<   2010年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0141867_1322990.jpg


酒粕酵母で焼いたレーズンパンもどきのカランツのパンはプルマン型で焼いた。粉の配合で全粒粉とライ麦を増やした(計30%)ら、発酵はちゃんと時間通りに肩まで上がったのだけれど、焼成中に縮んだ。高さはどうあれ、中身は濃くてもっちりしていて美味しい。
酒粕酵母で焼いたパンは、冷凍庫ではなく冷蔵庫に入れて数日置いても、温め直すと美味しく食べられる。そこの所がイーストとの大きな違いかな。有り難いことです。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

今日は朝からピーカンで、周囲360度見渡す限り雲一つなく空が高く、夏の日差しなのに空気はさらっとしていて最高の天気。さあ、この週末週明けのメモリアルデーにはバーベキューをするぞっと思っているのだけれど、地元のスーパーは同じ事を考えている人たちで賑わっていた。お肉は勿論、ホットドック用のパンが何袋もカートに積み上げられ、カートの底にはビールにワイン、特大袋のポテトチップスの袋やスイカやトウモロコシが積み込まれているのはお決まりの中身。いったい何人分なんだか。

この辺りではこの時期が一年で一番いい気候で、

「ああ、ここに住めてうれしい!一生住みたい!」

などと思い、遠く日本の友人達にもこの季節をぜひ味わってもらいたい!と思う。

でも、この時期限定。だまされることなかれ、わずか3、4ヶ月の春夏を終えると、また、どっと嫌になる!!(笑)

ということで、梅雨の日本に帰る前に、ここの良い季節を楽しみたいと思っています。
[PR]
f0141867_4515215.jpg


ニーのリクエストで再度焼いたライムタルト。自家消費用だと思うと切り分けも大雑把。クリームでのデコレーションもせずに、ボウルそのまま出して「勝手に好きなだけ添えていいよ」と大雑把。アメリカンレシピで作るこのタルト、あまりに酸っぱすぎて、実は生クリームが添えてないと困るんである。ナーと私は薄めに切ったケーキを生クリームと一緒に口に運び、

「はぁ〜、まろやか〜」

とやっている。が、ニーは

「この酸っぱいのがいいの〜。美味しい〜。幸せ〜。おかわり〜。」

と言って、大きく切った一切れを、もう一度お代わりする。ナーじゃなくってニーがケーキ食べておかわりをリクエストしたのは生まれて初めてかもしれないぐらいの衝撃。もしかしてこれは、普通の人には口に合わないかもしれない、と思っている。

f0141867_53306.jpg


朝タルトを焼いたのだけど、まだライムジュースが余っていたので、夕方はチーズケーキを焼く。こちらはもう最初から冷凍保存のつもり。なんなんだか。

アメリカンレシピのライムタルトは、中身が卵とライムジュースとコンデンスミルクだけ。焼いてしまうとチーズケーキの風味になって違いが分からない。チーズケーキの方はクリームチーズの在庫とライムジュースの残りを全部使い切るべく水分量を見ながら粉と砂糖を加えた。ちょっと底が沈んだけどうまく行った。

けど、けど、信じられないぐらい酸っぱい!!どうするよこれ。

週末にバーベキューでもして、こってりお肉の口直しにしようかな。
今度はバニラアイスを添えたりして。ウシシ♪
[PR]
f0141867_4282847.jpg


ブログはさぼってるけど食パンは焼いている。
酒粕酵母は原液を片付けたので、今残っている元種を増やしつつ焼き、帰国前に一旦片付けることになる。

ニーがカメラを向けているのは自分のイチゴ。まあ、ちょっとしたお遊びにと思って買った苗をプランターに植えた。小さいのしかならない。しかも恐らく4、5粒で終了の見込み。が、

「イチゴって来年も生えてくるんだよ。イチゴ用の花壇作ってよ!」

と言われて「えらいことを〜言い出したなあ」と悩んでいる。この厳寒の冬を、イチゴは生き残るらしい。多年生だとは知らなかった。そういえば近所に毎年春になるとイチゴでいっぱいになる「歩道」があったっけ。(どうみてもほったらかしで、実を摘んでいるとも思えないが、結構いい感じで実を付ける。)「あれ」をイメージしてるのね・・・う〜ん、帰国前の宿題が増えてしまった。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

昨日ナーをだっこした。お膝に乗りたいと甘えるので乗せてやった。私的には「中学になってあり得ないこと!」と驚いたが、アメリカ人は男の子だってまだまだ泣き虫で甘えん坊のお年頃だから、まあいいか。

で・・・・・あの〜、すっごく重いんですけど?!
お腹周り腰回り、君ねえ、私より大きいんじゃない?!と正直に言ったら「えっへっへ〜、おばあちゃんもびっくりするかなあ」と笑っていた。

大きくなっているのは体だけでなく。

先週末、ナーが補習校に、「現地校のYear Book(毎年学校からもらう薄いアルバムのようなもの。生徒の顔写真や行事の写真が載っている)」を持っていった。出来立てほやほやのアルバム。

「Rちゃんが『コイバナ』しようって言うんだ♪」

君の口から「コイバナ」なんて聞いたら、違う物かと思ってしまうよ。「恋の話」、ですか?そういう日本語だけはすぐ覚えてくる。

ナーは誰の話するのかなあ。聞いたらあっさり答えてくれそうで、その無防備な所をからかっては悪かろうと、あえて聞かなかった。(が、その後彼女の方からあっさり話してくれた。聞く方が恥ずかしいと言うのに。しかし、父親には「絶対秘密」なのである。ふふふ。)

「しかし、『コイバナ』、ね。
友達とそういう話をすることが楽しいんだよね。
そういうのは今だからこそ。
そりゃあ君、大きくなったらねえ・・・」

とおかんは一人頭の中で懐かしく微笑むのでしたとさ。(笑)
[PR]
f0141867_1248214.jpg


アメリカにいると携帯電話含む電化製品もさることながら、お菓子の類いもあまり進化をみせず、流行廃りをみることがあまりない。そんな気がするのは田舎暮らしだからか。(冷凍食品は進化する所がさすがアメリカなんだけれど。)
ブログをやっているおかげで日本の流行(お菓子類に限るが)に触れる機会多く、この「ケーク サレ」もまた然り。訳して「塩ケーキ」。何の事はない、いつも焼くマフィンに砂糖を入れないで、具を甘い系でなく野菜類にするところはこちらのコーンミールマフィン(つまりはお食事マフィン)に近いと思うと「なぁ〜んだ」と思いつつ、粉消費の一環で焼いてみる。コーンミールやこちらの小麦粉を帰国前に消費せねばという思いもあり。

ワインに合うように冷蔵庫にあったトマトとアボガドとチーズ、これもなんとか消費したい一年物の「大葉ペースト」を入れて焼いたら意外に子供ウケが良かった。が、肝心の「ワインに合う」は夕飯の段取りの都合で食べる事かなわず取りあえず冷凍庫行き。

この「取りあえず冷凍庫行き」になっている「パン類」と、在庫の粉物の消費が一時帰国までの課題なり。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

昨日日曜日、「パパと娘のデート」と銘打って、ご近所の日本人父さん3人と娘っこ達計7人を"Six Flags"という遊園地に送り出した。このデートの副題は「お母さんは家で昼寝」(笑)。

f0141867_1301336.jpg
撮影 byニー

先週まで5月というのに未だ肌寒い日が続いていたのだけれど、日曜日は「夏らしい」というより、それを越して炎天下の中、うちの子達は思う存分遊園地を楽しんで来た。その裏で一緒に出かけた大人と子供は暑さで途中ダウンしたという話もあるのだけれど。

本当の所この企画、実は前夜までキャンセルしようかと一人悶々と考えていたのだけれど、それはひとえに日曜日というとうちの子達に取っては休日ではなく、「補習校の宿題をやる日」だから。遊びに行っちゃったりした日には、平日にそのしわ寄せがくるのは目に見えている。

「折角の機会だから行ってこい!行くからには思う存分遊んでこい。でも、月曜日は補習校の宿題もやるんだよ〜。」

今日月曜日、疲れの残る体にむち打って(なにせその遊園地まで片道3時間、昨夜は夜10時に帰宅。)、ニーはなんとかやり遂げた(珍しく現地校の課題が少なかった)ものの、ナーは現地校の宿題を仕上げるのも精一杯で玉砕。
やっぱりこうなるんだよな〜、と思う事かなれ。子供が遊ばないでどうするよ、と、明日なんとか追いつけるように応援(しごき?)するつもりでいる。

さて、一方で昨日一人家に残っていた私。同じく留守番の「お母さん’s」とランチに出かける事もせずにひたすら家でぐーたらする。掃除洗濯をすませ、庭の水やりを済ませ、髪を切りに行き、その帰りに「ぐーたらセット」と題してチキンやチップス、ハーゲンダッツのアイスクリームを買い込んでレンタルビデオを借り、午後はそれらを貪りながら(ちょっとワインなんかも、ね)映画を堪能。

くぅーっ、幸せってやつぅ〜。

借りた2本の映画を観終わって「ぐーたら」にも飽きが来て、しかし未だ帰らぬ家人を待ちながらテレビのチャンネルをあれこれ探っているときに出くわしたのが「太りすぎた男性の生死をかけた戦い」とかなんとか。体重360キロの巨体になり、自らでは自分の体も起こせずベットで寝たきり。このままでは余命2年と宣告され、脂肪除去の手術の前にまずは胃を小さく切って、食欲を抑える所から人生の転換を図ろうというドキュメント・・・あまりの肉肉しさに食い入ってみてしまった。

ここまで行くとさすがに自分の現状とは(幸い)かけ離れすぎていて緊迫感は起こらない・・・けれど今朝ジムに行って体重を計ったら、あの彼のベットでの様子が頭をよぎり。いやいや、違うんだけど。(笑)

まあ、たまにだから、ね。今回は良しとしよう。
折角うまく行っていた春先のダイエットがきれいさっぱりリバウンド以上。
帰国前、冷蔵庫のダイエットとともに「ダイエットシリーズ 初夏」やります。

「ダイエットシリーズ 秋」も当然予想済みですけどね。(笑)
[PR]
f0141867_125583.jpg


古い話だけれど。日曜日にバーベキューパーティーがあった。お肉にはあっさり系のデザートがいいかなと、キーライムタルトを作って持って行った。(タルトと呼ぶべきかパイと呼ぶべきか?)
今回のタルト生地は市販の生地で手抜き。キーライムはメキシコ産で2lb=約900g入った袋が確か1ドル・・・つまり、ライムタルトを作るつもりはなかったのだけれど、あまりの安さに釣られて買ったライムを消費すべくタルトを焼いた、といういつもの逆発想。

ニーにはえらくウケていて、「また焼いて!すぐ焼いて!」と言うのだけれど、小さいライムを半分に切ってレモン絞り器で一つずつ絞る作業がえらく大変。おかげで右手首が久々に痛くって。

「ガーリックを絞るような感じの『ライム絞り器』が売っていたような」

と思い、近隣を探したけれど見つからず。あ〜あ、頑張ってライムを絞るとするか〜。

 □ □ □ □ □ □ □

f0141867_1353293.jpg


さて。

夏休み前の行事連チャン。

昨日の朝は、ナーの学校で朝食会あり。成績の良かった生徒とその保護者が招待されての朝ご飯付き表彰式。実態は、全生徒の半数が参加。つまりこれに参加できなかったら「来年はがんばろうね」・・・?!
「参加できて良かったね」と喜んでいたが、実はこの会、去年までは保護者も招いてのディナーパーティーだったらしい。(ジュニアハイ=中学のことなので知らなかった)今回はあっさり朝ご飯。教育現場の予算カットもこういう所に影響が。

というより、そもそも「成績優秀者の表彰式」と銘打つなら、もっと上位の生徒だけ集めて経費を集中させて豪華にしてやればいいのに、と思うのは「厳しい」のだろうか?

この朝食会、出席の返事をした際にニーも連れて行っていいかと尋ねると(登校前の時間だったので)今回は保護者のみというお達し。ということで夫がナーに付き添い写真やビデオを撮って来てくれた。ここの所何かというと私が参加していたが、夫だって子供の晴れ姿を時下にみたい。行くときには嫌々だったナーが、夜帰宅した夫に、「来てくれてありがとう」と言ったので夫とともに感動。

「私がナーの頃にはもっとひねくれてたよ」

と、感心する。(笑)

そして午後はニーの学校へ。放課後のアクティビティ(部活のようなもの)でMashballというソフトボールの簡単版。その最後の日に保護者の見学会が催され、

f0141867_1415974.jpg


ニーは思いっきり振って、

f0141867_1443370.jpg


思いっきり空振りする。(笑)

うそうそ、ちゃんと4打数4安打、ヒットを打った。ただ、打ったけど捕られて塁に出られず。ということはやっぱりノーヒットと言う事か。(笑)

日曜日のバーベキューの時に胃をやられ月曜日は一日悶々と過ごし、火曜日は昼食会での食べ過ぎ(!)と午後寒い中でのマッシュボールの見学で体調崩し、体中がもったりしている今日水曜日。
例年ならこの週末には夏休みに入る所が今年は年度の日程が後ろにずれているので、我が家の学区だけまだ残り後2週間ちょっとあり。もう、親が出て行く行事はなかったかな?早く休みに入ってほしい!!

4月上旬の「暑さ」を経た後ここしばらくずっと「寒い」日が続いていて、なんとも調子が上がらない。ブログも相当さぼり気味だけれど、パンもずっと焼いてないけれど、やっぱりもうしばらくさぼりそうです。
[PR]
f0141867_4494744.jpg


スペルト小麦と冷凍していたパートフェルメンテ(中種)を使ってパンを焼いた。
あっという間に過発酵になり、カンパーニュにするつもりだったけれど型くずれにおびえて型に入れて焼いた・・・ら、案の定、バウント型のサイズが大きすぎて山食にもならなかった。
アメリカのバウンド型は容積が大きいのに高さがないから使いにくい。今回のこれは意外に可愛い形に出来上がったんですけどね。切れば一緒か。(笑)


味の方は、過発酵が抑えられたようで、中身ふわふわで味の密度の高いパンになった。以前焼いたものと全然違う。中種を使ったのが良かったのかもしれない。なるほど、全粒粉のパンと風合いは似ているけれど、もっと旨味がある。
美味しいけれど、粉の値段を考えると頻繁には作らないと思う。

帰国を前に、粉も在庫処分。うまく使い回して行かないと!
勿論、冷蔵庫の一掃が先決ですが。

「空の冷蔵庫」

はある意味、主婦のあこがれでは?
ぜいたくで我がままな話ですね。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

f0141867_4551693.jpg


二晩続いた子供の学校でのコンサートも終了。
昨夜はニーの学年(4年生)がリコーダーを吹いて、それにナーの学年(6年生のバンド)が伴奏するという演目があり、私達はずいぶん楽しませてもらった。
ちなみに観客席で待機中のニー達の背中にあるのは、安全ピンでとめた楽譜。演奏する時に、前の子の背中にある楽譜を見ながら演奏。これも毎年のこと。

ニーも5年生になったらバンドに入れるのだけれど、今まで全く音楽に興味を持たなかった彼女が、ここに来てリコーダーで面白くなったか、

「サクソホンやる!」

と言って楽しみにしている。加えてナーが入らなかったジャズバンドにも入って、サックスのソロを目指すとか。
「ははは、ナベ貞じゃん。いいねえ」と私達は呑気に喜んだが、ちょっと、冷静に考えるとなんだか・・・

ナーがやっているフルート人口と比べてサクソホンの需要と供給が少ないので、eBayでも手頃でいい感じの出物が少ないのと、

レンタルにせよ、買うにせよ、手間かかるんだからすぐに飽きたりしないでくれよと願いつつ、

練習しないと言ってはまた小言が増えそうだし、

練習すればしたで、騒音が増えるし。練習時間で姉とバトル。(笑)

どうなることやら。

 □ □ □ □ □ □ □

ああ、とうとう雨が降って来た。後15分持ってほしかった。
今朝は「午後からストームになるよ」と言っていたのに自転車で登校したナー。ずぶぬれになって帰ってくるか、お迎えの要請がかかるか。
明日も雨の予報だから二日も自転車を放置する訳にいかず、自転車が盗まれたら困るから自転車だけは持って帰ってこい。

そう言ったら「ナーと自転車とどっちが大事?!」とか言うのだろうな。

そりゃあこの場合、自転車の方が大事なんですってば。(笑)
[PR]
f0141867_6453032.jpg


結局今日も朝からお菓子を焼いた。
今晩のお茶会のお菓子よりも、「今年度一年間お世話になったコーラスの先生とバンドの先生に『サンキューカード』を渡さねば!」と思い出し、ならば一緒にお菓子も添えようと、アーモンドパウダー入りのクッキーと、レモンの皮をすりおろして入れたマドレーヌを焼く。

ついでにお茶会のお菓子も追加して持って行く予定。

昨日の晩、コーラスでは全体合唱と別に選抜組の合唱があり、ナーもその中に入れてもらい一生懸命歌っていた。ついでに会半ばに、先般の"Band-O-Rama"(ブラスバンド)で良い成績を取ったデュエットやカルテットの3組が演奏。ナーはフルートのデュエットで出演させてもらう。

我が子が大勢の前で晴れ姿を披露して、デレデレの親ばか二乗。
ビデオとカメラを振り回している親にあきれ顔通り越して怒っているナーの顔をしっかり映像に収めたなり。

馬鹿みたいにはしゃぐ親をうっとうしいと思ってもよし。こうやって馬鹿みたいに喜んであげられるのも親しか居ないんだから。いいじゃん、ね。

ということで、今晩も楽しみだっ!(笑)
[PR]
f0141867_4591537.jpg


今朝フィナンシェを焼いた。
今日と明日の晩、ナーが学校で参加しているコーラスとバンドのコンサートがあり、明日のファイナルの後、学校のカフェで参加者全員集まってお茶会をするのでその時に持って行くお菓子として。2ダース焼いたら冷凍庫で出番を待っていた「残り物卵白」が全部捌けた。よしよし。

「可能な保護者はクッキー1ダース持って来てくれると有り難い。が、そのお菓子が何であるかは保護者のお好みに任せます。」

という内容のレター。持ってくる保護者もいれば、持ってこない保護者もいる。いつものことながらそういう感じ。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

土方、一応一段落。一先ずここは水やりに専念し、来年の様子を見て追加するべし。
こうやって、ガーデニングの好きな人は毎日、毎年、子供のように庭を育てて行くのだなあと感じた次第。今まで気にも留めなかったのに、今では新芽を狙って朝ご飯にやってくる子ウサギやリスを追いかけ回す変わり様。百合1本やられた。丁度花咲く部分を残して、綺麗に葉っぱだけごちそうさま。なんとも腹の立つ事!

しかし、今回なんとか形にできたのは友人のおかげ。その友人が、

「毎年根を分けたり植え替えたり、新しい球根を植えたり、根を交換したり。楽しみは尽きないのよ!!」

と力説するのだけれど、私の頭は既に「来年でケリ付けてやる!」と、早くも2年で切り上げるゴール設定。

これ以上のめり込むと、愛着わいてここから離れられなくなりそうな気がする。
そういう意外な面も、やってみて分かった事かな。
[PR]
f0141867_1250168.jpg


金曜日に焼くスウィーツ系のパンは土曜日の朝ご飯。
その心は、朝から甘いものがつんと食べて気分はハイパー。片道160km走るエネルギー。

今日焼いたアップルシナモンロールの原イメージは不二家のアップルロール(?)。
小さい頃、あれが好きだった。

このパンの焼き上がりを見たナーは一言、

「形は練習だねえ」

君、不二家知らんし!

1週間ぶりのパン焼き。酒粕酵母、生きていて良かった。



 □ □ □ □ □ □ □

さて。

日曜日から始めたガーデニングの日々。
一通り土台が出来上がったので次は実際に植え込みに入りたい今日だけれども、まさに恵みの雨で体を休めた。髪の毛洗うまで突き指していることに気がつかなかったし、右手首ガクガクだし、昨夜何の気なしに腰に「カプサイシン入り」の塗り薬を塗ったら、夜中になって痛みと汗で目が覚め、火傷をしたようなヒリヒリ激痛で眠れず、腰に「アイスノン」敷いて熱と痛みをこらえて寝直した。

カプサイシン=唐辛子エキス。

効くのは遅いけれど、浸透した後は怖い。
24時間たった今、お風呂上がりはまた熱を持っている。いやはや。

ガーデニングは「土方仕事」だと思い知ったなまっちょろい私。
しかし、一方で日差しうけながら労働する事の純粋な疲れに甘美な余韻もあり。

やっぱり「M」ですか?(笑)
[PR]
f0141867_1222095.jpg


土曜日の晩は、補習校の終了後にアイススケートのショーを観に行った。
ナーの補習校のお友達が「出演するから」と誘ってくれたので。
子供も食い入るように観ていたが、親の方も感動しまくりあっという間に時間が過ぎた。実はアイススケートのショーを生で鑑賞するのは初めて。本当に素敵でした。親御さんのご苦労にも心底感動しました、はい。

終わってから、案の定二人から、

「やっぱりシカゴはいいな、スケートも習えて。ねえ、スケート習いたいよ〜。」

という、クレームが出る。して、「ああ、はいはい。」と聞き流す。私だって住めるものなら住みたい。(笑)

ちなみに、そのショーの後で会場の空気が冷たくて乾燥していたからか?「喉の調子が悪い」と言っていた夫は、今日熱を出して寝込んでいる。スケート鑑賞で興奮しすぎたか。(笑)

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

金曜日に仕込んで冷蔵庫で寝かせ日曜日の夜に焼いた「セモリナパン」は、ほったらかしで型からこぼれるぐらいに膨れ上がった過剰な発酵で異様な形態をなし、写真を撮る気も失せた(味は良かったのでだけれど)。

パンを発酵途中でほったらかしにしてしまういい加減さはいつものことだけれど、今回はオーブンに火を入れる意思も失せるぐらい、土を掘っていた。日曜日は2時から7時、今日は10時からお昼を挟んで4時半まで。昨日パンの写真が撮れなかったのは、「腕が震えてカメラが持てなかった」という「いい訳」もある。

もう両腕フルフルで、腰痛で、足ガクガク。
隣の婦人が「夜はぐっすり眠れるでしょう。」と声をかけてくれたが、昨夜は疲れすぎて眠れなかった。閉じた目の裏で「ひっくり返す土の映像」が何度も何度も繰り返されて・・・

なにせ「先生」が厳しい。
日曜日に独り芝生を掘り返した1.3m×5.6mの長方形を、

「掘りが浅いからまた芝生がでてくるの。これぐらい(深さ20cmぐらい)掘り返して!」

と、ダメだし食らった。これを掘り返して土を作り直さないと実際に「植える」所まで進めないので、

「もうこれで休もう。いや、もうこのままヤメてしまおう。気長にやったらいいじゃないか。来年でも?」

などと、だんだん気弱になってくるところを、なんとか持ちこたえた。

「いいダイエットじゃん!」とか
「昔の開拓団はこういう苦労を続けたんだ!」とか
「パン教室に行ったらこの程度のダメだしで凹んでらんないぞ!」とかなんとか自分に言い聞かせながら。最後のフレーズが一番効いた。(笑)

ということで、「先生からの宿題」(明日も検閲手伝いに来てくれる。オッケーもらえるか自信はない。)もなんとか終えて、文字通りドロドロになって家に入ると、待ち受けていたのはニーの宿題。今日は月曜日。毎週恒例 "Extra Credit" という

「やんなくてもいいけど、やったらご褒美に点数上乗せ」

という宿題が待っていた。せめてシャワー浴びるまで待ってください。(泣)

今日のクイズは、

「以下の短縮された文章を正しい文章に直しなさい。」

というもの。例えば、

7D in SW → 7 dwarfs in Snom White.(白雪姫と7人の小人)とか、

12I in a F → 12 inches in a foot. とか、このパターンに添って、20題を解いて行く。

いつも一応最初はニー1人でさせて、限界が来たら私が手助けするという流れをとるのだけれど、彼女のあきらめはもの凄く早い。(笑)基本的にこういう宿題は「親が手伝ってなんぼのもん」なので、いつも間違えていようがなんであろうが、意地でも埋めて出すようにしている。
私がこういうの好きだから、ナーもニーもラッキーだと思う。ホントに、ねえ。

が、どうしても分からないときにはネットを頼る。世の中には似たような親がいるもので、こういうサイトに行くと、似たような質問と答えが大概みつかる。そして、

「世のお母さんは皆大変だ!」

と、それを励みにしてまたクイズに戻る。(笑)

で、ニーの宿題をやりながら、ナーが宿題を終えるのを待っている私。
今日は特に宿題が多いとかで、10時を過ぎたのに未だ終わらず。
私ももう、寝たいのに・・・早く宿題、終わらせて〜。(笑)

と言ってる間にブログ一日分書けましたね。睡魔に勝てずやり残したナーは朝5時半に早起きして残りを片付けるとか。ついでに私も起してください。(笑)
[PR]