<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

すいません、最近「速やかなコメント返し」に以前以上自信がなくてコメント欄を閉じさせて頂いております。が、これは単に「さぼり」です。皆毎日元気に過ごしています。ありがたいことです。が、コメントの件に関してはそういうことで、お許しください。

f0141867_7563537.jpg

先週末に焼いたパン。
普通の食パンの配合に缶詰のとうもろこしを入れた。とうもろこしの水分で生地はヤワヤワ、奇をてらって丸いスポンジケーキの型に入れて焼いた。

f0141867_7564024.jpg

とうもろこしをいれると甘くてふわふわ。
そう言えばニーのリクエストでチーズも入れたのだった。
二人のも大ウケのパンでした。

ちなみに、昨日といい今日といい、パンなんか焼いてのんびりぜいたくな、と自分でも思うのだけれど、言い訳すると、材料は以前からあったもの。そろそろ在庫も尽きるので、むしろこれから(パンやお菓子を焼くについて)どうしようかなあと思っている。

普段から我が家は(私は)ファーストフードも買わない。お店で甘いものも買わない。そもそもつつましく生活していて、冷蔵庫にも戸棚にも、余計な食材が殆どなく。水も非常食も全く備えていないから、ここんところは逆に、いざとなって皆に迷惑かけないよう、ちょっとだけ気をつけようと思っている。

むしろ、「もっとタンパク質を取らせないと」と思っていたほどなので、このまま我が家的に「普通に」暮らして行くつもり。

さて、お弁当のお話。

春休みが始まって毎日女子3人がお弁当の昼ご飯。
菜の花のおひたし、ごぼうのきんぴら、れんこんのきんぴら、かぼちゃを炊いて冷蔵庫に備えておけば、あとは頂き物のいかなごと、メインにちょこっとお肉やお魚を焼いて。毎週そんな感じで乗り切っているお弁当は、開くと「茶色い弁当」。女子中学生に一番嫌われるお弁当だとか?

そして昨日、ナーが言うに、

「今日、皆からいかなご取られたわ〜」

さすが神戸のお嬢達。中学生からしてよそんちのいかなごの味が気になるらしい。(笑)

「そういえば、この前はほんとにクラスの殆どの子のお弁当にいかなごが入ってたんだよ〜」

ええ、私の職場でも毎日いかなごの話でもちきりですわ。(笑)

ちなみにこの現象、神戸近辺だけの特有のものだと言うとナーもニーも不思議そうだった。なにせ、アメリカにいても毎年イカナゴを頂いていましたからね。

ということで、季節の味を堪能できる幸せ。
ありがたく噛み締めて、毎日感謝して生きたいと思っています。
[PR]
f0141867_8103120.jpg


粉250gに対しバター110g。
パウンド型に入れて山食風に焼いてみた。2日で消費するつもりで6枚に切ったら、ナーにはちょっと物足りなかった様子だけれど、「一枚にバターがこんだけ入ってるよ」と指を丸めて見せたら、一気に引いていた。
でも、メープルシロップ掛けて食べた。

パンの耳の方が美味しい。
さくっとしていて、デニッシュのようなクロワッサンのような感じ。まあ、それをブリオッシュというのだけれど。
ナーの「クロワッサン食べたい」攻撃をかわすのにいいかも。

幸せ。贅沢。
こんなことしていていいのか、と思うからなんだかブログにも気が入らない。


ニーからは側面の凹みを指摘され、「練習しなきゃ」と指導が入った。
なんでだか、最近食パンを焼くと、型から出した後の凹みがひどい。
うーん。

思うこと綴りたいことたくさんありますが、時間切れ。
また明日!
[PR]
f0141867_18524376.jpg


1本だけあったさつまいもと、それだけではちょっと物足りないからリンゴを一緒にバターと砂糖でソテーして、メープルシロップやシナモンやラム酒でしっとり目に焼いたケーキ。
素朴な甘味がいいのです。

が、しかし。
こういうのしか焼かないからか、最近無性に「生クリームてんこもりでこってり」なケーキが食べたい。
で、先日外出先でお茶した時に「モンブラン」を食べた。
なにがトピックかと言うと、私はあまりモンブランを食べない。生まれてこのかた、合計3つぐらい。
そして食べてみた感想は、「いいかもしれない」。

年を取ると味覚が変わるっていうからなあ、とその時は思っていたけれど、こうやって書いてみるとくりもさつまいもも風味は似てる。単にクリームが付いているかいないか、だけの違い。

今まで「好みじゃない」と思っていたのは大きな勘違いだった、というお話。


さて。

昨日日曜日は、ナーが参加する吹奏楽部が市内の中学校と合同練習会をし、そこで保護者観覧オッケーの演奏会もするというので、観に行って来た。だいたい、彼女の部活に関しては、一方的に反対するばかり。一度はその様子も観てみようと思い。

上手かった。
ナーがアメリカでやっていたのとはエライ違い。
演奏の質もさることながら、その場に臨む気合と姿勢が違う。

先生の言葉一つ一つに間髪入れず「はいっ!」と返事するその全員の声が全て重なって乱れていない。
ナーが「先生より恐い」と言っていた「先輩」達の貫禄。
そして「合同練習会」と銘打ちながら、実は夏のコンクールを目指し、競合校の状況把握を目的としているのがありありと。

まだまだ曲は出来上がっていないけれど、なかなかの上手さ。確かにそのレベルを目指すなら、朝から晩までの練習もやむなし、と思った。

が、子供達はその努力を心から楽しんでいるのだろうか。

どうしても顧問の先生は、子供の心情や意向を無視してただひたすらコンクール入賞を目指しているように見えてしまう。子供達に入賞の栄誉と喜びを与えたいと思っているのか、あるいは、その栄誉は先生のためにあり、結局自分のキャリアと布石のためではないかとうがった見方もしてしまうのは、私がまだナーの部活に納得し切れていないからだろうか。

高見を目指す者は、こんな甘いことを言ってられない。こういう輩は結局何をも成し遂げられないんだよね。
と、自分のへなちょこさを子供に教わった母。
「部活よりも勉強してほしいんだけど、な。」
なんて思っていると私には彼女達の奏でる音楽がトゲトゲと、違和感感じた午後でした。

まっ、単に彼女達の音色がまだまだ割れていたってこともあるんですけど、ね。
[PR]
f0141867_1344313.jpg


友人と散歩して来た。
神戸元町をてくてくと歩いて来た。
その友人の友人がジャズライブをするので観に行こう、というのがきっかけだったけれど、そのメインのライブを真ん中に挟んで、てくてく歩いて来た。

大丸を冷やかして、元町の路地に入って、かわいいカフェでランチして、またお店を冷やかして、ライブ行って、またお店を冷やかして、でも、やっぱり誘惑に負けたりして、またケーキ食べたりして。

「私達二人、思えばいっつも歩いてない?」
「大学の時から、しょっちゅうこの辺歩いてたよね。歩き倒したよね。で、『お店わかんない』とか言いながら結局今もわかってないやん。」
「20年経ってもやってることが変わってないって、いいね。」
「同じことしてるって、幸せだよね。」

神戸の震災もあったけれど、日本の東ではこうしている今も涙流している人がいるけれど、でも、まずは今私達二人が変わらずにいられる幸せを感謝しよう。

で。

締めくくりは両手一杯に食材を抱えてバスに乗る。小さな子供ぐらいある大きな丸ごとの白菜を抱えた彼女。
家に帰れば、二人ともはらへりの子供が待っている。

ここんとこがね、優雅じゃないんだけど、ね。
[PR]
f0141867_16171890.jpg


バゲットはもうあきらめた!

が、パン屋さんで買ったリュスティックを食べながら、

「でも、リュスティックなら、まあまあなんとかなるんじゃないの?」

と思い直し、また、足掻いてみる。

まあ・・・まあ、ね。 自分で食べる分には美味しかった。「良しとしよう」と思った1週間前のお話。

さて。

我が家なんぞゆれすら気がつかずに何の被害もなく、その後も普通に暮らしている。
阪神大震災のことを思いだして恐怖感湧くかと思ったが、ニュースで被災地の様子をみると私の経験なんぞ小さな小さなもの。地球儀の上では針で点を打つ距離で震源地の近くに住んでいたものの被害なく、本当に幸運だったと思う。だから、自分の経験を引き合いに出すのもおこがましいと思うし、心は痛めど自分に何が出来る訳でもなく、まずは、ただ普通に暮らそうと思っている。

が。

この近辺でも電池売り切れ、らしい。
「らしい」というのは、買い物に行ってないから知らない、ということ。
つまり、近辺で買い占めが起こっているという噂は私には「噂」であって、(目の前はスーパーなのに)目で見て確認していないから何とも言えない。
必要が生じるまでこのまま買い物に行かず、そうすればその内落ち着くだろうから自分が無駄な労力を払って嫌な思いをすることもないのだし、そもそもそれでこそ被災地に迷惑をかけることもないのだ、と決めた。

が、

キーボードの電池、切れるかも。
誰がキーボードから線をとったんだ。


とぼけたことを言っていられる今に感謝。
自分ちでパン焼いて、焼きたてパンを食べられること自体が本当に幸せ。
そのパンを上手いかどうかなんて、本当になんてちっぽけなことでしょう!!
[PR]
f0141867_13561875.jpg


チーズロール。
本当はシナモンロールにしようと思っていたのだけれど、ニーが以前にも増して甘いパンを嫌がる傾向にあるので、チーズのパンにした。最近太り気味なのを気にしながらも、朝からトースト2枚。がっつりバターを塗ってメープルシロップ掛けて幸せそうなナーの顔を思うと・・・いやいや、むしろここは心を鬼にして。


水曜日がお休みと言っておきながら、いきなりシフト変更で今日月曜日は休み。
お休みのはずだった今週水曜日は急遽「健康診断」が入ったので出社となり、その代わりに。

健康診断ですよ。またバリウム飲むんですか?
私、大学卒業して就職して以来健康診断だけは縁あって、毎年とは言わずとも、結構な回数を受けてますよ?バリウムだって、「失敗」して飲み直しをさせられた回数を入れたら、相当飲んでますよ?
で、就職したらいきなりまた健康診断、ですか?
ありがたいやら・・・

でも、今回は感動したことが一つあり。
「大腸がん検査」、いわゆる「検便」ですね。事前に渡されたそのセットに、「水に流せる。トイレに敷くシート」というものが付いてたんですよ? ええ、知る人ぞ知る、あの検査は結構面倒です。他の人はどうしてるんだか、と思いつつ、人に聞けない疑問符。やっぱり、思う人いれば考える人もいて。世の中進歩してますよ。それとも、日本では以前からこれ、付いていましたか?

さて。

三連休は思いのほかヒマヒマ。
いくらなんでも、週末三連休のテーマは「検便」、ってわけではないのですが。
折角だから春物仕入れにお出かけしようと思ったのに、ついパンを仕込んだら、結局今日も出そびれてしまいました。

「やっぱり出かけなくてもいいか」なんて思うと、パンは仕込んだくせに、顔も洗ってません。もう3時間もすれば夕方ですから、そうしたらお風呂に入るし、まあいっか、ということになります。そうしたらコンタクトもいれてないから、本を読むことすら面倒です。
そう言えば、アメリカにいる時は何かあったらすぐ車を出す必要があったので、とりあえず、コンタクトを入れるために顔を洗っていたのでした。いやいや、それも嘘です。そう言えば、眼鏡かけて車を運転していたら、「ママ、もしかして顔も洗ってないの?」とニーに突っ込まれたこともありましたっけ。

ご心配なく、歯は磨いてますから。(笑)

f0141867_14162362.jpg


プルマンは先週水曜日に焼いたもの。

ちなみにこのプルマンも先のチーズロールも酒粕酵母メインで、ほんの1gイーストを足しました。そうしたら、発酵時間が酒粕酵母だけの時の半分以下(約90分)で完了。しかも酒粕酵母特有のしっとり感が残っていて双方のいい所取りという感じです。

えっと、今朝市販の食パンを焼いて食べていたら、ナーが

「これは、ママのパン?」

と聞くのです。理由は、「アメリカではこの形のパンがなかったから、今はどっちかわかんない。」と。見分け方は簡単です。綺麗に切れていたら市販の食パン、綺麗じゃなかったらママのパン。いえいえ、聞くまでもなく、一目瞭然。食べたら簡単に見分けがつくはず。

こういう時、黙って食べているニーは、冷ややかな表情の上に言いたいことが浮かんでいて、でも、敢えて言葉にしない所が怖い。いや、向こうにしてみれば「言うのが怖い」でしょうか。そう思うと、ナーのあの言葉は、私への「おべっか」だったのでしょうか?! とすると、ニーのあの表情は姉のそれへの嫌悪感?

いやいや、なかなか奥も深いようで。

ということで、十分だらだらしたので、そろそろ晩ご飯の支度します。
こんな日記にコメント頂いてもお恥ずかしいので、コメント欄を外します。
すいませ〜ん。
[PR]
f0141867_14511312.jpg


今日は中休み。
水曜日が休みなのはとっても嬉しい。二日お仕事行って水曜日に家事して、またお仕事に行ってお休みして。
素敵すぎる!
ちなみに、ゆるゆるなのは今この時期だけらしいですが。(笑)

さて。

明日のひな祭りを前に、一足早く今日お祝いしちゃえ!
ということで、朝からちらし寿司の具を仕込み、抹茶ケーキ入りのプリンパフェを作った。

抹茶のスポンジケーキを焼いて一口サイズに切って、市販のプリンと刻んだ苺をあわせて生クリームを絞り出す。

私には「美的センス」というものが全くない。もう何回も言っているから言う必要もないと思うけれど。
頭で思い描いていたプリンパフェとは全く違うものになってしまった。イメージトレーニングしたのに。
う〜ん。



休みだから何しよう。
休みの前はあれこれ考えるけれど、その日になると結局パタパタと、時間がスリッパ履いて逃げて行く。

そろそろニーも帰ってくる時間。
あっという間にタイムアウト。
でも、仕事を始めて、「おかえり」って言ってはもらうけど、「おかえり」って言ってあげてない。(いや、塾からの帰りには言ってますが)
今日は大声でおかえり〜って言って、迎えようと思う。




それも休日、ってこと。
[PR]