タグ:日々あれこれ ( 141 ) タグの人気記事

f0141867_10183939.jpg


ここの所週代わりでラスクをおやつにしている。ザクザクと贅沢に。
全部頂き物なのです。ウシシ。

友達が送ってくれた北海道の「ポテスク」はラスクよりとっても軽くて上品なのに、しっかりポテト味で、面白くて美味しかった事!特にナーに大ウケ。

「もう無いの〜。なんで北海道は美味しいものばっかりなの〜。」

とがっくり来たり、感心したり。でも、「北海道は美味しいものばかり」の認識はよろし〜。
大人になったら、ぜひ「自力」でいってらっしゃい。(笑)

大阪で買って来て下さったという東京の?「黒船・ラスキュー」は、「ポテスク」共々、私の思う所の「ラスク」の範疇から大きくそれていて「フレンチトーストのラスク?」と思うような砂糖と卵の甘さ。

もう一つ、「ガトーフェスタ・ハラダ」のラスクも頂いた。これは私が思う所の正真正銘のラスクっぽい。「っぽい」というのは、ラスキュー同様に、今までこんなにさっくり上品なラスクを食べた事が無かったから。

「ラスクってもっとがっちり固くて、味はあっさり」という認識だったのは、「余ったフランスパンで作るんだよ」という先入観があったからか。実は幼い頃、パン屋さんに売っていたラスクはパン屋で売れ残ったパンを加工していると思ってたのですが!
今時流行のラスクは、実家の母がよく作っていた「パンの耳の揚げパン」とは世界が違うのですね。(笑)

しかし、頂いたラスクはそれぞれに有名らしく。
ちっとも知らなかったのだけれど、なんとなく知ったかぶりできそうな気分。
いやはや、ラッキーな事です。

f0141867_10185731.jpg


2年前に帰った時はロールケーキが流行っていたような気がする。
今年のスィーツはラスクやバームクーヘン、という印象が残っている。
プププ、ユーハイムの「バームクーヘン食べ放題」に行けば良かったかも。

日本は凄いなあと、毎度思う。皆食べる事に一生懸命。アメリカ人とは意味が違う!
今となっては、私はどちらにも付いて行けない。(笑)

そう言えば、駄菓子も色々新しい物あり。
2年前に体験済みの「塩チョコ、塩キャラメル」には「もう驚かないのよ〜」と思っていたのだけれど「チョコチップス」にはヤラれた。
「チップチョップ」という商品そのものではなくて、「天才バカボン」にうちのお嬢達がすっかり魅了されたってことなんですけどね。

「なんなん、それっ」

相当カルチャーショックだったようで、私の説明に大笑いしていた。
「バカボンの魅力」。
私にも説明し切れません。(笑)
[PR]
by riuilusa | 2010-08-05 10:46 | Kobe 2010
f0141867_1223382.jpg


一時帰国から戻りました。

子供達は時差ぼけそのものがあったのかどうか。ほぼ通常運転。
一方、私は朝起きた瞬間から夜寝る頃が待ち遠しく、どうしても昼寝をしてしまう。

そう夫に言ったらば、

「まあ、時差ぼけじゃなくても普段から昼寝はしてたしな。」

と言われたので、そうするとこれはもう「時差ぼけ」じゃない、らしい。

倦怠感や睡魔、頭痛や胃の痛み、吐き気。

まるで妊婦のつわりの様な独特な不快感に2週間ほども悩まされた2年前を思えば、あっさりとした回復ぶり。

よかった、よかった。

その割にはブログの更新をほっていたのだけれど、そろそろ、ぼちぼち再開できれば、と思っている。

よろしくお願いします。
[PR]
by riuilusa | 2010-07-23 12:28 | Kobe 2010
f0141867_6193089.jpg


先週焼いた山食とカンパーニュ。
どたばたの中、はっきり言って義務感だけで焼いた。この日は忙しくて「なぜこんな日に仕込んでしまったのか」とイライラが募って途中でイヤになってしまったほど。発酵のチェックも入れずにほったらかしになってしまったが、焼き上がりはなんだかまともで、味はいつも通り。
これはこれで

「丁寧にやるぞっっと思っている時と何が違う?」

と、疑問わく。

この後、酒粕酵母の種が入っていた容器はきれいに洗って片付ける。旅行後の再活動はあるのだろうか?

ここまで休んでしまうと、ねえ。(笑)

f0141867_625112.jpg


とうとう夏休みに突入。
今年度はうちの娘は二人とも「皆勤賞」だった。ナーは2年ぶり。ニーは4年連続。(その前に1年だけ空いているのがすごく残念!)私の辞書に「皆勤」という文字はないので、異人、いや、偉人だと思う。誰の子なのだ?(笑)

f0141867_6292140.jpg


この地域では「初心者向け」の百合系ばかり、去年植えたり植え替えた物が今年になって倍に増えていい感じになって来た。が、残り、グラジオラスやアネモネや、トマトやキュウリをほったまま、一時帰国。

この春はとても雨が多く、今の所植物も順調に育っているのだけれど、鬼の居ぬ間に晴れ間が続き、枯れてしまうのではないかとやきもきしている。「ウサギの攻撃」にも・・・
毎日朝ご飯を食べにやってくるウサギ3匹、どれだけ畑を網で囲ってもきれいに穴を開けてしまう。花に対しては、つぼみがほんのり出かけた所を限定でパクッとやってくれるから、ストレスのたまる事!

居ない間は好きにしてくれ、と、ウサギと夫に言っておこう。(笑)


ということで、ブログもさぼりっぱなしでしたが、このまま休憩致します。
この夏は、ブログを通じてお知り合いになった日本の皆様にもぜひお会いしたいと思いつつ、しかし、大人しくすることにしました。お誘いくださっていた皆様には失礼しました!

恐らくは、子供と一緒に地元の図書館(日本語よっ、日本語!)で暑気払いし、冷房で冷えた体は食べ歩き(パンだよね〜)の散歩で癒しながら(また歩きますよ〜)。
そういう感じの夏休みになろうかと。

体重計でスーツケースの重量もチェックしたし、庭の芝も刈ったし。
ということで、行ってきます!

追記

実は「お肉苦手@機内食」のナーのために(そもそも機内のにおいが彼女から力を奪うのだけれど)のために、「勝手なんですけどベジタリアンなんて頼めますか?」と聞いたらば、すんなりオッケーで。ちなみにビーガン(卵や牛乳はOKな、ゆるいベジタリアン)やアジアンベジタリアンなどがあるそうで、「アジアンベジタリアンはどんな感じですか?」と聞いたらこれはもう速攻に、

「お勧めしません!」

との返答をもらった。

なかなかどうして、自社の不得手を真っ正直に不愉快な感なく伝えるそのトークの能力はなかなかなものかと、とても楽しく電話を終えたのだった。
こうなると、急激にそのアジアンベジタリアンの食事に興味がわくのだけど・・・自分を含めて家族が犠牲になるのはイヤだから、誰か近くで食べてくれないかなあなどと不埒なことを考えています。
[PR]
パンもお菓子も焼いてないので、とうとう写真のネタが切れてしまった。
土曜日には補習校で授業参観あり、月曜日のメモリアルデーには今季最悪の雷雨の中でBBQ(バーベキュー)をしたりと、写真ネタはあったにも関わらず写真を撮らなかった。というもの、授業参観では私を見つけたナーは開口一番、

「写真、絶対捕らないでね。携帯でもダメだよ!」

と、釘を刺しに来たから。可愛く無いんだから、ほんとに、もう。

補習校の授業参観は、ナーとニーともに同じ時間にあったため、私はナーの参観に、夫はニーの参観に。ナーは、授業の最初から最後までお行儀よくぴしっと背筋を伸ばし、両手を膝の上に乗せて、微動だにせず授業を受けていた。

つまり、ノートも取らなければ先生の質問に挙手もせず!!

おいおい、どういうつもりなんだか、と、蒸し暑い教室の後ろで汗と冷や汗かきながら見ていた。

夫の報告に寄るとニーは、

「(先生の質問に)自信のある時は右手を上げて、自信のない時は左手上げていた」

らしく。

どっちもどっち。

ピーカンの日曜日は買い物に出かけ、夕方ちょろっとテニスなんぞしているうちに終わってしまったのだけれど、メモリアルデーの月曜日は学校も休みだったので、「女性ばっかりでバーベキュー」・・・の予定時刻に、怒濤の雷と豪雨。仕方ないから無理矢理ガレージでグリルに火をつけて肉を焼いたりしておったのだけれど、あまりの雨風の強さに途中ガレージの扉を閉めなければならないという状況にもなり、女子供は恐怖と戦いながらの食事となった。写真を撮る余裕なんぞなく。これもまた思い出に残るだろうて。(笑)

まあ、いつものごとく、1時間ほどするとカッと晴れ上がり、ゲストのわんちゃんズと散歩したりスイカ割りをしたり。そうこうしていたら、実はゴルフコンペに出かけていた夫やそのお仲間達が立ち寄って、もともとその時間に解散のはずが、宴会第二弾となり、休み明けの今日はへろへろの私。

子供には、

「休み明けに『しんどい』なんて言うんじゃないぞ〜」

などと威勢良く送り出したものの、おかんは少々下し気味のお腹を正露丸であやしつつブログを書いている。

って、今からランチに出かけるんですけどね。
何か食べられるものあるかな、食事中に緊急事態に陥ったらどうしようかと。(笑)

しかし、飲む方も弱くなったけれど、鉄壁の胃腸を誇っていた私。こんなことでは取り柄ないじゃん、と重ねる齢の実態にがっくりきつつ、素直に従うかと反省中です。
[PR]
f0141867_1248214.jpg


アメリカにいると携帯電話含む電化製品もさることながら、お菓子の類いもあまり進化をみせず、流行廃りをみることがあまりない。そんな気がするのは田舎暮らしだからか。(冷凍食品は進化する所がさすがアメリカなんだけれど。)
ブログをやっているおかげで日本の流行(お菓子類に限るが)に触れる機会多く、この「ケーク サレ」もまた然り。訳して「塩ケーキ」。何の事はない、いつも焼くマフィンに砂糖を入れないで、具を甘い系でなく野菜類にするところはこちらのコーンミールマフィン(つまりはお食事マフィン)に近いと思うと「なぁ〜んだ」と思いつつ、粉消費の一環で焼いてみる。コーンミールやこちらの小麦粉を帰国前に消費せねばという思いもあり。

ワインに合うように冷蔵庫にあったトマトとアボガドとチーズ、これもなんとか消費したい一年物の「大葉ペースト」を入れて焼いたら意外に子供ウケが良かった。が、肝心の「ワインに合う」は夕飯の段取りの都合で食べる事かなわず取りあえず冷凍庫行き。

この「取りあえず冷凍庫行き」になっている「パン類」と、在庫の粉物の消費が一時帰国までの課題なり。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

昨日日曜日、「パパと娘のデート」と銘打って、ご近所の日本人父さん3人と娘っこ達計7人を"Six Flags"という遊園地に送り出した。このデートの副題は「お母さんは家で昼寝」(笑)。

f0141867_1301336.jpg
撮影 byニー

先週まで5月というのに未だ肌寒い日が続いていたのだけれど、日曜日は「夏らしい」というより、それを越して炎天下の中、うちの子達は思う存分遊園地を楽しんで来た。その裏で一緒に出かけた大人と子供は暑さで途中ダウンしたという話もあるのだけれど。

本当の所この企画、実は前夜までキャンセルしようかと一人悶々と考えていたのだけれど、それはひとえに日曜日というとうちの子達に取っては休日ではなく、「補習校の宿題をやる日」だから。遊びに行っちゃったりした日には、平日にそのしわ寄せがくるのは目に見えている。

「折角の機会だから行ってこい!行くからには思う存分遊んでこい。でも、月曜日は補習校の宿題もやるんだよ〜。」

今日月曜日、疲れの残る体にむち打って(なにせその遊園地まで片道3時間、昨夜は夜10時に帰宅。)、ニーはなんとかやり遂げた(珍しく現地校の課題が少なかった)ものの、ナーは現地校の宿題を仕上げるのも精一杯で玉砕。
やっぱりこうなるんだよな〜、と思う事かなれ。子供が遊ばないでどうするよ、と、明日なんとか追いつけるように応援(しごき?)するつもりでいる。

さて、一方で昨日一人家に残っていた私。同じく留守番の「お母さん’s」とランチに出かける事もせずにひたすら家でぐーたらする。掃除洗濯をすませ、庭の水やりを済ませ、髪を切りに行き、その帰りに「ぐーたらセット」と題してチキンやチップス、ハーゲンダッツのアイスクリームを買い込んでレンタルビデオを借り、午後はそれらを貪りながら(ちょっとワインなんかも、ね)映画を堪能。

くぅーっ、幸せってやつぅ〜。

借りた2本の映画を観終わって「ぐーたら」にも飽きが来て、しかし未だ帰らぬ家人を待ちながらテレビのチャンネルをあれこれ探っているときに出くわしたのが「太りすぎた男性の生死をかけた戦い」とかなんとか。体重360キロの巨体になり、自らでは自分の体も起こせずベットで寝たきり。このままでは余命2年と宣告され、脂肪除去の手術の前にまずは胃を小さく切って、食欲を抑える所から人生の転換を図ろうというドキュメント・・・あまりの肉肉しさに食い入ってみてしまった。

ここまで行くとさすがに自分の現状とは(幸い)かけ離れすぎていて緊迫感は起こらない・・・けれど今朝ジムに行って体重を計ったら、あの彼のベットでの様子が頭をよぎり。いやいや、違うんだけど。(笑)

まあ、たまにだから、ね。今回は良しとしよう。
折角うまく行っていた春先のダイエットがきれいさっぱりリバウンド以上。
帰国前、冷蔵庫のダイエットとともに「ダイエットシリーズ 初夏」やります。

「ダイエットシリーズ 秋」も当然予想済みですけどね。(笑)
[PR]
f0141867_4591537.jpg


今朝フィナンシェを焼いた。
今日と明日の晩、ナーが学校で参加しているコーラスとバンドのコンサートがあり、明日のファイナルの後、学校のカフェで参加者全員集まってお茶会をするのでその時に持って行くお菓子として。2ダース焼いたら冷凍庫で出番を待っていた「残り物卵白」が全部捌けた。よしよし。

「可能な保護者はクッキー1ダース持って来てくれると有り難い。が、そのお菓子が何であるかは保護者のお好みに任せます。」

という内容のレター。持ってくる保護者もいれば、持ってこない保護者もいる。いつものことながらそういう感じ。

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

土方、一応一段落。一先ずここは水やりに専念し、来年の様子を見て追加するべし。
こうやって、ガーデニングの好きな人は毎日、毎年、子供のように庭を育てて行くのだなあと感じた次第。今まで気にも留めなかったのに、今では新芽を狙って朝ご飯にやってくる子ウサギやリスを追いかけ回す変わり様。百合1本やられた。丁度花咲く部分を残して、綺麗に葉っぱだけごちそうさま。なんとも腹の立つ事!

しかし、今回なんとか形にできたのは友人のおかげ。その友人が、

「毎年根を分けたり植え替えたり、新しい球根を植えたり、根を交換したり。楽しみは尽きないのよ!!」

と力説するのだけれど、私の頭は既に「来年でケリ付けてやる!」と、早くも2年で切り上げるゴール設定。

これ以上のめり込むと、愛着わいてここから離れられなくなりそうな気がする。
そういう意外な面も、やってみて分かった事かな。
[PR]
f0141867_1250168.jpg


金曜日に焼くスウィーツ系のパンは土曜日の朝ご飯。
その心は、朝から甘いものがつんと食べて気分はハイパー。片道160km走るエネルギー。

今日焼いたアップルシナモンロールの原イメージは不二家のアップルロール(?)。
小さい頃、あれが好きだった。

このパンの焼き上がりを見たナーは一言、

「形は練習だねえ」

君、不二家知らんし!

1週間ぶりのパン焼き。酒粕酵母、生きていて良かった。



 □ □ □ □ □ □ □

さて。

日曜日から始めたガーデニングの日々。
一通り土台が出来上がったので次は実際に植え込みに入りたい今日だけれども、まさに恵みの雨で体を休めた。髪の毛洗うまで突き指していることに気がつかなかったし、右手首ガクガクだし、昨夜何の気なしに腰に「カプサイシン入り」の塗り薬を塗ったら、夜中になって痛みと汗で目が覚め、火傷をしたようなヒリヒリ激痛で眠れず、腰に「アイスノン」敷いて熱と痛みをこらえて寝直した。

カプサイシン=唐辛子エキス。

効くのは遅いけれど、浸透した後は怖い。
24時間たった今、お風呂上がりはまた熱を持っている。いやはや。

ガーデニングは「土方仕事」だと思い知ったなまっちょろい私。
しかし、一方で日差しうけながら労働する事の純粋な疲れに甘美な余韻もあり。

やっぱり「M」ですか?(笑)
[PR]
f0141867_1222095.jpg


土曜日の晩は、補習校の終了後にアイススケートのショーを観に行った。
ナーの補習校のお友達が「出演するから」と誘ってくれたので。
子供も食い入るように観ていたが、親の方も感動しまくりあっという間に時間が過ぎた。実はアイススケートのショーを生で鑑賞するのは初めて。本当に素敵でした。親御さんのご苦労にも心底感動しました、はい。

終わってから、案の定二人から、

「やっぱりシカゴはいいな、スケートも習えて。ねえ、スケート習いたいよ〜。」

という、クレームが出る。して、「ああ、はいはい。」と聞き流す。私だって住めるものなら住みたい。(笑)

ちなみに、そのショーの後で会場の空気が冷たくて乾燥していたからか?「喉の調子が悪い」と言っていた夫は、今日熱を出して寝込んでいる。スケート鑑賞で興奮しすぎたか。(笑)

 □ □ □ □ □ □ □

さて。

金曜日に仕込んで冷蔵庫で寝かせ日曜日の夜に焼いた「セモリナパン」は、ほったらかしで型からこぼれるぐらいに膨れ上がった過剰な発酵で異様な形態をなし、写真を撮る気も失せた(味は良かったのでだけれど)。

パンを発酵途中でほったらかしにしてしまういい加減さはいつものことだけれど、今回はオーブンに火を入れる意思も失せるぐらい、土を掘っていた。日曜日は2時から7時、今日は10時からお昼を挟んで4時半まで。昨日パンの写真が撮れなかったのは、「腕が震えてカメラが持てなかった」という「いい訳」もある。

もう両腕フルフルで、腰痛で、足ガクガク。
隣の婦人が「夜はぐっすり眠れるでしょう。」と声をかけてくれたが、昨夜は疲れすぎて眠れなかった。閉じた目の裏で「ひっくり返す土の映像」が何度も何度も繰り返されて・・・

なにせ「先生」が厳しい。
日曜日に独り芝生を掘り返した1.3m×5.6mの長方形を、

「掘りが浅いからまた芝生がでてくるの。これぐらい(深さ20cmぐらい)掘り返して!」

と、ダメだし食らった。これを掘り返して土を作り直さないと実際に「植える」所まで進めないので、

「もうこれで休もう。いや、もうこのままヤメてしまおう。気長にやったらいいじゃないか。来年でも?」

などと、だんだん気弱になってくるところを、なんとか持ちこたえた。

「いいダイエットじゃん!」とか
「昔の開拓団はこういう苦労を続けたんだ!」とか
「パン教室に行ったらこの程度のダメだしで凹んでらんないぞ!」とかなんとか自分に言い聞かせながら。最後のフレーズが一番効いた。(笑)

ということで、「先生からの宿題」(明日も検閲手伝いに来てくれる。オッケーもらえるか自信はない。)もなんとか終えて、文字通りドロドロになって家に入ると、待ち受けていたのはニーの宿題。今日は月曜日。毎週恒例 "Extra Credit" という

「やんなくてもいいけど、やったらご褒美に点数上乗せ」

という宿題が待っていた。せめてシャワー浴びるまで待ってください。(泣)

今日のクイズは、

「以下の短縮された文章を正しい文章に直しなさい。」

というもの。例えば、

7D in SW → 7 dwarfs in Snom White.(白雪姫と7人の小人)とか、

12I in a F → 12 inches in a foot. とか、このパターンに添って、20題を解いて行く。

いつも一応最初はニー1人でさせて、限界が来たら私が手助けするという流れをとるのだけれど、彼女のあきらめはもの凄く早い。(笑)基本的にこういう宿題は「親が手伝ってなんぼのもん」なので、いつも間違えていようがなんであろうが、意地でも埋めて出すようにしている。
私がこういうの好きだから、ナーもニーもラッキーだと思う。ホントに、ねえ。

が、どうしても分からないときにはネットを頼る。世の中には似たような親がいるもので、こういうサイトに行くと、似たような質問と答えが大概みつかる。そして、

「世のお母さんは皆大変だ!」

と、それを励みにしてまたクイズに戻る。(笑)

で、ニーの宿題をやりながら、ナーが宿題を終えるのを待っている私。
今日は特に宿題が多いとかで、10時を過ぎたのに未だ終わらず。
私ももう、寝たいのに・・・早く宿題、終わらせて〜。(笑)

と言ってる間にブログ一日分書けましたね。睡魔に勝てずやり残したナーは朝5時半に早起きして残りを片付けるとか。ついでに私も起してください。(笑)
[PR]
f0141867_511641.jpg


先週末に焼いたパン。
酒粕酵母でカンパーニュ、"ザ のっぺら坊主"。ちなみに左がボウルなし、右がボウル被せあり。同じのっぺら坊主でも、表情がちょっと違う。味は違わない。(笑)

たまたまオーガニックのコーナーで「スペルト小麦」という種類を発見したのでそれを混ぜて焼いたら、全粒粉と同じような風味がした。が、絶賛するほどの違いはなし。おそらく、作り方があってないのだと思う。なんとなくそんな気がする。

二つのうち一つは冷凍庫へ直行。

f0141867_513633.jpg


こちらも週末のバゲット。
普通に中力粉だけ、グルテンパウダーを今までで最小量の1.5%に減らして焼いたら、皮は柔らか、中はもっちりなバタールになった。ひぇ〜。

まあ、これはこれでいいのだけど、こんなに違っていいのか?
これも何か間違ってないか?
カミソリもうまく入らなかったし。

そして、これも二本のうち一本は冷凍庫へ直行。
あんまり「直行」させていたら冷凍庫がパンだらけになるので、もうやめやめ。
そもそも、「冷凍庫を空にしたい、してみたい!」が口癖なのに、なにやってるんだか。

f0141867_52128.jpg


今週は忙しい。私じゃなくて子供が忙しいのだけど、私まで気ぜわしいので「練習」する姿勢にならないし、このままではやっつけ仕事になるだろうから休憩。


f0141867_523026.jpg


さて。

金曜日の夕方、新聞に載っていた地元の市立図書館であった「チョコレートフェスティバル」に参加。本を返す予定もあったので、お誕生会に出かけたニーを友達の家におろした後、ナーだけ連れて行く。

        図書館でチョコレート、コーヒー付き。

こんな幸せがあっていいのだろうかと、チョコレートを山盛り皿に盛り、コーヒーと本を抱えて隅っこの席に陣取って幸せ気分に浸っている間、ナーはマンガコーナーで立ち読みしていた。

「ねえ、チョコレート、食べないの?」
「チョコレートの気分じゃない。ママこそ、食べ過ぎなんじゃない?」

ああ、ほんとにもう。最近のナーったらばノリが悪い!!
私のことを厚顔無恥かのように・・・

まあね、私もそういうお年頃があった、あった。
大丈夫、その内一緒になって、チョコレートがっついたりするんだから。(笑)

う〜ん、でも、もうちょっと先かな?
[PR]
f0141867_4273040.jpg


vivianさんのレシピで「ルヴァン」(ライ麦で起す酵母)の作り方が載っていたので作ってみた。
それを使ってバゲットを仕込んだ。練習、練習。

f0141867_4283040.jpg


クープもまだまだ、気泡もちょっと大きくなったけどまだまだ。
でも、味は深みが出た。発酵生地を使っている独特の風味、酸味。まるでサワードゥのような。というか、これぞサワードゥそのものではないか?
そういえば、以前とレーダージョーズ(スーパーマーケット)で買った「サワードゥ バゲット」の味かも!
・・・しかし、これは「ルヴァン」の正解か、不正解か?はっきりとしない。「本物」の味覚えてないもの。(笑)


さて。

今朝、コーヒーを飲んでいたときニーが起きてきて「おはようっ!」と言った途端に私がコーヒーをこぼしてしまった、ら、

「ごめんなさいっ!」

とニーが言った。いやいや、別に君のせいじゃないよ、と。

お昼ごはんに帰ってきた夫。私がバゲットを焼き始めた所、オーブンの温度を下げるのを忘れていたので、

「あっ、しまった!」

と声をあげたら、

「ごめん!」

と夫が言った。いやいや、あなたのせいじゃないですけど。

ついで、しばらくして夫がこそっと「ちょっと言っていい?」と尋ねる。「ん?」

「あのさぁ、クープの話なんだけど、俺が見たの、もう〜ちょっと浅かった・・・かも。」

プププ、いやいや今までの私の切り込み方が極端に浅かったから大丈夫!参考になったよ、と応える。

が。

よっぽど怖いのね、私って。まあ、今更いうことでもないけど。
しかし、なんだな、うん。
[PR]