方がいいかなあ」

と言う。小6が何を言う。ふざけるな、と。

朝9時から2時間テニス、その後隣の市民プールでスイミングレッスン。寒いぐらいの5月6月が、今週に入り急に暑さ増し、照りつける日差しの中で駆け回って来るのだもの。ガンガン食べてもらわなければ!

結局「S」な母に仕切られて無理矢理スイミングにも通いだし、しかし、

「やっぱり行って良かったわ。楽しいよ!」

という2人は育ちが「M」か。(笑)

私の空き時間が増えたので、かなり楽になった。
が、結局朝のジョギングが立ち消えになったので、私は一気にダラダラなんですが。(笑)
[PR]
f0141867_11242938.jpg


夕食後の散歩

写真と直接関係ない話ですが
[PR]
f0141867_7122642.jpg


「ママ、バナナもう食べられないよ」

と、ニーが言う。青っぽいバナナが好きなニーから見たら、黒点が発生しているバナナは、既に「食・可」の期限を越えているらしい。
土曜日の朝ご飯、週末のおやつ、にちょうどいいからマフィンにした。このやり口は先週と同じパターン。ただ、中身まで同じだと芸が無いので、生地にココアを入れて、アイシングはキャラメルソースを使って作る。うん、なかなか美味しい。
今回、実はなぜか泡立てがとても上手く行った。相変わらず、理由は不明。粉もオールパーパスなのに、とてもふんわりふわふわ。バナナもたっぷり入っているのに。上手くいったらいったで『?』。
うーん。

今週は本当にドタバタだった。身も心も疲れ果てた。(笑)
毎日毎日、出たり入ったり、行ったり来たり。ナーとニーが同じ時間に同じ所に移動してくれるなら、車の運転も半分に減るのだけれど、夫々が別々の時間に別の所に行くから参った。特に水曜日は朝から晩まで、家を起点に行ったり来たり7往復。それぞれの隙間時間に昼ご飯用意して、食べて、片付けて、晩ご飯の支度は昼ご飯と一緒に仕込んでおいて、夕方の隙間に夕飯食べて。
実はその間に下↓のバゲットや芋虫を焼いていたので、気がおかしくなりそうだった。
自分のことをサドっぽいと書いたけれど、そもそもはマゾだったと再確認する。

それでも、木曜日の朝、ベッドの中から雷の音、雨の音を聞いた時には感激し、

「やった!今日は休息日!」

と喜び極まったのだけれど、朝ご飯を食べている内に雨も上がり晴れ間が見えて来た時には、とてもとてもガックリ来た。

「テニスコート濡れてるし、雷落ちたら怖いし・・・休めば?」

と聞いたら軽く流され、容赦ない仕打ちかと。

ナーが参加していたのはテニスと、今週だけの「バレーボールレッスン」。
ジュニアハイ(中学)の面々と一緒に、彼女は産まれて初めてのバレーボールと来て、相当に自信をなくし、しかし、お気に入りのスポーツとして新たな発見をしたそうだ。

「皆、背が高いし上手なんだもん」

とぼやくナーは確かに他の女子達と比べるとちびっ子だからして。

これからスポーツアクティビティに参加するようになると結構ツライと思うけど。
まあ、頑張りましょう。


しかし、勉強とかピアノとか。こういう単語、彼女達の辞書からはすっかり抜け落ちているらしい。
その爽やかなほどの「しらんぷり」にびっくりする。明日の補習校は行くつもりらしいから「度胸あるな」、と感心するやら。

「イライラ度」絶頂期。
これを過ぎると仙人になれるか?!
[PR]
f0141867_703413.jpg


まるで「芋虫」。
あわよくば「山食」を狙ったのだけど。

この方がしばしば焼いてらっしゃるオートミールの入ったパンに興味があり、消費目的もあって焼いてみる。穀類入れるパンは全般的に好きなので、恐らく好みのはず。粉総量の20%に全粒粉を混ぜ、加えてレーズンとオートミールは20%ずつ。糖分は蜂蜜で。

やっぱりいつものプルマン型では高さがでなかったけれど、中はしっかりいい感じ。ふわっとしているのに、噛みごたえはもっちり。重めの好きなタイプ。先般作ったラズベリーとブルーベリーのジャムがとてもよく合う。

f0141867_7102249.jpg


じかし、実は素のママ食べるとなんだか所々「生焼け?」な食感があって、トーストするとそれは消えるから、「まだ焼きが足りなかったか?」あるいは「オートミールの扱いが間違っていたか」と、ぼやっと考えていた・・・ら、今、彼の方のサイトを再訪問して「牛乳に浸したオートミール」という文言を発見し、がっくりくる。素のままほり込んでいたから・・・。なるほど。

子どもには、

「ちゃんと読まないと!」

なんて言ってるけれど、どの口が言う、やら。
[PR]
f0141867_65448.jpg


「お昼ご飯は焼きたてバゲットでサンドイッチね」

と言いたくて、隙間をぬって焼いているのだけれど、あれは先月、たった一度ちょっとマシなのが焼けて以来、以後、全く成功していない。ここまで成功しないともう、やっぱり私って、何をやってもダメなんだ、とめげてしまいそうになる。

表面のクープはのっぺら坊主で、

f0141867_6572060.jpg


中身は食器用スポンジ。

食べられるからサンドイッチにはなる。お腹も膨れる。
けれど、それで良し、の世界から脱却したいものだ。
[PR]
f0141867_185497.jpg


朝6時、芝生についた露。日の上がるほんのわずかの時間だからこその、きら、きら。
とまあ、こんなこと書くと聞こえがいい?のだけれど、パンもお菓子も焼いてないので写真がなく。
全景は元からして「工事現場」のような荒れ具合なのでお見せ出来ません。(笑)

夏休みが始まって2週間経過。学校に通う日々から夏休みへの「慣らし期間」を経て、ようやく家族揃って「夏休み時間」に馴染んで来たような気がする。
今週から子ども達のスポーツアクティビティが始まったので、午前中ナーはテニスとバレーボールの掛け持ち、ニーは2時間テニスレッスン。シャツの下に水着を着ていって、テニスレッスンが終った後ついでに、テニスコートの隣のプールで「スイミングレッスン」も受けたらどうかと勧めたが、2人から、

「それは無理だと思う〜」

と、はっきり拒否されたのでちょっとがっかりしている、ちょっとサドな母。(笑)

朝5時半に近所にほんの30分弱ジョギングに出かけ、午前中は2人のアクティビティに運転手として行ったり来たり。午後は宿題だの、友達の所に行くだのごちゃごちゃしている内に夕飯の時間となり、日が落ちてから庭に出て、ひょろひょろと飛ぶ蛍を観ながら土をほったり草をむしったりしている。

三食のご飯も手抜きなれば、パンを焼く間もなく。そろそろペースが掴めて来たので復帰したいとおもいつつ、パソコンの電源を入れる気力も湧かないほど体力的になかなかツライ毎日。

そもそも、この歳になって子どもとジョギングしたり、シャベルもって土起こしたり。私の人生設計では、この歳になってそんな力仕事する予定ではなかったのだ。やはり、子どもは早く産むに限る、とつくづく思う。

体力的にも学力的にも、人生のピークを下り始めて既に20数年。
急速に加工する私の曲線と、急速に上昇する彼女達の曲線が、今年はまさに交差しているような。
彼女達と過ごす一日は自然な感じて同調しているのだけれど、恐らく来年の夏になれば、私はナーの背中を見ているだろうし、ニーはそばに居てその横顔を眺めることはできても、彼女はもう先を見ていて、私を追いかけて来る事もないだろうと思う。

今年は日本に帰らなくて良かったな、と思う。
この田舎でひっそりのんびり、でも、ちょっと子ども達に振り回されながら、時間の共有を満喫できるのだ。

もしかして、こんな夏は最後かもしれない。

交差した曲線は、恐らく急速に離れて行って、同じものを見ているようで、同じには決して見えない。確立した一個の個人として、彼女達は彼女達の世界を作り上げて行くのだろうと思う。


おおっと、お迎えの時間です。Mom's Taxi、出番です。
[PR]
f0141867_4424858.jpg


レモン風味のバターケーキ。
初めて作った「卵別だて」のバターケーキは目からウロコ。
この方のバターケーキのレシピを一度は焼きたい!と思っていたけどかなわず、そうこうしている内にそのバターケーキの「レモン風味」のバージョンが投稿されて、もう居ても経ってもいられず。
基本のバターケーキ飛ばして「レモン風味」を焼きました。
バターケーキなのにフワフワ、でも、しっかりしっとり!レモンの皮を「消費するために」沢山入れたので風味しっかり。(笑)アイシングもレモン汁で溶いてます。
やっぱりこの手の「焼きっぱなし」のお菓子は作っても焼いても嬉しい,美味しい。ここんところの失敗続きで落ち込みがちなのを救ってくれました。


で、焼いた理由はもう1つ、お隣さんへのお礼に。


一月前にいつもの「思いつき」で庭をほりまくって小さな花壇を作ったはいいが、その時掘り起こした土は再利用するにも元が粘土質な上に、芝生の根っこの比重が高くて手に負えない。かと言って捨てる場所も見つからず、ガレージの横に積み上げていた。

積み上げててもそこは土。雑草は生えるわ、見た目も良くないわ。
なんとかしなきゃと思っていながらそのままにしていたら・・・お隣さんがとうとう見かねて処分してくれたのでした。

バケツまで貸してくれて、あとは息子さんがトラックで捨てに行ってくれて。

このご夫人にはいつも迷惑かけてるというか、お世話になりっぱなし。前にも「お礼に」とケーキを持って行ったら、「ケーキのお礼に」とクッキーを焼いて来てくれて・・・

せめて彼女のように、毎日草抜きぐらいしなくては。
[PR]
f0141867_4324148.jpg


酒粕酵母は粉に対し30%、全粒粉は10%。卵も生クリームも入れたけれど、リッチな感じでもなく、ふわふわ感も落ちる。けど、まあ美味しいよね?

私が酒粕酵母でプルマンを焼くと肩一杯に上がるのが「ぎりぎり」という感じで、そこはイーストと違って釜伸びしないなあと思うのだけれど、一応角食になるところが「セーフ」で逃げ切る。
ところがたまに山食焼くと焼いても全く上がらないので、「うーん、こんなので良いのか」と疑問符が着いてタッチアウトといった感じ。

でも、何がどうでも

「食パンは美味しいね〜」

とか、

「全く何も問題ないけれど?」

と家族は言ってくれるのでいいのだろうと思う。「食パンに限っては」まんざら嘘でもないようだから。

・・・・・他の失敗パンをフォローしてくれる時と違ってね。

もう、食パン以外、焼くの辞めようかな〜。


ムリムリ。(笑)
[PR]