タグ:子育て ( 184 ) タグの人気記事

f0141867_18524376.jpg


1本だけあったさつまいもと、それだけではちょっと物足りないからリンゴを一緒にバターと砂糖でソテーして、メープルシロップやシナモンやラム酒でしっとり目に焼いたケーキ。
素朴な甘味がいいのです。

が、しかし。
こういうのしか焼かないからか、最近無性に「生クリームてんこもりでこってり」なケーキが食べたい。
で、先日外出先でお茶した時に「モンブラン」を食べた。
なにがトピックかと言うと、私はあまりモンブランを食べない。生まれてこのかた、合計3つぐらい。
そして食べてみた感想は、「いいかもしれない」。

年を取ると味覚が変わるっていうからなあ、とその時は思っていたけれど、こうやって書いてみるとくりもさつまいもも風味は似てる。単にクリームが付いているかいないか、だけの違い。

今まで「好みじゃない」と思っていたのは大きな勘違いだった、というお話。


さて。

昨日日曜日は、ナーが参加する吹奏楽部が市内の中学校と合同練習会をし、そこで保護者観覧オッケーの演奏会もするというので、観に行って来た。だいたい、彼女の部活に関しては、一方的に反対するばかり。一度はその様子も観てみようと思い。

上手かった。
ナーがアメリカでやっていたのとはエライ違い。
演奏の質もさることながら、その場に臨む気合と姿勢が違う。

先生の言葉一つ一つに間髪入れず「はいっ!」と返事するその全員の声が全て重なって乱れていない。
ナーが「先生より恐い」と言っていた「先輩」達の貫禄。
そして「合同練習会」と銘打ちながら、実は夏のコンクールを目指し、競合校の状況把握を目的としているのがありありと。

まだまだ曲は出来上がっていないけれど、なかなかの上手さ。確かにそのレベルを目指すなら、朝から晩までの練習もやむなし、と思った。

が、子供達はその努力を心から楽しんでいるのだろうか。

どうしても顧問の先生は、子供の心情や意向を無視してただひたすらコンクール入賞を目指しているように見えてしまう。子供達に入賞の栄誉と喜びを与えたいと思っているのか、あるいは、その栄誉は先生のためにあり、結局自分のキャリアと布石のためではないかとうがった見方もしてしまうのは、私がまだナーの部活に納得し切れていないからだろうか。

高見を目指す者は、こんな甘いことを言ってられない。こういう輩は結局何をも成し遂げられないんだよね。
と、自分のへなちょこさを子供に教わった母。
「部活よりも勉強してほしいんだけど、な。」
なんて思っていると私には彼女達の奏でる音楽がトゲトゲと、違和感感じた午後でした。

まっ、単に彼女達の音色がまだまだ割れていたってこともあるんですけど、ね。
[PR]
f0141867_14511312.jpg


今日は中休み。
水曜日が休みなのはとっても嬉しい。二日お仕事行って水曜日に家事して、またお仕事に行ってお休みして。
素敵すぎる!
ちなみに、ゆるゆるなのは今この時期だけらしいですが。(笑)

さて。

明日のひな祭りを前に、一足早く今日お祝いしちゃえ!
ということで、朝からちらし寿司の具を仕込み、抹茶ケーキ入りのプリンパフェを作った。

抹茶のスポンジケーキを焼いて一口サイズに切って、市販のプリンと刻んだ苺をあわせて生クリームを絞り出す。

私には「美的センス」というものが全くない。もう何回も言っているから言う必要もないと思うけれど。
頭で思い描いていたプリンパフェとは全く違うものになってしまった。イメージトレーニングしたのに。
う〜ん。



休みだから何しよう。
休みの前はあれこれ考えるけれど、その日になると結局パタパタと、時間がスリッパ履いて逃げて行く。

そろそろニーも帰ってくる時間。
あっという間にタイムアウト。
でも、仕事を始めて、「おかえり」って言ってはもらうけど、「おかえり」って言ってあげてない。(いや、塾からの帰りには言ってますが)
今日は大声でおかえり〜って言って、迎えようと思う。




それも休日、ってこと。
[PR]
f0141867_1111578.jpg


おっしゃる通り、バレンタインの洗礼を受けたこの3連休。
今年は未だかも、と思っていたのは甘かった。
早速、「友チョコ」なるものの用意にそわそわのナー。ニーが先になんとかかっこうを付けてしまったので、姉としては焦るも、自分は金土ともに「部活」だし、日曜日はバタバタしているし、そもそも「部活」で機嫌の悪い私に相談しづらいという雰囲気ありあり。
それでも彼女自身から相談を持ちかけてくるまで待っていようと思ったら、タイムリミットの日曜日の午後になってもなんら言ってこない。
結局待ちきれなくなった私が、ブラウニー用の材料を一通り計って台所に並べ、

「ブラウニーだったらすぐに出来るけど?」

と促したら、パァーッと嬉しそうに、

「そうなの、ブラウニーがアメリカっぽくていいかなあって思ってたの」

と動きだし。

やれやれ、「いい子」なのはいいけど、もうちょっとぶつかって来てほしいもんだと思いつつ、「そんなに怖いか」とガックリ来た。

アメリカで作っていた時は、粉にココアを混ぜていたし、砂糖もブラウンシュガーを使っていたが、それに気がついたのは、日本のレシピで作り上げ、焼き上がった色味を見てから気がついたこと。
味はブラウニーなんだけれども、「和風ブラウニー」にちょっとびっくり。

f0141867_1112167.jpg


家の前にスーパーがあるというのはこういう時に至極便利なことで、100均のバレンタインコーナーに行って、ラピングを調達。無事になんとなく「友チョコ」の形と相成り。

で、いつどうやって交換するのか、未だ打ち合わせが出来ていない彼女達。
今日学校に行って決めてくると言ってはいたが、「当日」なんですけど?

今日が終わるまで、結局ヒヤヒヤなおかんであります。
[PR]
f0141867_15315573.jpg


アチラから持って帰って来たドライフィグ。妹にお裾分けしたら、早速パンに入れて焼いてみて子供達にも好評だったと言う。私もそそられて焼いてみた。

が、ライ麦粉は買ったけどモラセス(黒蜜)やブラウンシュガーまでは手が回っていなかった。くるみもないし!
材料抜きで中途半端な状況は否めず、しかし「昔(酒粕酵母もなく、バゲットも焼いた事の無い頃)はこうやって焼いてたさ」、と開き直って焼いてみたが、あのモラセスやブラウンシュガーの風味が足りないのはやっぱり残念。
でも、ヌテラ塗って食べたらいいのさ、と、これまた開き直って結局食べてしまう。

く〜、やっぱり付け合わせにチーズなんかも欲しいじゃないか、と余計に雑念抱えた週末の夜となった。

f0141867_1540112.jpg


暇に任せてバゲットも仕込む。練習、練習。
期待度100%で「この為に買った」オーブンにほり込むも、クープ開かず。絶対、私のナイフの入れ方が間違ってる! 

が、子供達はそのモチモチの食感に感動しながら食べてくれた。夕飯に出したバゲット、ほぼ二人で1本完食。焼き具合はどうあれ、粉もいいからね。まあ、練習、練習。

さて。

ヒマヒマな週末。

実は、塾だの部活だのと毎日を謳歌している(?)ナーはほっておいて、この日曜日はニーと二人で元町は南京町の春節祭(中国の旧正月の祭り)に出かけようと目論んでいたが、ニーが風邪で遭えなくダウン。結局家でパンを焼いて過ごしたと言う次第。

「ママ、行きたかったら行っていいよ。ニーは一人で寝てるしね。」

と言ってくれるのは頼もしいけれど、心配でそんなこと出来る分けないし、一人で祭りにでかけてもつまんないぞ。

週半ばに少し咳し始め、夜中にいびきをかいていた(鼻が詰まっていると思われ)から、そろそろ来るかなと思っていたが、とうとう土曜日の晩に咳が止まらず。結局咳で眠れず疲れてか、日曜日の朝は微熱。薬局に走り、あれやこれやと薬を買ってなんとか咳は止まり、そして今日月曜日は休まずに登校してしまった。

「風邪は引けども週末オンリー。して一年経てば皆勤賞」

な、彼女の性癖は日本でも変わりないようで。というか、一生そういう損(得?)な人生を歩むんじゃないの。

週末は遊んで、休むのは平日。
そういうポリシーで生きて来たおかんには、ちょっと彼女の健全さが信じられない。

子供に向かっては言わないけど、ね。(笑)
[PR]
f0141867_12255570.jpg


昨日「コストパフォーマンスから言って、焼くべきはお惣菜パン」などと書いてしまったプレッシャーをもって、朝からお惣菜パンを焼く。中身は焼いて刻んだベーコンと卵と缶詰のコーンとチーズをマヨネーズで和えたもの。具はそのままつまみ食いしても美味しい。(笑)

明日土曜日も、ナーは朝から部活だし、ニーも塾の補習が昼食を挟んであるというので、お弁当に持たせるつもり。でも、焼きたてが美味しそう。

かわい〜く焼くつもりが、結局ごっついのになった。
近所のパン屋さんで似たような(似て非なる)パンが一つ130円。粉300gで6つ焼いたから、買ったとして780円(税抜き)。これなら、コスタブルということで、おかんは納得。あっ、しまった。コーンの缶詰、結構高かったのだ。(笑)

パン屋で買ったら色んな味が楽しめる、が、まあ、そこは考えないことにして。


さて。

f0141867_12313028.jpg


昨日は節分だったので、一応豆(落花生)と巻き寿司を用意して子供の帰りを待機していたが、ニーは豆をまく間もなく塾のスクールバスに走り(危うく遅れる所だった)、ナーは私と喧嘩して、巻き寿司をおいてハンガーストライキ。

原因は「ミニスカート」。
帰宅後夕飯食べて塾に急ぐはずのナーがなかなかテーブルに着かないので、何をしているやらと覗いたら、ミニスカートに黒タイツはいて、髪をアップにしているところだった。

いくらマンション前からスクールバスで往復するとはいえ、マンションのエレベーターで酔っぱらいのおっちゃんに遭遇することもある。前にも「夜の外出をなめるな」と叱ったのに、またもや同じ事をする彼女に腹が立ち叱りつけたら、そそくさとジーンズに着替えたものの、夕飯食べずに出かけてしまった。

部活といい、塾といい、楽しそうにしているのは良しとしても、何か勘違いしていないか。何故に、パパを置いてまで帰国して来たか。

悶々としていたら、塾から帰宅したニーは嬉しそうに落花生を部屋に巻いてくれた。
今年はどっち向いて食べるの、と楽しそうに細巻2本平らげてくれた。

玄関を覗いたら、出そうと思っていたゴミ袋がなくなっていた。塾に出かけるナーが、持って出てくれたらしい。

喧嘩した後だけど。

やっぱりいい子なんだから、さ。

葛藤は尽きないけれど、どこにいてもこういうものなんだろうな。


さてさて。

関西の寒さは一段落ついたけれど、夫の方は大変だったらしい。

f0141867_12451515.jpg


歴史的な雪で、会社も大変だったとか。
自宅ガレージの前の雪かきが大変で、かいた雪で出来た山をよけようとしたら、車を軽く?車庫にぶつけたとか。
そのせいで、ガレージの中の棚が壊れて、つぶれた棚がガレージドアを壊して、開かなくなったとか。

面白いネタだから子供にばらそうと思ったのに、昨夜の喧嘩でばらし損ねてしまった。

今夜のお楽しみにしようっと。
[PR]
f0141867_9203949.jpg


今日は阪神大震災から16年の1月17日。
しばらくの間、「この日この場所」から離れていたので遠くから思い出してはいたのだけれど、今朝は、ナーとニーとテレビのニュースを見ながら、「パパとママはあの時ここで寝ていてね」と話する。
怖かったし、今でもあの時の恐怖感とその後の大変さは覚えているけれど、今はただ、ここで何事も無く暮らせている事に感謝する。

本当に、あの日あのとき、ナーとニーがここにいなくて良かったと思いながら。

さて、追記。
実は上の文章を書いた後、ニーの小学校に出かけた。今日は午後からニーの学校で授業参観があったので。
阪神淡路大震災のビデオを使って授業が行われた。テーマは「震災の恐さと人と協力する大切さ」。

潰れた家々、焼け落ちる家。「火が消えるまで待つしかなかった」町の火事。
水や食べ物を待つ行列。
小学校は避難所になり、勉強もままならなかったけれど、友達に会えた事だけで嬉しいといった表情の子供達。

我が子が未だ産まれて来てなくて良かった、と書いたが、我が子や家族を震災で亡くした人の前では言えない言葉だと思い、授業中は涙を堪えるのに必死だった。
初めての日本での授業参観で「阪神淡路大震災」だなんて、強烈な印象で残ると思う。

して、ニーは

「ねえ、『がれき』って何?」

今まで当たり前だと思っていたもの、でもかけがいのないものが一瞬でがれきになっちゃうんだよ。

「明日」が来ないことがあるんだよ。
だから、大好きだって、
ありがとうって、
伝えたい事はすぐに伝えようね。

震災に関する思いを綴った作文にあった言葉。
また泣かされてしまったのでした。

矯正と部活と
[PR]
f0141867_238499.jpg


生でもドライでも、とにかくクランベリーの季節。
ニーが「おやつにしたい」というので、一袋買うつもりが二袋。いつもならもっと色々たくさん買い込んで、ラム酒漬けのドライフルーツをたくさん仕込む時期だけれど、今年はなし。その分、どうやってギフトを調達しようかと思案中。

今日の写真は普通にライ麦パン。カンパでもなく、クランベリーもちょっと中途半端だけれど、焼きたてを美味しく食べた。食べながら、「イーストだったらライ麦入りも失敗しないのね」と、酒粕酵母で苦労した日々を懐かしく思った。(すっかり「遠い昔の話」)

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

土曜日は補習校から帰った後、ナーは友達家族と「ハリーポッター」の映画を観に行った。補習校からの帰宅に合わせて7時からの上映チケットを先方のお父さんが取ってくれた。ありがたや。ちなみに彼女の同級生達は、大概金曜日の晩に観に行くらしい。補習校があるからそれもかなわん。

お迎えに行ったのが夜9時半過ぎ。けれど、その後最後の上映10時からの列に、まだ子供の姿があったのには驚く。高校生の集団もいたしね。いかんいかん、こんな所をナーに見せたら、彼女も非行に走ってしまうぢゃないですか。(笑)

一方ニーは友達の家にお泊まりだった。

「方やお泊まりで、方や夜に映画。俺らが子供の頃は許されなかったよな。」

と歯ぎしりの夫。うむうむ、難しい世の中になったものぢゃ。

f0141867_2455833.jpg


そして日曜日。

午後からニーは夫と一緒に「ハリーポッター」を見に出かけ(笑)、ナーは友達と一緒に理科の実験。
なんでも授業で実験の発表会があるとかで、3時間ほどかけてあーだ、こーだと何度も実験を繰り返し、写真を撮り、レポートをまとめ、お互いの台詞分担を決めていた。ご苦労様。

いずれにせよ、私の出る幕なし。「家にいる」、それが私の役割分担。
おかげさまで、ずーーーーーーーっと、昼寝してました。ああ、幸せ。

で、「つまんなかった?淋しく無かった?」と心配してくれるニー。一生懸命映画の内容を教えてくれようとした。

気を使ってくれるのはとっても嬉しいけれど、映画の内容をバラすのは勘弁してね。(笑)
[PR]
f0141867_159255.jpg


「ロールパンだ♪」

と喜んだニー。
巻いて焼いたこれもロールパンだし、巻いた生地を切って焼いてもロールパンだし、正解は何?

「ママのランチはいっつも皆面白いって言うんだよね〜。昨日のマフィンのサンドイッチも、『それはサンドイッチ?』とか『いや、バーガーが入っているからバーガーだよ』とか『マックの朝ご飯みたい』とか『チーズが入ってる〜』とか言って、皆笑ってたよ。」

・・・って、君、サンドイッチ全部分解して皆に見せたのね?

「これもランチに持ってくの? 皆、また笑うだろうなあ〜♪」

・・・ウケ狙いたくて焼いてるんじゃないけど、楽しんでくれるならいいか。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

昨夜、ささいなことで日本の母親と電話で喧嘩した。
離れているから心配かけまいと、普段はいいことしか言ってないのかもしれない。だからちょっと隙を見せると、

「もう、世間知らずなんだから。何もわかってないんだから。」

って、仮にも慣れないアメリカ暮らし(いや、いい加減慣れろよと)を9年近く孤軍奮闘している(いや、大概甘えてるけど)40過ぎのおばちゃんが、親に掛かると今だ「おこちゃま扱い」。
励ましてくれるかと思ったのに、結局ぺこぺこに凹まされてしまった。

一晩寝たら忘れるさっっと思ったけれど、今朝は虫の居所悪し。
私の不機嫌を察知して怯えている(笑)ナーとニーを見ていたら、今彼女達に言っていることは、昨夜私が親に言われたことと同じだ、と思った。彼女達が大人になって独り立ちして、子供が出来たり海外暮らしなんぞしたりして、そうやって色々経験積んで40を超えても、やっぱり私も同じように「おこちゃま扱い」するのだろうか。

しかし。

昨夜の喧嘩。遡って私が小学生の頃から反抗していた状況と変わってない!

頑固なくせに考えが足りないとか。
チャレンジャーなんだけど長続きしないとか。
根性論振りかざす割に、自分はへなちょこだとか。

相反する性格を持て余して、そのまま大きくなってしまった自分。
それに比べると、娘達の素直で優しい性格はやっぱり父親似。

「お前を説得しようとすると理屈じゃ聴かなくて、頭からがつんと言わないとダメだって。向こうも手こずってるんだと思うよ。」

という夫の言葉に、「ああ、あなたもそう思ってますか」。(笑)

「ああ、自分はいつも娘達の言うことなすこと、励ます代わりに頭ごなしに否定していないか」と悔やみ、
「ああ、付かず離れず、遠くから暖かく見守ってやれる心の広い母親になりたい。」
と真摯に思う。

しか〜し、そういう愁傷な決意の方に限っては一晩寝たら忘れてしまう。

やっぱり成長していないってことなんだろうな。
[PR]
f0141867_12255083.jpg

お昼ご飯に間に合うようにフォカッチャを焼いた。
(おかずは昨夜の残り物)

オリーブオイルはそれはもうたっぷりで、トッピングはアーティチョークのオイル漬けを刻んだものと、大葉ペースト(バジルペーストの代用)と粉チーズ。

焼きたてのフォカッチャは最高! 
その反動か、冷めたのをつまむと「あれ? 実はこれは失敗だったのか?」と、気持ちもすとんと冷める。

f0141867_12263959.jpg










今日のお昼は、ニーの焼きたて「炊飯器ケーキ」も登場。今回は、オリジナルにココアとバナナを入れてバナナケーキ。後片付けもしっかり出来たので感心感心。残念ながら使ったパンケーキミックスのベーキングソーダの風味が残ってしまった。彼女も残念そうだったけれど、いやいや、ほかほかケーキは美味しかったよ!

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

お昼時に二人がいたというのは、彼女達の学校がカンファレンスでお休みだったから。

conference : カンファレンス。 会議、相談、協議・・・と辞書にはあるけれど、母親間では「保護者面談」。
この学区では毎年11月の第1週辺りの木・金がカンファレンスに充てられ、生徒達は休校。親に叱られることさえ覚悟さすれば、子供達には「ハッピー、4連休!」なのだ。
ただ、先生方は朝から晩まで保護者と面談。準備も大変だし、当日もしゃべりっぱなし。さぞ疲れるだろうと、毎年本当に感謝し、また同情している。

「なぜこの時期か」ということに関係して、丁度quarter(四半期)の成績が出るタイミング。なのでReport Card(成績表)やISAT(イリノイ州模試と呼べるような、)のスコアを読み合わせしながら、今後の対応を話し合う・・・

けれど、私の場合は毎回「話し合い」にならない。他の保護者が持ち時間の15分を遥かに超えて話し込んでいるのに、私は毎回持ち時間ぴったり。それはもう一重に英語力の問題で、

「質問は?」  
      「ありません」

「何か要望は? 手伝えることは無い?」
     「ありません」

で、終わってしまうから。余計なことを言って話をややこしくしてしまいがちな私だけれど、英会話の場合はなんとすっきりしていることか。普段もかくありたい、と。(笑)

二人の名誉のために言っておくと、基本的に彼女達が「学校では」ツツガナク過ごしているということでもある。

「お母さんの気持ちは分かるわよ〜。『よく頑張ってる』って言っても不思議でしょう? 授業は集中しているし、宿題も忘れない。お片づけもちゃんとできる。怒らない、わがまま言わない、リーダーシップもあって、積極的でいつもニコニコ。うちの子もおんなじ。娘の先生が同じように褒めるの。でも信じられない! 家では勉強しないし、ベットメーキングはしないわ、部屋もぐちゃぐちゃ。わめくは怒るは、言いたい放題。宿題もやれって言わないと始めないし、イライラしてふてくされて、結局つきっきりでないと終わらない。どうしてそれが『良い子』なのよね〜。でも、ニーは『私にとっては』とっても良い生徒で大好きなの。そういうことよね〜。」  by ニーの担任

そっか、だからうちの子達(ナーも5年生の時に受け持ってもらっていた)、この先生が大好きなんだなと、楽しかった面談だった。


そういうのって、カッコ付けてるのかな?  無理してるのかな?
それとも、そっちも「本当」なのか、な。
[PR]
f0141867_1261768.jpg


カンパーニュ、のつもり。「カンパーニュ系」とか「カンパーニュみたいな」とか、いや、いっそ大きく「ハード系」ということにしておこう。

オートミールを入れて捏ねて、一晩寝かせて翌日に起こして焼いた。ガレージセールの騒ぎで酒粕酵母がほったらかしになっていたのだけれど、以後、全くもって調子が悪い。1gのイーストに助けてもらったが、もしかしたら酒粕酵母そのものは何の効果もなかったかもしれない。悪いことをしたなあ。
オートミールは焼いてしまうと形が残っていなかったが、とても香ばしい焼き上がりになった。ソフト系にも応用してみよう。


f0141867_1263054.jpg


クープ入れたら切る時に面倒って言ったことがありました。
ということで、1本クープのカンパ。この方がベター。(ものぐさだから)

さて。
[PR]