タグ:パン ( 128 ) タグの人気記事

f0141867_16171890.jpg


バゲットはもうあきらめた!

が、パン屋さんで買ったリュスティックを食べながら、

「でも、リュスティックなら、まあまあなんとかなるんじゃないの?」

と思い直し、また、足掻いてみる。

まあ・・・まあ、ね。 自分で食べる分には美味しかった。「良しとしよう」と思った1週間前のお話。

さて。

我が家なんぞゆれすら気がつかずに何の被害もなく、その後も普通に暮らしている。
阪神大震災のことを思いだして恐怖感湧くかと思ったが、ニュースで被災地の様子をみると私の経験なんぞ小さな小さなもの。地球儀の上では針で点を打つ距離で震源地の近くに住んでいたものの被害なく、本当に幸運だったと思う。だから、自分の経験を引き合いに出すのもおこがましいと思うし、心は痛めど自分に何が出来る訳でもなく、まずは、ただ普通に暮らそうと思っている。

が。

この近辺でも電池売り切れ、らしい。
「らしい」というのは、買い物に行ってないから知らない、ということ。
つまり、近辺で買い占めが起こっているという噂は私には「噂」であって、(目の前はスーパーなのに)目で見て確認していないから何とも言えない。
必要が生じるまでこのまま買い物に行かず、そうすればその内落ち着くだろうから自分が無駄な労力を払って嫌な思いをすることもないのだし、そもそもそれでこそ被災地に迷惑をかけることもないのだ、と決めた。

が、

キーボードの電池、切れるかも。
誰がキーボードから線をとったんだ。


とぼけたことを言っていられる今に感謝。
自分ちでパン焼いて、焼きたてパンを食べられること自体が本当に幸せ。
そのパンを上手いかどうかなんて、本当になんてちっぽけなことでしょう!!
[PR]
f0141867_1743324.jpg


週末の話ですが。

メロンパン。

こういうのって、一向に上手くならない。

発酵温度が高いとクッキーの生地が垂れちゃうし、温度が低いとなかなかパン生地が発酵しない。しかも今回のようにクッキー生地が伸びなくてひび割れたら、子供達も食べる気が失せるらしく。

クッキー生地の調整の仕方、ぜひ教わりたいもので。

先日、塾が特別授業で長丁場なスケジュール。恐らく休憩時間に何か食べるだろうと、リクエストを聞いたら
「メロンパンが食べたいな♪」
というからオッケーと応えた。市販の袋入りのメロンパン。彼女の頭の中が透けて見えた。

が、「久しぶりに練習しよう」と思って焼いてみた。そして不出来であれメロンパンには違いないと、比較的可愛く出来たのをパッキングして、「今晩持って行きなよ」と声を掛けて仕事に出た。
そして帰って来たら、包装したメロンパンがそのまんまテーブルに残っていた。

そしてお腹ぺこぺこで帰って来た彼女は夜も11時にガツガツとご飯をかき込んでいた。
そんなになるのが分かってるから用意したのに、ね。

まあ、自分の身に置き換えてみたら、やっぱり人前で「こういうの」は食べたくないんだなあと思う。
久しぶりに(仕事場で)人と一緒に自前のお弁当を食べてみて、ナーの苦悩を思い知った。

さて。

仕事始まりました。私自身はワクワクと楽しく。
まだ「仕事」になってません。お役に立てていません。
成果と言えば、久しぶりにパンプス履いて各部署にご挨拶回りをさせて頂いたら、足が筋肉痛になったということぐらいでしょうか。

そして、二日通っただけで、今日水曜日はいきなりお休み。
今月のシフトは二日行って、水曜日お休みで、また二日行って、土日休み。

働く場を得られたことだけでもありがたいと思っているのに、しかも色々と恵まれた環境であるということで、心底感謝している。

以後、パン焼きは遠ざかるかもしれない。でも、休みの日は、今日のように焼くかもしれない。
そして、タイマー忘れてまたまた置き去りにされたプルマン生地が、またまたカクカクにビッチリ角張ってしまうのも、いつもと同じ予定調和な休日でしたとさ。
[PR]
f0141867_9423652.jpg


ベーグルを久しぶりに。

ふと冷凍庫にしまい込んでいた「あんこ」を思い出して、生地にきな粉を仕込んでみる。
そして、クリームチーズ代わりにあんこを挟んで食べた。
美味しかった、けど、欲張って餡を挟めば挟むほどみっともない状況に陥って、最初から詰めて丸めてボールにして焼いたら良かったかな。

ただし、ベーグルのチューイーな感じはナーのブレス(歯の矯正器具)には本来大敵。気にせずものともせずにかぶりつくナーを見て、またやっちゃったなぁと思うなり。

さて。

日曜日。
ナーは朝から塾へ。学年末のテスト対策の補講あり。
ニーは、いとこ達とおでかけ。お誘い受けて「三宮、元町」におでかけ。

「元町なんてつまんないって思うなら断っていいんだよ?」

と問うと、

「うーん、ここんところずっと出かけてなかったから、たまには外に出るわ。」

と言った小学5年生。

生意気!!

まあ、帰国後ちっともお出かけしてないから、遊びに行っておいで。

で、おかんは、えっ? お留守番ですか? 

「春節祭も行けなかったしね。」

って、それは私の台詞じゃん!!
[PR]
f0141867_10282096.jpg


昨日友達が来てくれたので、お昼用にとフォカッチャを焼いた。
かっこわるいから、彼女が来るまでに写真を撮っておこうと思ったけれど盛りつける時間無く、いつものことながら焼きっぱなしの写真。
私はもっとオリーブオイルたっぷりの、ギトギトなフォカッチャが好きなんだけれど、少し控えめ。
おこちゃまがいたから正解だったか、あるいは、そもそものメニュー構成が間違いだったか、振り返ってみれば少し後悔。

しかし、ブログをリアルタイムにチェックしてくれている人と会うのはなんとも気恥ずかしいこと!
「日記」だと思っていると、ついつい愚痴ばっかりつらつらと書きなぐってしまうから、やっぱり適度に感情を抑え、上品に脚色しようと思ったりして。(笑)

f0141867_10361483.jpg


さて。

こちらは今朝の東の空。ベランダから撮った写真。寒くて外には出ていない。かろうじて窓を開けただけ。(笑)

昨日は気がついたら牡丹雪が重く降っていて、小学生は6時間目を早めに切り上げ、中学生は部活中止で早々に帰宅。塾もバスの走行が危ないと休校。車での帰りを心配する友人に、「たいしたことないよ」なんて言って引き止めていたが、彼女の帰宅後、「ここは日本だった」と、自分が豪雪地帯に住んでいた特異体質だったことを忘れていたことに気がついた。

Kさん、ごめんなさい。
無事に帰れたから良かったけれど。注意します。

さてさて。

今朝はお向かいのスーパーの「トクトク市」なんぞに出かけて見た。
9時の開店と同時に、「たまご300個限定98円」とか「上白糖一袋98円」に走る。時々、窓から眺めていたのだけれど、今日は卵も砂糖も買いに行こうと思っていたから、参加してみる。

かなり緊張した。
でも、2回並び直して、卵を3パック買った。
我ながら、なかなかなものである。(笑)

こういうの、ナーもニーも「かっこわるい」って嫌がる。
それがその内、平気になっちゃうんだよね〜。

なんて、結局また、上品じゃない話でオチてしまった。(笑)
[PR]
f0141867_2135257.jpg


自分的にはこれって凄いこと。
久しぶりに酒粕で酵母を起して山食を焼いた。

元種30%、一次発酵30℃で5時間、ベンチ30分、二次発酵35℃で3時間半。オーブンに発酵機能が着いているということが、こんなに便利なこととは。
これからは失敗しても機械や粉のせいにはできない、と思うと困ったものだ。

で、朝から10時間も生地とにらめっこして、やっといい感じに膨らんだ。さあ、行くぞっとオーブンの扉を開けた瞬間、型を庫内に落とし・・・あっけなく、左端の生地は凹んでしまった。そして真ん中と右の生地も高さが落ち、左の容積が落ちた分、残りの生地が左寄りに。

もう、わめいたのなんのって、恐らくお隣さんちが怯えるぐらい。
が、うちのナーもニーも慣れたもんで、そういう時のおかんには近寄るべからずと学習していて、言葉も掛けてこない。
えらい、と思った。

不幸中の幸いなのは、肩上2センチあった高さが一気に肩下まで落ちたにもかかわらず、釜伸びしてくれたこと。まさか膨らむとは思わなかったので、「酵母の出来が良かったのだ」と、むしろ反動で浮かれたりして。

「一気にへしゃげた時は、もう、こっちの方が凹んだわ。その焼き上がりがまた、重くってね〜。」

と、笑い話をした所だった。

「へぇ〜、意外にその失敗はまだしてないんだよね〜。へぇ〜、本当に凹むんだ〜。」

などと呑気に応答していた私。
よくわかった。オーブンに入れる時は細心の注意を払おう。

今日は捏ねも丁寧にした。(フープロが)
発酵温度の管理もした。(オーブンが)
型離れの対策もした。(スプレーオイルが)

だからパンの神様、あとはこの私の大ざっぱな性格が、もう少しマシになりますように。
[PR]
f0141867_16425886.jpg


あんぱん。
時々、無性に食べたくなる。

で、今となっては部屋を出て5分で「薄皮あんぱん、4個入り98円」なんかが手に入ったりするので、それでも焼くのか?と自分に問うてみて、

暇だし、
妹に「小豆あんなんて簡単に作れるよ」と偉そうに言ってしまったし、

ということで自力で焼くことにした。

小豆買って、粉買って、時間掛けて、電気代使って、結局元がとれないじゃないかと思ったけど、これもブログネタへの投資だと思えばいいか。

ところが。
粉を買えたからか、全然良くない。
先般、お惣菜パンを焼いた時は、卵も入れず、久しぶりの菓子パン配合(強力粉:薄力粉=8:2)でふっくらふわふわ。冷蔵庫に一晩入れてもふわふわで、嘘みたいに美味しいねと喜んでいたのに、同じ配合で作ったあんぱんは、どっしり生地の硬いものになってしまった。
先般のふわふわパンを期待していたのに。捏ねている時から感触が違っていたからやっぱり粉の違いかと思うのだけれど、だとすると、粉って怖いなと思ったなり。こういうあんぱんも売ってるけどね。

日本に戻って久しぶりにパンなど焼き始めて以来、ずっと下手なことばかりしているので、なんだか嫌になった。あ〜、体重も増える一方だし!!

自虐的、疲れ気味。それもこれも、風邪引いたのか、微熱がひかないからか。
またニーにうつされたと彼女のせいにして、寝よっと。
[PR]
f0141867_15315573.jpg


アチラから持って帰って来たドライフィグ。妹にお裾分けしたら、早速パンに入れて焼いてみて子供達にも好評だったと言う。私もそそられて焼いてみた。

が、ライ麦粉は買ったけどモラセス(黒蜜)やブラウンシュガーまでは手が回っていなかった。くるみもないし!
材料抜きで中途半端な状況は否めず、しかし「昔(酒粕酵母もなく、バゲットも焼いた事の無い頃)はこうやって焼いてたさ」、と開き直って焼いてみたが、あのモラセスやブラウンシュガーの風味が足りないのはやっぱり残念。
でも、ヌテラ塗って食べたらいいのさ、と、これまた開き直って結局食べてしまう。

く〜、やっぱり付け合わせにチーズなんかも欲しいじゃないか、と余計に雑念抱えた週末の夜となった。

f0141867_1540112.jpg


暇に任せてバゲットも仕込む。練習、練習。
期待度100%で「この為に買った」オーブンにほり込むも、クープ開かず。絶対、私のナイフの入れ方が間違ってる! 

が、子供達はそのモチモチの食感に感動しながら食べてくれた。夕飯に出したバゲット、ほぼ二人で1本完食。焼き具合はどうあれ、粉もいいからね。まあ、練習、練習。

さて。

ヒマヒマな週末。

実は、塾だの部活だのと毎日を謳歌している(?)ナーはほっておいて、この日曜日はニーと二人で元町は南京町の春節祭(中国の旧正月の祭り)に出かけようと目論んでいたが、ニーが風邪で遭えなくダウン。結局家でパンを焼いて過ごしたと言う次第。

「ママ、行きたかったら行っていいよ。ニーは一人で寝てるしね。」

と言ってくれるのは頼もしいけれど、心配でそんなこと出来る分けないし、一人で祭りにでかけてもつまんないぞ。

週半ばに少し咳し始め、夜中にいびきをかいていた(鼻が詰まっていると思われ)から、そろそろ来るかなと思っていたが、とうとう土曜日の晩に咳が止まらず。結局咳で眠れず疲れてか、日曜日の朝は微熱。薬局に走り、あれやこれやと薬を買ってなんとか咳は止まり、そして今日月曜日は休まずに登校してしまった。

「風邪は引けども週末オンリー。して一年経てば皆勤賞」

な、彼女の性癖は日本でも変わりないようで。というか、一生そういう損(得?)な人生を歩むんじゃないの。

週末は遊んで、休むのは平日。
そういうポリシーで生きて来たおかんには、ちょっと彼女の健全さが信じられない。

子供に向かっては言わないけど、ね。(笑)
[PR]
f0141867_12255570.jpg


昨日「コストパフォーマンスから言って、焼くべきはお惣菜パン」などと書いてしまったプレッシャーをもって、朝からお惣菜パンを焼く。中身は焼いて刻んだベーコンと卵と缶詰のコーンとチーズをマヨネーズで和えたもの。具はそのままつまみ食いしても美味しい。(笑)

明日土曜日も、ナーは朝から部活だし、ニーも塾の補習が昼食を挟んであるというので、お弁当に持たせるつもり。でも、焼きたてが美味しそう。

かわい〜く焼くつもりが、結局ごっついのになった。
近所のパン屋さんで似たような(似て非なる)パンが一つ130円。粉300gで6つ焼いたから、買ったとして780円(税抜き)。これなら、コスタブルということで、おかんは納得。あっ、しまった。コーンの缶詰、結構高かったのだ。(笑)

パン屋で買ったら色んな味が楽しめる、が、まあ、そこは考えないことにして。


さて。

f0141867_12313028.jpg


昨日は節分だったので、一応豆(落花生)と巻き寿司を用意して子供の帰りを待機していたが、ニーは豆をまく間もなく塾のスクールバスに走り(危うく遅れる所だった)、ナーは私と喧嘩して、巻き寿司をおいてハンガーストライキ。

原因は「ミニスカート」。
帰宅後夕飯食べて塾に急ぐはずのナーがなかなかテーブルに着かないので、何をしているやらと覗いたら、ミニスカートに黒タイツはいて、髪をアップにしているところだった。

いくらマンション前からスクールバスで往復するとはいえ、マンションのエレベーターで酔っぱらいのおっちゃんに遭遇することもある。前にも「夜の外出をなめるな」と叱ったのに、またもや同じ事をする彼女に腹が立ち叱りつけたら、そそくさとジーンズに着替えたものの、夕飯食べずに出かけてしまった。

部活といい、塾といい、楽しそうにしているのは良しとしても、何か勘違いしていないか。何故に、パパを置いてまで帰国して来たか。

悶々としていたら、塾から帰宅したニーは嬉しそうに落花生を部屋に巻いてくれた。
今年はどっち向いて食べるの、と楽しそうに細巻2本平らげてくれた。

玄関を覗いたら、出そうと思っていたゴミ袋がなくなっていた。塾に出かけるナーが、持って出てくれたらしい。

喧嘩した後だけど。

やっぱりいい子なんだから、さ。

葛藤は尽きないけれど、どこにいてもこういうものなんだろうな。


さてさて。

関西の寒さは一段落ついたけれど、夫の方は大変だったらしい。

f0141867_12451515.jpg


歴史的な雪で、会社も大変だったとか。
自宅ガレージの前の雪かきが大変で、かいた雪で出来た山をよけようとしたら、車を軽く?車庫にぶつけたとか。
そのせいで、ガレージの中の棚が壊れて、つぶれた棚がガレージドアを壊して、開かなくなったとか。

面白いネタだから子供にばらそうと思ったのに、昨夜の喧嘩でばらし損ねてしまった。

今夜のお楽しみにしようっと。
[PR]
f0141867_1557288.jpg


妹に「クープフェチさん」のレシピ本を貸したら早速練習中だと言う。
私も負けじ、と久しぶりに山食を焼いてみる。が、発酵をオーブン任せに見もしないでほっていたら、発酵し過ぎ。しかも山の大きさがそれぞれ全然違うし、焼いている最中に焦げてくるし、食べたら焼き過ぎの感あり。

オーブンのスチーム機能は効いていたのか?
温度も高くないか?

まだよく分からない。

検証する以前にその不格好さにがっくり来ていたが、試食に来てくれた妹に「如何に巻きがむずかしいか」を説かれて、なるほど、もっと練習せねばと気持ち新たにする。

が、あ〜だ、こ〜だ言うものの、結論、

「88円で買える袋食パンよりは少しマシで、でも、138円の超熟より落ちるってのは、材料費と時間を考慮してパフォーマンス悪いよね。」

アメリカにいた時はスーパーブランドの食パンすらなかったからこそ焼いていたが、今は買えばいい。
だから、家で焼くなら菓子パン、総菜パン、カンパ系重いパンに限る、と。

そう言いながら、やっぱり妹はしばらく山食にはまって、練習しまくるのだと思う。
今まで私は勝手気侭にやって来た。でもね、なるほど。刺激があるっていいなあと思う。お教室に行く楽しみって、こういう所にあるのかな。

まっ、練習しますか。
[PR]
f0141867_1552840.jpg


船便に入れる前に洗ってしまい、しかもPAMの力なしで型から上手く外せるのか。大いに心配だったのだけれど、思った通り、上手く外れなかった。これだけ便利な品々が揃っているのに、なぜにPAM(スプレーオイル)は簡単に手に入らないのか。
船便にPAMをほり込み、しっかり引っ越し業者に没収された(可燃物だから飛行機でも持って帰れない)あの2缶のPAMが惜しくてならない。

が、売り物でもなし。いい引きと噛みごたえと粉の甘さ。何よりも「焼かなきゃ」というプレッシャーから解放されたのが一番嬉しいか。狭い台所でどう動くか。オーブンの使い勝手はどうか。ちょっとずつ慣れて行くのもまた楽し。

が。

アメリカから持ち帰ったフードプロセッサー。心配していた通り、日本の電圧では粉600gが回せない。2斤分の生地を半分にし、時間も倍動かしてなんとか捏ね上がった。粉300gが限界かもしれない。

さて、ぼちぼちと楽しんでいる日本での小話
[PR]