f0141867_1413392.jpg


「ぜいたくしてない」、「甘いもの買ってない」と前回書いて、いきなり嘘つきのようだけれど,
久しぶりにミスドのドーナッツを買った。

立派な経済活動である。
こういう時期だからこそ、こういう消費は、しないといけない。

ナーとニーの表情からは、「そんなに言い訳しなくていいよ」という同情もありありだけれど、これは真実なのである。言えば言うほど言い訳臭いのが難だけれど。

さて。

仕事帰りにドーナッツ片手に帰ったら、

「よっぱらったお父さんが、こうやってお土産に買ってくるんだよね。」

と、ニーに言われた。そんなのどこで聞いた?

「パパだったら、しないけどね。」

うちでは私が、「酔っぱらいのお父さん」ですか?
ええ、キャラ的に合ってますけど。

実態は「お好きなドーナッツ8個とマグカップのセットで1000円」というキャンペーンに負けただけ。普段はこういうキャラものに一切興味なし。ところが前日にテレビで「ミスドの裏側」を見せる番組を見ていたニーが、そのグッズ作りにいたく感動していたので、実物をみせてやろうかという魂胆。
そ結果は、案の定、予想以下の薄い反応。無理して喜んでいるフリしていたニー。
やっぱり我が家的に、無駄なことはしないで良いらしい。

「明日のあさごはんに食べる」と言う二人。「夕食後の甘いもの」と目論んでいたおかんは、子供の手前、手を出せず。
そして朝ご飯には予想通り、「全部シェアして食べようね」と言うので、8つのドーナッツを切り刻んで朝ご飯にした。

アメリカのドーナッツが恋しい。

口が違う方を向いてしまっているなあと、しみじみ思う朝でした。
[PR]
f0141867_852440.jpg


へっぽこプルマン。
私は決して、人を笑わせるためにパンを焼いているのではない。
と、思っているのだけれど、私の写真を集めたら見事な「失敗集」ができる。
見る人皆ご存知だからと言って、ましてや失敗集を集めて本にしようなどと目論んで、わざと失敗している訳では決してありませぬ。

だから辛いんだな。

さて。

最近プルマンが凹む凹む。
アメリカから持って帰って来たフードプロセッサーが、日本の電圧が合わないからか、全く持ってへなちょこなので、捏ね具合が足りないのかと思うけれど、あるいは過発酵か?と疑うけれど、どうにもこうにも上手く行かない。
せっかく買ったスプレーオイルも、なんでだかうまく効かず、型離れが悪いというのも大きな要因かと思うのだけれど。

しかし今回はもっととんでもないことに。
柏手叩いて祈りながらオーブンに入れた生地。
途中でバン!と大きな音がして、見るとプルマン型のふたがオーブンの中で吹っ飛んでいた。

どうやら、膨らんだ生地の力でフタが吹っ飛んだらしく。
そしてその反動でか?、生地がぼこっと凹んでましたとさ。

ありえない、と思うんだけど。

ここまで来たら、徹底的に笑いを取る方に走るか?
[PR]
すいません、最近「速やかなコメント返し」に以前以上自信がなくてコメント欄を閉じさせて頂いております。が、これは単に「さぼり」です。皆毎日元気に過ごしています。ありがたいことです。が、コメントの件に関してはそういうことで、お許しください。

f0141867_7563537.jpg

先週末に焼いたパン。
普通の食パンの配合に缶詰のとうもろこしを入れた。とうもろこしの水分で生地はヤワヤワ、奇をてらって丸いスポンジケーキの型に入れて焼いた。

f0141867_7564024.jpg

とうもろこしをいれると甘くてふわふわ。
そう言えばニーのリクエストでチーズも入れたのだった。
二人のも大ウケのパンでした。

ちなみに、昨日といい今日といい、パンなんか焼いてのんびりぜいたくな、と自分でも思うのだけれど、言い訳すると、材料は以前からあったもの。そろそろ在庫も尽きるので、むしろこれから(パンやお菓子を焼くについて)どうしようかなあと思っている。

普段から我が家は(私は)ファーストフードも買わない。お店で甘いものも買わない。そもそもつつましく生活していて、冷蔵庫にも戸棚にも、余計な食材が殆どなく。水も非常食も全く備えていないから、ここんところは逆に、いざとなって皆に迷惑かけないよう、ちょっとだけ気をつけようと思っている。

むしろ、「もっとタンパク質を取らせないと」と思っていたほどなので、このまま我が家的に「普通に」暮らして行くつもり。

さて、お弁当のお話。

春休みが始まって毎日女子3人がお弁当の昼ご飯。
菜の花のおひたし、ごぼうのきんぴら、れんこんのきんぴら、かぼちゃを炊いて冷蔵庫に備えておけば、あとは頂き物のいかなごと、メインにちょこっとお肉やお魚を焼いて。毎週そんな感じで乗り切っているお弁当は、開くと「茶色い弁当」。女子中学生に一番嫌われるお弁当だとか?

そして昨日、ナーが言うに、

「今日、皆からいかなご取られたわ〜」

さすが神戸のお嬢達。中学生からしてよそんちのいかなごの味が気になるらしい。(笑)

「そういえば、この前はほんとにクラスの殆どの子のお弁当にいかなごが入ってたんだよ〜」

ええ、私の職場でも毎日いかなごの話でもちきりですわ。(笑)

ちなみにこの現象、神戸近辺だけの特有のものだと言うとナーもニーも不思議そうだった。なにせ、アメリカにいても毎年イカナゴを頂いていましたからね。

ということで、季節の味を堪能できる幸せ。
ありがたく噛み締めて、毎日感謝して生きたいと思っています。
[PR]
f0141867_8103120.jpg


粉250gに対しバター110g。
パウンド型に入れて山食風に焼いてみた。2日で消費するつもりで6枚に切ったら、ナーにはちょっと物足りなかった様子だけれど、「一枚にバターがこんだけ入ってるよ」と指を丸めて見せたら、一気に引いていた。
でも、メープルシロップ掛けて食べた。

パンの耳の方が美味しい。
さくっとしていて、デニッシュのようなクロワッサンのような感じ。まあ、それをブリオッシュというのだけれど。
ナーの「クロワッサン食べたい」攻撃をかわすのにいいかも。

幸せ。贅沢。
こんなことしていていいのか、と思うからなんだかブログにも気が入らない。


ニーからは側面の凹みを指摘され、「練習しなきゃ」と指導が入った。
なんでだか、最近食パンを焼くと、型から出した後の凹みがひどい。
うーん。

思うこと綴りたいことたくさんありますが、時間切れ。
また明日!
[PR]
f0141867_18524376.jpg


1本だけあったさつまいもと、それだけではちょっと物足りないからリンゴを一緒にバターと砂糖でソテーして、メープルシロップやシナモンやラム酒でしっとり目に焼いたケーキ。
素朴な甘味がいいのです。

が、しかし。
こういうのしか焼かないからか、最近無性に「生クリームてんこもりでこってり」なケーキが食べたい。
で、先日外出先でお茶した時に「モンブラン」を食べた。
なにがトピックかと言うと、私はあまりモンブランを食べない。生まれてこのかた、合計3つぐらい。
そして食べてみた感想は、「いいかもしれない」。

年を取ると味覚が変わるっていうからなあ、とその時は思っていたけれど、こうやって書いてみるとくりもさつまいもも風味は似てる。単にクリームが付いているかいないか、だけの違い。

今まで「好みじゃない」と思っていたのは大きな勘違いだった、というお話。


さて。

昨日日曜日は、ナーが参加する吹奏楽部が市内の中学校と合同練習会をし、そこで保護者観覧オッケーの演奏会もするというので、観に行って来た。だいたい、彼女の部活に関しては、一方的に反対するばかり。一度はその様子も観てみようと思い。

上手かった。
ナーがアメリカでやっていたのとはエライ違い。
演奏の質もさることながら、その場に臨む気合と姿勢が違う。

先生の言葉一つ一つに間髪入れず「はいっ!」と返事するその全員の声が全て重なって乱れていない。
ナーが「先生より恐い」と言っていた「先輩」達の貫禄。
そして「合同練習会」と銘打ちながら、実は夏のコンクールを目指し、競合校の状況把握を目的としているのがありありと。

まだまだ曲は出来上がっていないけれど、なかなかの上手さ。確かにそのレベルを目指すなら、朝から晩までの練習もやむなし、と思った。

が、子供達はその努力を心から楽しんでいるのだろうか。

どうしても顧問の先生は、子供の心情や意向を無視してただひたすらコンクール入賞を目指しているように見えてしまう。子供達に入賞の栄誉と喜びを与えたいと思っているのか、あるいは、その栄誉は先生のためにあり、結局自分のキャリアと布石のためではないかとうがった見方もしてしまうのは、私がまだナーの部活に納得し切れていないからだろうか。

高見を目指す者は、こんな甘いことを言ってられない。こういう輩は結局何をも成し遂げられないんだよね。
と、自分のへなちょこさを子供に教わった母。
「部活よりも勉強してほしいんだけど、な。」
なんて思っていると私には彼女達の奏でる音楽がトゲトゲと、違和感感じた午後でした。

まっ、単に彼女達の音色がまだまだ割れていたってこともあるんですけど、ね。
[PR]