タグ:日々あれこれ ( 141 ) タグの人気記事

vivianさんのバゲット・・・には遠く及ばないけれど、これでも一応本読み込んで焼いてみた。
f0141867_10271582.jpgf0141867_10272923.jpg

「読み込んだ」つもりが、成形最後のステップをいい加減にしていたことに気がついたけど遅し。次回への課題。日本で「石釜焼きのパン屋さん」で買い物してきた夫が、

「思ってたよりも深く切り込みって入れるんだなあ」

という言葉が、本にあるクープの入れ方のイメージを具体化してくれた。
しかし!クープが開かないのと穴があかないのは変わらない!。ここまで来たら、オーブンと粉のせいにしたくなる。

ただ、久しぶりにピキピキ鳴った。やっぱり腕のせいなのね。



さて。


本と言えば、買い込んで来た(持って帰ってきてもらった)本、まずは「1Q84」読了。
もともと村上春樹は「大人の童話」という認識で読んでいるのだけれど、今回は読み始めから「不思議の国のアリスみたいな」と思い読み進めていたら、最後、「おっとぉ〜」という言葉がありましたね。いや「そのまんま」なんだけど。(ニヤリ)
でも、まだ心に落ちてこない、ひっかかりあり。今、なぜ、これ?
人間年を経ると丸くなるというが、そういうことですか>って、違うよね。まだ読み込みが足りないのかな。

取りあえず、次、北村薫氏行きます。高村氏は最後だっ!

さて。2。

最近パン焼きにスリルと緊張を味わって、読書で息抜き。ついでに日本のドラマでトロリとした日々を過ごしていたら英語が完璧に抜け落ちてしまった。
学校も行ってないし、レッスンも受けてないし、自分で勉強もしていないし、しかもナーが「ママは英語しゃべらないで!」と言うようになったので「勝手にしろよ」とほったらかすようになったらますます英語を使う機会失せてしまい。
友人とのランチなんぞは、それはもうい〜加減なレベルでやり過ごしている。

ストレスが無いからか、それはもう体調はすこぶるいいんですけど。(笑)

まさか、アメリカに来て英語じゃなくてパン焼きの練習に夢中になるなんて、想像もしなかった。ここまで自分が弛むとは、まさに想定外。

ベンチタイムの良い弛みは二次発酵にいいんですが?
じゃなくって、生地過発酵でドロドロ?(笑)
[PR]
イーストで山食を焼いた。
一斤型がないので、パウンドケーキの型の容積を量ると、我が家の二斤型の約37%。一斤の8割計算で材料を計り、一回り小さいパンが焼けた。
丁度我が家の一日の消費量、逆に言うと「毎日焼け」ということかと思うと難儀だ。

f0141867_346180.jpg


実は、夫が日本から「(実家の)近所に美味しいパン屋が出来た」と言って、石釜焼きの山食パンを買ってきてくれた。飛行機に乗る前日に買ったので、私たちの口に入るまでに焼けてから丸二日経っており、焼きたてを食べてきた彼にしてみれば「食感が落ちていてがっくり」という所なのだけれど、私達にとっては

「美味しい〜♪」

丁度「クープフェチ」さんのレシピ本にあった山食パンに惹かれていた事と、酒粕酵母で失敗続きだったので、初心に帰りイーストで気合を入れるという意味も込めて。

f0141867_3501046.jpg


久しぶりのイーストで、準備の段階からかなり緊張した。捏ねの具合、発酵温度、発酵倍率の見極め・・・全てにおいてこの真剣さが最近なかったなあと猛反省。レシピにある材料が揃わないので違いがあるとはいえ、おかげで久しぶりにまともなパンが焼けた。
生地の巻きは俵にしたのに不思議な伸び方をしているのは、恐らく捏ねの段階から水分が足りず固かったからかな、と思っているが。

ちなみに日本で売っている「モルト」と全く同じ商品はこちらにないので、恐らくは同じ類いと思われるグルテンとビタミンCの配合された粉末を使ってみたら伸びが良くて、引きの強い食感になった。焼き色の良さも恐らくこれのおかげかと。(本当の所、「おうちのパン」にこういう添加物を使うのには抵抗があるのだけれど、最近はモルトもビタミンCも一般の家庭で使われているのだと思うと、躊躇せずとも良かろうと決意。)

しかし、酒粕酵母ののんびりさと違って、イーストは工程の進捗が早い事!
発酵させている間にちょっと走ってくるかぁ〜、と出かけたものの、気になってそそくさと家に戻ったら丁度いい感じに発酵していた。危ない危ない。

「イーストで焼いてみて良かったね!」

とニーに言われた。やっぱり「きちんと」しなきゃね。

ということで、今日は朝から粉やその他の材料のストックをチェックしてみた。明日の補習校は三学期の終業なので、次回4月まで春休み。シカゴで買い出しをして、じっくり田舎で「実験」に取り組めるようにしておこうと思う。

加えてほったらかしのオーブンも掃除。
仕込み中の酒粕酵母が完成したら心機一転、また初心に返ってスタートしようと思っている。

ナーとニーの新学年と一緒に、ね。
[PR]
f0141867_5124382.jpg


ルバーブが売っていたので一握り5、6本だけ買ってジャムにした。
計ってみると約280g、砂糖と赤ワインと水で仕込んだらちょうど一瓶の量になった。どうせ作るなら一気にたくさん作りたいけれど、消費量としてはこの程度がちょうどいいのかな。

前回秋の終わりに作ったルバーブのジャムは、茎の色が茶色がかった緑で、味は酸味も程々でいい感じだったのだけれど、いかんせん色が良くなかった。けれど、こういうものしか売っていないのならば仕方あるまいと思っていたら、今回売っていたのは鮮やかな真っ赤!おかげで綺麗な色のジャムになった。

ナーはイチゴジャムの方が好きだけど、ニーはこのジャムが好き。
酸味を好むか好まないかの違いかな。


さて。

ダイエットすると言っておきながら遅々として進まず。
夫からは

「ピーナッツのたたりじゃないか」

と言われている。一日中ポリポリ、ニーには「ピーナッツアレルギーにならないようにね」と釘をさされるぐらい。
ピーナッツオイルが体の内側に厚い層を成しているのか?

しかし、それでも結構食を控えた甲斐あって、ようやく体が痩せようという気になってきたかな、という気配が見え始めた週末。今度はポップコーンに埋もれる。

補習校帰りに観に行った"Alice in the Wonderland"で、巨大ポップコーンの袋とナチョスの箱を抱え、ナーと二人で映画の最中ずっとパクパク。
そして、昨日のオスカーも、終止ポップコーン片手にもぐもぐと・・・



映画はニーの嫌がるのを無理矢理押さえ込んで「3D」で。なかなか子供受けよいと思われいい塩梅の迫力。(大人だけでわざわざ観に行くものではないかもしれないけれど)
が、恐がりのニーは途中「3D眼鏡」を外してしまい、家族から非難囂々。

オスカーも、子供達が色々話題を交えてくれるので楽しかった。司会者の話にナーが一人で大受けして笑っているのに、残念ながら私は理解できず、

「同時通訳してよ」

と言ったらあっさり、

「やだ」

と言われてがっくりしたり。

メリルストリープが賞を取れなかったのは、ファンとして残念。だけど、ノミネート作品がジュリー&ジュリアでは、無理だろうという気がしてたんですけどね。
「プラダ」の時の方がずっと似合っていたという気がします。
[PR]
昨日うっかり昼寝をしてしまい、子どもが帰って来ていたのに気づかず10分ほど閉め出しを食らわせてしまった。
今日は大丈夫。
ドアを開けたら、ナーがニヤーッと笑っていた。

久しぶりにお菓子パンを焼こうと、それも上手く焼けたことのない「メロンパン」を焼こうと思った。
結局また失敗した。前回はパンを包むクッキー生地がだれてしまい失敗。今回はクッキー生地が固く、伸びないまま割れてしまった。

なぜ?

あんまり下手なパンばかり載せてもキリがないので、身内が恥をかかない程度の物が焼けたら載せることにする。そして、気が向いたら過去の失敗作はどんどん削除して行こうかと思っている。

ブログも、「書けばいい」ってものではない、そんな年齢ではないかとふと考えたり。
もう少し、日常を真摯に見つめて、丁寧に育てて行きたい。

失敗メロンパンをみていたらそんな気分にもなる。
(それぐらいヒドい)



そんな愁傷な気持ちも、また、秋の空。
ころころ変わることでしょう。


で、放課後。

「ママっ、学校が始まって嬉しい?今日は楽しかった?」

と2人が聞く。

「うーん、気分はこんな感じ、かな」

とメロンパンをみせたら、

「あああ、面白くないねえ」

とニーに言われた。

アッタリィ!!
[PR]
f0141867_1221045.jpg


(今頃、な話題だけれども)土曜日は補習校の2学期の始業日だった。
子どものみならず、私自身も久しぶりにシカゴの友人とタイ料理でランチ。
最近中華を食べるならタイ料理の方がマイブーム。(古い言い方?)
アメリカ仕様なのか、傾向として香りもスパイスもマイルドな感じがするけれど、そのおかげで私には無難に楽しめる。
3件しか知らないタイ料理のお店がどこもまあまあ美味しい。ということは、中華に行くよりも失敗率が低いという経験値も手伝っているのだけれど。


今回のランチは実はお別れ会。
迎えるよりも見送ることの多いここでの生活。慣れていることとは言え、彼女の帰国は本当に淋しい。日本で無事に、早く、落ち着けますようにと祈るばかり。



で、本当は書きたいことも色々あるけれど、なかなかパソコンに向えないのはウツウツとした気分だからではなく、読む方に忙しいから。

土曜日の日系スーパーでは書店にてセールのイベントがあり、売れ残りの雑誌を1冊1ドルで販売していた。雑誌も本もこちらで買うにはなかなか高い上に、補習校の図書館がとても充実しているという背景もあって、私は殆ど自腹切って本や、ましてや雑誌を買うこともなく。

日本の雑誌読んだってそんなオシャレな格好をして出かける所もなければ、参考にしたいレシピも思うように食材が手に入る訳でない。

が、1冊1ドルとなれば話は別で、手に取るもの思いつくまま買って来たものが今手元に積み上げてある。

雑誌を読めば、今度は色々行きたい所や読みたい本、興味のわくファッションも色々と出て来るがそれはさておき、一番は「食べたい料理とそのレシピ」。これはマンネリ化している私の食卓にもぜひ活かさねばと思う。

が、5週間ぶりの日系スーパーで雑誌は買っても食材は大して仕入れて来なかった。「材料がないんだよね」と逃げ道を作っている。結局目の保養だけで終ってしまうのか?

子ども的には「雑誌代で『日本のお菓子』でも買って来て欲しい」と思ったのだろうな。きっと。
怖くて言えないだけで、ね?(笑)
[PR]
f0141867_0352493.jpg


昨夜の嵐の後、今朝起きたら表の庭の木から大きな枝が折れて落ちていた。
今回はどうやらお隣の電線を切らずに済んだらしい?

去年は帰国中に隣家の電線を切ってしまい、相当な迷惑をかけた。いっそ根元から断ってしまおうかとも考えたけれど、思いのほか皆から反対を受け、結局は限りなく現状に近い形を残して古い部分だけ落とす、という剪定に留めたのだった。

f0141867_0405885.jpg


嵐はいつも西からやって来て東へ抜ける。
だから、いつも迷惑を掛けるのは東隣の家。

前回「根こそぎ断ったら、(隣家の)彼女が一番悲しい思いをする」と考えて切らなかった。
だからして、どうかあまりお隣さんに迷惑のかからないようにしてね、と、今朝も木を見上げて祈ったのでした。
[PR]
f0141867_8134582.jpg


黒豆のケーキの後、他に作りたかったのは黒豆パン。
抹茶の消費が目的で生地に混ぜ込んでみたのだけれど、家族からダメだしをくらった。

「もっと甘い方がいい」

抹茶なら餡を入れた方がいいらしい。
私もそう思う。

ちょっと物足りないので「黒ごま入りのきな粉」を砂糖と一緒にバターと混ぜてスプレッドを作り、それを塗って食べたら美味しかった。結局子どもはウケしなかったのだけれど。

白いしっとりしたパンに入れたかったな。
丹波篠山で食べたみたいな。
ああいう生地はどうやって仕込むんだろう?

f0141867_814299.jpg


しっとり焼きたかったから(手製)セルクルに入れて焼いたのだけれど、2つだけ、セルクルをハート形に曲げて発酵させたら、ちょっとハート形っぽくなった。でも、やっぱり中途半端だな。




しばらく更新出来なかったのは単にダレていたからだけなのですが、ダレてしまった最大の理由が二日酔いならぬ「三日酔い」で、日曜日のバーベキューの後、月曜火曜とフラフラに。寝てる訳にいかないので一応動いていたのだけれど、最低限の用事を済ませたらあとはじ〜っとしていた。

持ち寄りのお酒が日本のお土産の珍しい物だったり、自分では買わないような「高価な」ものだったりしたので、ついつい缶ビール片手に、スパークリングワイン、ワイン、焼酎、日本酒をよばれて帰ったら、月曜日の朝には動けなくなっていた。カッコの悪い話。

「自分の歳と体調を自覚してもう二度とチャンポンはしませんから、どうかこの気持ち悪いのを助けて下さい」

と祈った。もうお酒はだめだ、と思った・・・いや、普通にちょっとだけならいいと思うんだけど。(笑)


ということで、フラフラしながらも荷造りやら終えたので、明日からちょっとお出かけします。ブログへの戻りは10日後が目標。

「明日は朝3時起きだっ!」

と宣言したら、ナントうちの娘達、6時からベットに入って、

「寝れな〜い、パパの芝刈り機の音うるさ〜い」

とか文句たれている。(この時期、旅行に出る前は荷造りより芝刈りを忘れずに。)
確かに計算はあっているのだけれど。
無理に寝なくていいじゃんと言いつつ今のぞいたら、ナーは寝ていた。彼女の寝付きの良さには本当に感心する。(寝起きの悪さも家族一だけれど)

では、行ってきます。
[PR]
f0141867_11501173.jpg


Uさん、これ読むかな?
土曜日にもって帰ってもらったプルマン、不出来だったのがやっぱり気になって。
ごめんなさい。
どうせ押し付けるなら、やっぱり上手く焼いたのを食べてもらいたかった。

月曜日に焼いたのはこんな感じ。
取り替えられるものなら取り替えたかった。
漫画で表現出来る芸があれば、きっと、膝をガックリ床に落として、頭をたれて床叩いている絵を描きいてた。そんな感じ。

バーベキューの用意しながら、ビール飲みながら。
ヘタなくせにいい加減なことしてたら・・・やっぱり、だめよね。(笑)→(笑)う所じゃないって?
[PR]
f0141867_901361.jpg


裏庭にほったらかして4年(5年?)過ぎた百合が、この春はなぜかつぼみを沢山付けた。つぼみを付けてからの花を掘り返して移動させるのは気が引けたけれど、表玄関の先に花壇を作ったので、そこのメインにしようと思って植え替えた。無事に花開いてほっとしている。
といっても、開花は6月上旬。今写真の花もすっかり散ってるのだけれど。

表の庭に花壇を作ったのは5月。
これは私の計画では「2009年度第一期家庭内公共事業」。幾種類か植えた花が一通り時期を追って咲き終えた今、来年植える球根の目星も付いたので、一期事業は完了の次第。

続く「第二期家庭内公共事業」は裏庭の整備&「パティオ作り」。
春先、「毎週末時間つぶしにお茶だけしに行く」IKEAで見たパティオセットをみた夫が、なぜかやる気を見せてくれて、「この機を逃すまい!」と設計見積もりから一気に施行まで持込んだ。
「July 4thまでに完成させて、友達呼んでBBQだ!」と言うことで、週末は夫も補習校への送迎を休み一人庭を掘り返して石畳を敷き詰め、ようやく今週完成に至る。おめでとう〜!!

ということで、ここの所日が落ちかけた夕方は毎日土まみれになっていたので、体力気力共に台所に力及ばず。何しろ昨夜なんぞ、ささくれ立った指先がシーツに引っかかってその痛みで目が覚め、次は膝小僧が外れたような痛みで目覚め、最後は股関節がつって目覚めたぐらいだからして。

一通り落ち着いた上に、子どものスケジュールも流れに乗って来たので、またパン焼きも楽しんで行きたいなと思っている。(そういえば、夏休みもあっという間に一ヶ月、三分の一が過ぎてしまった。)

とはいえ、今はあくまでも下地が出来ただけのこと。「ガーデニング」に入るのはこの秋から。
ということで今は「第三期計画=来年に向けての種まきや球根植え」を立案中。ついでにもうちょっと庭を掘り返してやろうかなと目論んだりもしている。

こういうことは、考えているときが一番楽しい。
「予算も時間も無限にあれば!」
と願うのは、何をしていても同じこと。しかし、今回はどちらも結構予定外に使ってしまった。後のことは考えないでおこう。(笑)
[PR]
f0141867_12142790.jpg


時間がなくてイーストで起こしたジャガイモのパン。ポテトブレッド、ハムとチーズとタマネギ入り。
イメージはポールポキューズのオニオンブレッド。(昔から好きでよく食べていたにも関わらず、どんな名称だったか自信無し。去年帰国した時もしっかり食べた。買って帰るとき、バスの中で「タマネギ臭くて」困るパン。)
粉に対し、マッシュポテトを対比50%混ぜたジャガイモのパンは、以前「じゃがいも」だけで、他に具材を入れない「白いパン」を焼いたら確かにしっとりもっちりとはしていたのだけれど、なんとなく、

「じゃがいも臭いパン」

でしかない、なんというか、中途半端な感じだったので、じゃがいもの風味を活かしてハムやチーズ、炒めて塩こしょうしたタマネギを巻き込んで焼いた。自分で言うのもなんだけど、美味しかった。問題は「巻き巻きの仕方」を間違えたことかな。まあ、どっち向きでも食べる分には支障無かろうて?

ニーは食パンにチーズやハムをのせて焼いて食べるのが好きなので、勿論問題なく気に入ってくれて、

「トーストにはバターとメープルシロップか、ヌテラ!」

な、ナーも気に入ってたので良かったなり。

が、

「これってヘルシー?」

って、君が、いや私も毎朝食べてる甘い甘いトーストよりは、ずーーーっとヘルシーです。(笑)


f0141867_12275834.jpg


今日、初めて収穫した豆。家族皆から「ほっとき過ぎて、中の種が固くなってるんじゃないか?」と心配されていたのだけれど、欲張り母さんはプクプクに太らせてから食べようと、しばらく指をくわえて我慢していた。

軽く茹でただけの豆。もちろんさやごと丸かじり。これがぷりぷりで、しゃきっと、甘くて美味しい!!ナーもニーも細い目をひんむいて「おいし〜い!!」。
ほんのちょっぴりしか実ってないけど、食べられるものができたなんてとっても嬉しい。

すでに来年の畑仕事に夢を紡ぐナーとニー。
それとこれは別だからして。来年も植えたりするか、は期待しないでね。(笑)
[PR]