f0141867_16455784.jpg


先週焼いたマカロン。
とうとう禁断の世界に踏み込んでみるも、玉砕。

なんとか見栄えの良さそげなものだけ集めて写真を撮る。
が、残りは、

f0141867_1647728.jpg


こういうこと。(笑)

今回作ったのはココアの生地に、クリームはヌテラ。
勿論ナーは狂喜。ならば良かった。

が、しわしわ、ひび割れのマカロンをみて自分の老化と重ねてしまうのは、自虐的というか悲観的すぎるというか。(笑)

さて。

お仕事順調。子供達もうまくつきあってくれている。
なんともいい所を見つけたと思う。

ナーのおかげで毎日私も弁当持参。今日は午後からせっせと総菜を仕込む。
が、土曜日に作ったお惣菜、月曜火曜と持つものか?
手抜き魂胆もほどほどに。
[PR]
f0141867_1743324.jpg


週末の話ですが。

メロンパン。

こういうのって、一向に上手くならない。

発酵温度が高いとクッキーの生地が垂れちゃうし、温度が低いとなかなかパン生地が発酵しない。しかも今回のようにクッキー生地が伸びなくてひび割れたら、子供達も食べる気が失せるらしく。

クッキー生地の調整の仕方、ぜひ教わりたいもので。

先日、塾が特別授業で長丁場なスケジュール。恐らく休憩時間に何か食べるだろうと、リクエストを聞いたら
「メロンパンが食べたいな♪」
というからオッケーと応えた。市販の袋入りのメロンパン。彼女の頭の中が透けて見えた。

が、「久しぶりに練習しよう」と思って焼いてみた。そして不出来であれメロンパンには違いないと、比較的可愛く出来たのをパッキングして、「今晩持って行きなよ」と声を掛けて仕事に出た。
そして帰って来たら、包装したメロンパンがそのまんまテーブルに残っていた。

そしてお腹ぺこぺこで帰って来た彼女は夜も11時にガツガツとご飯をかき込んでいた。
そんなになるのが分かってるから用意したのに、ね。

まあ、自分の身に置き換えてみたら、やっぱり人前で「こういうの」は食べたくないんだなあと思う。
久しぶりに(仕事場で)人と一緒に自前のお弁当を食べてみて、ナーの苦悩を思い知った。

さて。

仕事始まりました。私自身はワクワクと楽しく。
まだ「仕事」になってません。お役に立てていません。
成果と言えば、久しぶりにパンプス履いて各部署にご挨拶回りをさせて頂いたら、足が筋肉痛になったということぐらいでしょうか。

そして、二日通っただけで、今日水曜日はいきなりお休み。
今月のシフトは二日行って、水曜日お休みで、また二日行って、土日休み。

働く場を得られたことだけでもありがたいと思っているのに、しかも色々と恵まれた環境であるということで、心底感謝している。

以後、パン焼きは遠ざかるかもしれない。でも、休みの日は、今日のように焼くかもしれない。
そして、タイマー忘れてまたまた置き去りにされたプルマン生地が、またまたカクカクにビッチリ角張ってしまうのも、いつもと同じ予定調和な休日でしたとさ。
[PR]
f0141867_9423652.jpg


ベーグルを久しぶりに。

ふと冷凍庫にしまい込んでいた「あんこ」を思い出して、生地にきな粉を仕込んでみる。
そして、クリームチーズ代わりにあんこを挟んで食べた。
美味しかった、けど、欲張って餡を挟めば挟むほどみっともない状況に陥って、最初から詰めて丸めてボールにして焼いたら良かったかな。

ただし、ベーグルのチューイーな感じはナーのブレス(歯の矯正器具)には本来大敵。気にせずものともせずにかぶりつくナーを見て、またやっちゃったなぁと思うなり。

さて。

日曜日。
ナーは朝から塾へ。学年末のテスト対策の補講あり。
ニーは、いとこ達とおでかけ。お誘い受けて「三宮、元町」におでかけ。

「元町なんてつまんないって思うなら断っていいんだよ?」

と問うと、

「うーん、ここんところずっと出かけてなかったから、たまには外に出るわ。」

と言った小学5年生。

生意気!!

まあ、帰国後ちっともお出かけしてないから、遊びに行っておいで。

で、おかんは、えっ? お留守番ですか? 

「春節祭も行けなかったしね。」

って、それは私の台詞じゃん!!
[PR]
f0141867_11255862.jpg


数日前に焼いた山食。
酒粕酵母で。

f0141867_1126262.jpg


昨日焼いた食パンも酒粕酵母で。
アメリカで仕込んでいたものより、酵母そのものの勢いもあるし、生地も伸びがいい。
冷凍解凍を経てアメリカまで運ばれた酒粕だと発酵力が弱いのか、あるいは、日本の空気の方がよく発酵するのか。

上手くいくのは嬉しいのだけれど、時間がかかるのは同じ。

「待ち時間が多いから、仕事始めたら、なかなか焼けないね。」

と妹に言ったら、

「プププ、そんなに忙しい仕事じゃないやん。」

と言われた。確かに。
でも、仕事に慣れるまでは、お仕事のことだけ一生懸命にしましょう。

さて。

アメリカのBorder'sという大手書店が経営破綻したというニュースを見た。
やはりここ数年電子書籍に押されて、売り上げが激減していたからとか。
すごく残念。電子書籍に手を揚げる人も多いけれど、私はあの紙をめくる瞬間や動作が好きなので、本が本でなくなるのは嫌だと思っている。

図書館や書店の持つ独特の空気は、そこにいるだけで心が和むというのに、そういう場が減ってしまうのは淋しい。喫茶店も減ってしまい、街で一息つく場が減っている。日本のスタバは、体は休むけど心は休みませんよ? 騒々しくって、田舎者にはとてもとても。(笑)

ボーダーズは、書店の中にカフェがあった。そういう所のカフェはとても静かでゆったりしていて、行く機会も多くはなかったけれど、好きな場所だった。あそこのボーダーズも閉店されてしまうのかな。

と、ブツブツ言う私の横で、ニーは虎視眈々とiPadを買う機会を図っている。目的はアメリカの電子書籍を買って読みたいから。

「本はやっぱり紙でできてなくっちゃ。」
そう言いつつ、彼女の要望に応えるには電子書籍が便利。
なんだかやだなあ、と思いつつも、結局便利さに流れて行くんだろうなあ、と予告しておこう。
[PR]
f0141867_11535199.jpg


実は先週金曜日に焼いたバナナケーキはチョコチップ入り。これがバレンタインに向けてチョコレート工場を稼働したスタートだった。使ったのはアメリカから持ち帰っていたハーシーズのチョコチップ、スペシャルダーク。ミルクチョコレートよりちょっと濃いめな所が使い勝手よく。
今回、バレンタイン用に明治の板チョコを買い込んだ(セールしていたので)。そのまま食べるとやっぱり日本のチョコレートは繊細で美味しいなあと思うのだけれど、あちらの甘さに慣れ親しんだ身にはちょっと物足りない。やっぱりこれも買い溜めておけば良かったと思う。
「アメリカで買うものリスト」は長くなる一方。日本のものを恋しがっていたのに、なんてざまか。

昨日夫とフェイスタイム(実は彼とはiPodで毎日ビデオ通話をしている)していたら、おもむろに会社の女性からもらったというバナナケーキを食べ始め。
「あっ、私も焼いたんだよ」
と言うと、
「ブログに載ってないじゃん」
と言われ。チェックされてるなあ。ネタがあったから後回しだった訳ですよ、と。
毎日色々作っているけれど、何一つ彼に食べてもらえないのは淋しいことだ。

さて。

昨日薬局に行って「しもやけ」の薬を買って来た。しもやけの上に関節がひび割れてガサガサ。
「油断していたらあっという間にひどくなっちゃって」
と相談したら、
「今年はしもやけで困っている方がいつもより多いですよ」
と言われた。こちらもいつにない寒さだという証拠か。

「ママは小さい時にしもやけに悩まされてね。すぐに指の関節が割れて血まみれになって、とうとう両手の指全部に包帯巻いて学校に行ったんだよ〜。」

と話していたのは、帰国寸前。「その昔、ママが通っていた学校は手袋もマフラーも許されていなかった」と、彼女達を脅かしていたとき。
今はそういうこともないので心配ないが、ニーは足の指にしもやけが出来て、初体験な彼女は不思議そうに困っている。(笑)ナー何ぞ「カイロ買って〜、皆持ってて温かいの〜」と言うから、「ママの頃はカイロなんて禁止だったのになあ」と言うのは、世代の違い。そういえば、昔々はカイロも高かったと思うのだけれど、100均で8個入りが100円だった。効果は不明だけれど、安いものだと感心した。

さてさて。

ヒマヒマな私は家にいてもすることがないので、今日もパンを焼く。
それでも暇なのでテレビでもみるか、と思うが、昔からテレビを観ない人だったので、今更何を観ろという。

先般、テレビで「沈まぬ太陽」(映画)をやっていて、テレビの使い方を覚えることも兼ねて録画をしてみたが、その後観ていなかった。だったらそれでも観ようかと思うが、今それを観たら、田舎で孤軍奮闘している夫を思って泣きそうなので辞めておこう。いや、彼らの境遇は天と地ほども違うのだけれど。(笑)

実は実は、来週からお仕事に行く。
ハローワークで申し込んでいたパートのお仕事が決まったので。

これで「暇だ」などと、不埒なことを言わずに済むだろう。いそいそと、しまい込んでいたパンプスを引っ張りだして磨いてみたり、スカートを出して履いてみたり。20年前のスカートが未だ履けることを確認して、アイロン掛けもしてみたり。

それでもすることが無くなってしまった。

ということで、週末にかけて、またオーブンに向かうのかなあと思ったりしているのでしたとさ。
[PR]