タグ:アメリカの季節・行事 ( 35 ) タグの人気記事

f0141867_10523329.jpg


特別展は"Luc Tuymans"。
「大人」で「暗い色合い」の作風だから嫌がるかと思いきや、子供なりに思うことは多々あるらしい。結構熱心に観ていた。

親の趣味で連れ回し、まるで「修行」させるかのように美術館(博物館は楽しいけどね)に連れて行っていたから、美術館に慣れている二人。贅沢な話。シカゴは「教科書でみた」ような美術館や博物館が充実しているのでずいぶん美味しい思いをしたと思う。

ちなみに今回の特別展は狙って行った訳ではなく。大手の美術館・博物館を何度もリピートし、「どこか行ってない所ないか?」という確認作業のさなかに思い出したコンテンポラリーミュージアム。実は何年か前に「奈良美智展」をやっていたのに、それも半年ぐらい開催期間があったのに、結局行けずじまいで、以後縁の無かった美術館。

「お初」。行けて良かった。
ちなみにこの美術館、小さいながら中にあるレストランが有名だそうで。この日は残念ながら「別」でお腹いっぱいだったので行けなかった。「宿題が残ってる」感じで、「また行かなくちゃ」というお楽しみが残っているから、また「次回」があることでしょう。


さて。

12月1日はこの界隈で"Snow Day"と呼ばれるほど「雪の特異日」だったりする。
普通はサンクスギビングの前に一降りあるのだけれど、今年は雪が遅く、1日に初雪がちらちら、という感じ。

「雪よふれっっっ!」

とここ数週間、願って騒いでうるさいニーの横で、

「ずぇ〜ったいに降りませんように」

と願掛けている母の念力の方が強かったらしいが、それもここまで。道路一面白くなった。明朝は果たして補習校にいけるかどうか。

「元はと言えば君が風邪菌を持って帰って来たせいだよ」

とまたまた「君のせいだよ」扱いされているニーは風邪の峠を越し(学校も休まなかったし)一段落付いて、

「もし明日補習校行けなかったら、スライド(そり遊び)に行くね♪」

とはしゃいでいる。

珍しく熱出して寝込んでいる夫と、頭痛腰痛を薬で抑えている私。

補習校もそり遊びも
だれが連れて行くというのか 
今の我が家で  (字余りたくさん)
[PR]
f0141867_513386.jpg


写真をアップしておきながら、文書を書いていなかった。
変だなと思った方、ごめんなさい。

日曜日はハロウィーンだった。(もう話題にするのは遅いけれど)
学校でハロウィーンパーティーやパレードがあったのは去年までの話。ナーだけでなく、ニーも今年からミドルスクールに上がったので、「もうコスチュームは着ないのかも?」と思ったのは私だけだったらしい。今更新しいコスチュームを買ってもらえるとも思えず、しかし、手作りする気もないナーは3、4年前に買ったドレスを着て出かけて行った。買ったばかりの年は、長過ぎて引きずるように歩いていたのに、今年はもう膝下まで上がっていてチンチクリン。それでもいいのさっ、と出かけて行った。

ニーもナーのお古を着ていったし。安直というなかれ。親孝行だこと。

これが最後のTrick or Treatになるかもしれないから写真をしっかり撮っておこうと思ったのに、友達とさっさと出かけてしまい、撮る間がなかった。ほっておかれた親は結局手持ち無沙汰で、ご近所さんと一緒に急遽ミニ宴会をしたのだった。

小さい頃はコスチュームを考えるのも用意するのも、キャンディーを用意するのも親の仕事。付いて回るのも寒くて大変で、一方家に居残ってキャンディーを配る方も楽なようでつまんなくて。
でも、楽しかったからいい思い出。

こうやって、子供の行事を年々一つずつ、少しずつ、卒業して行くのでしょうね。
楽になるなあと思ったり、やっぱり寂しいなあと思ったり。


毎度毎度がっつりもらってくるキャンディーの山。今年は二人ともそれぞれ、最後は友達の家に集って「キャンディーの交換会」をしたと言い、我が家では誰も食べないガムや飴の類いは一切友達にあげちゃって、厳選したものだけを持って帰って来たと!賢くなったのね。

しかし、それでもいつになったら食べ終わるか知れないキャンディーの山に、

「毎日学校に持って行って食べてよ〜」

と言っている。

日本の子供達が聞いたら、

「ずる〜いっっ」

って言いそうですよね。
[PR]
f0141867_7542192.jpg


朝、お隣さんがピーチを持って来てくれた。

「お友達の所で今採って来たばかりだからすぐ食べて。美味しいうちに食べて。」
「でも、140個もあるんだよ。」

と頭を抱えているので可愛らしくて(おじいちゃんなのだが)おかしくて、

「お昼に食べるよ。量が多くて食べきれなかったら、残りはジャムとかケーキを焼くといいね〜。」

と言ったら、

f0141867_7575370.jpg


夕方、こんなにやってきた。

朝の会話を聞いたらしい。奥さんが、

「riu、ジャム作る?痛んでいる物ばかりで悪いんだけど。」

と、とっても恐縮しながら持って来てくれた。とっても嬉しくて、その足でレモンを買いに行って、コンポートを作った。翌朝はマフィンを焼いた。

f0141867_801473.jpg


さすがに段ボール箱半分のピーチを剥くのは大変だった。手よりも立っている足の方が疲れた。

生のピーチはとても香りが良くてジューシーで美味しかった。自然の物だから、か、灰汁の渋みもあった。まあ、許容範囲。
ただ、コンポートにしたら、灰汁取りが大変だったけれど。

コンポートは空き瓶7つ分、マフィンは24個出来たので、お隣さんは勿論、ご近所さんに配った。

懐かしい「黄桃の缶詰」の色と味。幼い頃から実はそれがあまり好きではなかったのけれど、今回自分で作った黄桃のコンポートはとても美味しい、と自画自賛。

頂き物は嬉しいな。下心一杯の会話、願いが通じて嬉しいなっっと。(笑)
[PR]
f0141867_12571492.jpg


毎年恒例、コーンフェスティバル。
内心「随分行ったし、今年はもうなしでも構わない」と私は思っていたが、ニーが珍しく「行きたい」と熱望して譲らなかった。おかげでニーのサッカーと、博物館と、このフェスと、調整に頭使いましたとも。親の心子知らず。結局毎年参加の皆勤賞。

f0141867_12584518.jpg


デルモンテ主催のフェスティバル。
こちらに来てから数える事9回目?の参加にもかかわらず、今まで雨が降った事がない。
特異日というべきか、今年もかんかん照りの空だった。
毎年、炎天下ウロウロのこの日が一番日焼けする。

f0141867_1303224.jpg


「トウモロコシの女王」を選ぶとかパレードとか蚤の市とか屋台とか。毎年木曜日から日曜日まで色々催しはあるのだけれど、日曜日の午後に行われる「湯でたてトウモロコシの無料配布」が結局の所メイン。皮を剥いたトウモロコシがフォークリフトで大きな水槽のような鍋?に放り込まれ、次々と茹でられて行く様は圧巻。行列は延々として尽きないけれど、40分ほど並べば順番は回ってくる。

「暑い中で熱いものは食べる気にならないんだよね〜」

と不服顔のナーに無理矢理1本持たせて、バターのかかったトウモロコシを立ち食い。
おっしゃる通り結構辛い物があるのだけれど、そこはそれ、季節行事だからして。

それにしても、このフェスで食べるとうもろこしは格別に美味しい。
甘みの高いトウモロコシは他でも(良い物を買えば)食べられるけれど、プリプリ感としゃきしゃきした食感はダントツ。
日本の「北海道産」が高くて手がでないわけ。

f0141867_1342966.jpg


町のあちこちでは、移動遊園地が設置されていたり、パレードがあったり。
最近ではすっかり(文字通り)市民権を得たメキシカンのパレードもあった。年々、メキシカンの参加率が増すこのイベント。町中にメキシカンがあふれている。さすがトウモロコシが主食の国民なだけある、と妙に納得したりして。

f0141867_1362636.jpg


f0141867_1364248.jpg


ちょっと褒められると写真ばっかり。(笑)

f0141867_1365419.jpg


日本のゲームセンターにも似たようなゲーム機があるけれど、これはおもちゃのコインではなく、本物のクォーター(25セント硬貨)を落として、現金を取るゲーム。
私がせこく、5ドル分しか交換しなかったから、夫はやむなくそこであきらめていた。
ちなみにギャンブル性があるので、子供にはさせないし、している子供もいない。ルールには「16歳以下はしないようにお勧めする」(消極的)とあった。16歳という年齢がどこからきているのか不思議。

「無料トウモロコシ」は「無制限」に頂ける(しかし熱いので、欲張ってもそうは持てない)ので、3本ずつのったお皿を一人一皿ずつ頂いて、余った分は持ち帰り。(毎度、お持ち帰り用のバックは必須)
ということで、月、火曜日はひたすらとうもろこし三昧の我が家でした。

さすがにもういいよね。(笑)
[PR]
f0141867_913979.jpg


毎年恒例のコーンフェスティバルに、また今年も行って来た。
いつも8月の中旬の週末にあって、「これに行くと夏休みも終わり」という気分になるものだけれど、今年は例年より2週間ぐらい早かったのではないか。新聞で気がつかなければ行きそびれる所だった。

f0141867_9151611.jpg


こちらに来てから早8年目の夏で、ナントこのフェスには数えて8回、毎年行っている。
何があるかというとそれはもう、

「トウモロコシ」

・・・また、ですか?(笑)

先般のトウモロコシ狩りで冷凍庫にもストックが一杯、少々食べ飽きている気がして、「今週末がコーンフェスだよ」と自ら告げたものの、実は私自身あんまり気乗りしていなかった。

が、行かないとなんだか「秋=『新学期』が始まらない」というか、ここまで来ると「行かなければゲンが悪い」と言うか。

考え込むことでもないし、意外に子ども達は行きたいと言うのでとりあえず行った。
行って並んで「タダの茹でたてトウモロコシ、お一人様3本まで」を家族で12本もらって帰った。
持って帰ったトウモロコシはすぐに冷凍庫へ。

冷凍庫を開け、段重ねになったトウモロコシを見て、ちょっと嬉しかったりする。

f0141867_9242425.jpg


まあ、子ども達の真意はトウモロコシにではなく、フェスティバルに付き物の遊園地にあり、絶叫系の好きなナーはチケット握って一人で乗りに行っていた。

一方恐がりのニーは、「払い戻し出来ないんだから!」とチケットを無理矢理握らされ、お子ちゃま等のジェットコースターに乗せられるが、

f0141867_9272322.jpg


同乗した子は皆3,4歳児。
恥ずかしさと空しさと怖さと怒りで複雑な顔をしながら乗っていた彼女に対し、

「これで恥ずかしいと思ったら、次からは大きい子が乗る乗り物に乗ろうと思うよね。」

とナーが言うが・・・

f0141867_931679.jpg


「怖い」と言う者、だからといって変わるものではなく、空に向かわず地に向い、父親と一緒にゲーム機のとりこ。

このゲーム、ゲーム用のコインではなくクォーター(25¢硬貨)を入れて、キャッシュを落とす。
初めて見たけれど、こんなことがあっていいのだろうか?

案の定、あっという間に持ち金をすり、人生の空しさを味わう父と子。そうでもないか。そう思うならゲーム好きにならないものね。

と、まあ、こんな感じの日曜日を過ごし、今日私は朝からお腹の調子が悪くて参っている。
トウモロコシの食べ過ぎと、暑さで飲み過ぎが重なってか?

まあ、これもダイエットの一環だということで。
[PR]
f0141867_13214065.jpg


夏になるとこの辺り一帯は青々とした身の丈2mほどのトウモロコシに囲まれる。
4月5月に芽吹いたかと思うとあっという間に背が伸びて実を付けるハイブリッド(遺伝子操作種)。
それはエタノールや家畜用の飼料や肥料になると言われ、秋になってすっかり枯れた色合いになってから、実のみならず、葉も茎もごそっと一気に大型の刈り取り機で刈られて行く。

「私たちが小さい頃ならば」と思うのだけれど、畑に入って盗み取る子もいない。

が、それとは別にお店では「スィートコーン」と称して食用のとうもろこしも売っている。そういうのは恐らく、別のエリアで作っているのだろうなあと思っていたのだけれど・・・

f0141867_1314242.jpg


昨日、知り合いに招待されてトウモロコシ狩りに行って来た。
意外なほど近所(車で3分)に植えられていたスィートコーン。その幹はとても細くて背が低くて、背の高いハイブリッドの合間にひっそりと畑があり・・・そうか、こうやって隠されていたのか。(いや、地元の人は知ってるのだろうけれど)

産まれて初めて、こちらに来て7年過ぎたと言うのに初めてのトウモロコシ狩り。
昨夜は採りたてを夫とナーが「ガッテン流は〜」とか説明付きで茹でてくれたのだけれど、その甘いこと!
甘くてジューシーで、むしろ品のない程甘いというか。

「トウモロコシってフルーツの仲間、って事典に書いておいた方がいいね」

とナーがいうぐらいのものだった。

そして今朝。「足が速い」と言われるトウモロコシ、残り30本(採った合計49本)をせっせと皮むき茹でてみたら、なんと、早、昨日ほどの感動なく。

「コーンフェスティバルのコーン(それでも普通より大概甘いのだが)になっちゃったねえ」

とナーがいうように、ちょっと気抜け。もぎたてと一夜明けたものの違いがこんなに出るかと驚いた。

それでも十分以上に甘くて美味しいトウモロコシは、湯でたてにかぶりつき、とうもろこしの炊き込みご飯にし、コロッケにした後、トウモロコシを入れてパンを焼いた。私個人はバターで炒めてちょっと醤油、というのが一番好き。明日はそれも楽しみで。

f0141867_1354956.jpg


近所の人からもらったキュウリにいんげん、ニーが育てたキャベツでまさに地元地産の食卓。焼きたての自家製フランスパンも加えて幸せな食卓・・・と言いたい所が相変わらずののっぺりなパン。

すっかり忘れているかのようだけれど、旅行後も食パンは必要にかられ二日と開けずに焼いている。フランスパンは昨日今日と二日続けて。
いい加減上手くなりたいものだと思うのだけれど・・・いやはや。
[PR]
f0141867_12294412.jpg


水曜日の深夜1時に帰宅。翌朝から普段通りに出社する夫と、7日分の洗濯物と格闘する私。我が家的には日本行きをのぞいて初めての長期旅行だったので、1日で片付かない洗濯物と戦ったのも今回が初めて。

加えて写真を整理し、ビデオを整理し、いつも拝見している皆さんのブログ1週間分を読んで回っていたら、自分の投稿が今頃になり。




写真は、行きの飛行機の中からみつけた景色。
スプリンクラーを半径に、円を描いた何か(分からない)の畑、は、地に降りると相当に大きいのだろうと想像する。場所はネバダかその辺。
ナーが見つけてナーがコンパクトカメラで撮った写真。

「なんだか分数みたい・・・」

と、本当は続きを書きたい所ですが、先ほどから雷雨激しくなんだか停電しそうな気配だし、ニーもベットでぐずぐず言ってるので(4年生でしょう〜)ちょっと置きます。

すいません。とりあえず、無事に帰っておりますことだけご報告を。

しかし、なんだかな。つまんないな。戻りたいな〜。(笑)
[PR]
f0141867_1124217.jpg


素振りの練習、ではなく、

f0141867_1132011.jpg


すいかわり。

「ひだりっっ」

って叫んだら「みぎ」に行った。とっさの判断で右も左も分からないなんて、結構ショックだ。

f0141867_1134383.jpg


なかなか当らず、当っても割れず。
ようやくありつけたスイカはみんな手づかみでワシワシと食べる。
1つ丸ごと、あっという間になくなった。

f0141867_114097.jpg


「悪いことだとは分かってるんだけど、もしもう食べられないなら、どろんこ遊びみたいに遊んでいい?」

と、ナーが控えめに丁寧に尋ねて来たので了解。そんな仰々しい頼み方しなくても、そうなるもんだと思っていたのだが。日頃私たちの躾がいかに厳しいかよく分かった。(ちょっと本当の話)

手に残るスイカの繊維の感じが気持ちよかったって。
でも、ネチャネチャするのが気持ち悪いって。

   ーーーーーーーーーーーー

実は前日土曜日は、出来上がったパティオのお披露目をネタに人を呼んでバーベキューをした。
スイカ割りもその時する予定だったが、残念ながら雨風強く、それでも「外でやるぞっ」とガレージにテーブルや椅子を出しての宴会。さすがにガレージではスイカを割る気も起こらず。

日本だったらスイカも高くて、こんな勿体ないこと出来ないな、と思う。宴会の際に話題になった、

「スイカの底値$2.99、トウモロコシ10¢」

BBQ用に私が用意したトウモロコシは1本25¢、このスイカは$3.99。
双方共に負け組に落ちて口惜しい思いをしたのだったけれど、思えばなんてナンセンスな争いか。お酒が入っていたからこそ。(笑)


すいかわり。

子どもがやると可愛いし楽しい。いい思いで。
いい大人がやるもんじゃないな。

やんなくてよかった。
[PR]
f0141867_1275074.jpg


ニーのクラスメートの弟。
花火を待つ間ずっと、おイタしてはお父さんに叱られていた。

f0141867_1295354.jpg


うちの子は、って言うと、上のお嬢さん、最近これが多いんだ。

f0141867_12104874.jpg


毎年恒例、独立記念日には花火があがる。
この田舎ですら、イリノイ川の側で花火大会がある。
どこからともなくボートで集う人たちで、川の上も渋滞になる。

f0141867_12132040.jpg


日本の夏祭りに似てる、ような。
結局、綿菓子とアイスクリームはお約束。

f0141867_12141576.jpg


花火は9時過ぎから。場所取りは6時から。良い場所はもう朝から車が停まって押さえられている。
たまたま隣に陣取ったのはニーのクラスメート。
露店を冷やかすだけでは間が持たず、結局、子ども達は石投げだけで結構楽しく過ごしていた。

f0141867_12175667.jpg


花火にかこつけて線路の上でビアガーデン。
結局は、これがやりたくて集う訳で。

f0141867_12203820.jpg


やっと上がった一発めはトリコロールカラー、じゃなくてアメリカンフラッグの赤、青、白と三色の花火。待ちくたびれたけど,大丈夫。音恐怖症を克服しつつあるニーも大丈夫。
日本と違ってすぐ終るから。(笑)

帰り道はかなりきつい。
川沿いの線路に向かって急な斜面を、行きはよい良い帰りは酔い酔い。

しかしどうして、こんなにイベント好きなんだろう。
毎年欠かさず、だよね。もう近隣の日本人はすっかり飽きちゃって、誘っても集わないのに。(笑)
日本の花火と比べて「つまんない」とか、いっちゃいけない。
結局「別もの」なんだもの。

「外でビール」

これだから、でしょう。(笑)
[PR]
f0141867_5345915.jpg


毎年5月になると春らしい気配が漂って、枯れていたような樹々が一気に息を吹き返す。草も木も、溜めていたエネルギーを一気に吐き出すように芽吹き、昨日まで茶色かった外の景色が2、3日であっという間に緑に変わる。

それでもまだまだ寒い日もあったり、暖かくなったり。そういう春と呼ぶべきか、なんとも言いがたい2,3週間を過ごし、子ども達の夏休みを「夏」休みと呼ぶのも抵抗があるなあと思っているうちに、一気に夏が来る。例えば朝の気温は15度で日中は30度とか、まさに教科書で習った大陸性気候。

近所の市民プールはこの週末がオープンで、うちの子達は、夏日になった昨日、早速近所の友達の家のプールにお邪魔したりしている。水着の上にTシャツだけ羽織って、バスタオル首に巻いて自転車で飛んで行ってしまうと、ああ、夏休みだなあと思う訳で。
(ニーは未だ自転車を乗りこなせず、ナーの後を走って追いかけている。この夏は早く乗れるようにしなければ、今年も友達の後ろを走って追いかけるはめになる。)

そんな昨日、私も友達の家に行き、彼女が愛する庭の花を愛でてきました。

f0141867_5354753.jpg


f0141867_536118.jpg


f0141867_5363499.jpg


彼女と家族はこの週末から3週間の旅行に出かける。(その節は成田山の情報、ありがとうございました!日本に着いたその日は成田の近くにホテルを取ったので、成田山観光するそうです。)

成田で飛行機の乗り換えをするので、半分ジョーク、半分真剣に、

「日本人は皆マスクしてるよ。驚かないでね。習慣が違うから。成田でも検査やなんかで待たされるかもね。」

というと、「じゃあ日本人が私たちを見て嫌な顔するのも嫌だから、マスクを買いに行く!」と言う。意外な発想。
私も買い物につき合った。彼女は行き帰りの往復用に合計8つ。私もついでに4つ購入。

「ここでは使わないはずだけどね」
「着けてたら外歩けないわよ」

と笑いながら、そっか日本に送ればいいんだと、ふと思う。
日本の両親方々、いりますか?
[PR]