タグ:焼き菓子 ( 127 ) タグの人気記事

f0141867_210631.jpg


差し入れにマネケンワッフルを頂いた。
当たり前だが一つだけだった。当たり前だがその場でさっさと食べてしまった。久しぶりだった。美味しかった。

しかし。

こういうのはどうしても(気持ちが)すっきりしない。本当は持って帰って3人でシェアしたかったのよ? みみっちい話なんだけど。

ということで家に帰ってからイーストでワッフルを仕込んだ。メープルシロップで風味漬け。

ところがあんまり甘くない。マネケンの後だから余計にあっさりと感じる。しっとり甘いのが食べたいの。
ということで、焼き上がりにメープルシロップ塗って、グラニュー糖まぶしたら、当然甘くてしっとりしましたよ。
もちろん、どえらいカロリーオーバーは承知の上ですけどね。

教室に貼られた自己紹介ポスターの「私の好きなもの」の欄に、ただ一言大きな文字で、

「甘いもの」

と書いていたナーだから、喜んだのは勿論のことですよ。
(ちなみにニーは「甘すぎて頭痛くなる〜」と唸っていたが)

f0141867_2101394.jpg

携帯で撮った写真。携帯そのものの使い方も未だよくわかってないけれど。

さて。

私も9年ぶりの桜を眺めた今年の春。
咲くと同時に雨風の強い日があって花が散ってしまうのは、無情にも毎年のこと。先週末満開だった花も、この週末はすっかり散ってしまった。あまりにも早くてあっけないと、日本の四季の繊細さを感じ。

「こんなにたくさんの桜を肉眼でみたのは初めてだよ」

と言ったニーと、

「毎日昼休み中桜をみていて、友達に不思議がられて、『9年ぶりだから』って言ったら驚いてたわ。」

と言ったナー。

赤ん坊の頃の花見を写真でみて擬似的に覚えているのか。
教えていないのに桜に惹き付けられるのは遺伝子でしょうか。

近所のスーパーへの買い物がてらの散歩道は、トレーナー一枚羽織るだけで足りる心地よさ。
毎回一時帰国は夏だったので、日本の春の匂いを久々に感じた週末でした。

「でもさ、毎年補習校で桜と写真撮ってたじゃん?」
「あれ、小さかったし。」

そんなこと言ってる彼女達の「今年の桜」は、やっぱり学校に植わっている桜の木。
別段花見に連れて行った訳でもないのに学校の桜で十分感動している様子だったので、あえて花見をしなくとも良し、な、今年の桜日和だったのでした。

で。

母はすっかり春眠になんとかなのに、日曜日の晩なのに、ナーは模試で塾にお出かけ。
桜が散るのも早ければ、中2でも早、受験準備。

日本の春はなかなかに厳しいものです。はい。
[PR]
f0141867_18524376.jpg


1本だけあったさつまいもと、それだけではちょっと物足りないからリンゴを一緒にバターと砂糖でソテーして、メープルシロップやシナモンやラム酒でしっとり目に焼いたケーキ。
素朴な甘味がいいのです。

が、しかし。
こういうのしか焼かないからか、最近無性に「生クリームてんこもりでこってり」なケーキが食べたい。
で、先日外出先でお茶した時に「モンブラン」を食べた。
なにがトピックかと言うと、私はあまりモンブランを食べない。生まれてこのかた、合計3つぐらい。
そして食べてみた感想は、「いいかもしれない」。

年を取ると味覚が変わるっていうからなあ、とその時は思っていたけれど、こうやって書いてみるとくりもさつまいもも風味は似てる。単にクリームが付いているかいないか、だけの違い。

今まで「好みじゃない」と思っていたのは大きな勘違いだった、というお話。


さて。

昨日日曜日は、ナーが参加する吹奏楽部が市内の中学校と合同練習会をし、そこで保護者観覧オッケーの演奏会もするというので、観に行って来た。だいたい、彼女の部活に関しては、一方的に反対するばかり。一度はその様子も観てみようと思い。

上手かった。
ナーがアメリカでやっていたのとはエライ違い。
演奏の質もさることながら、その場に臨む気合と姿勢が違う。

先生の言葉一つ一つに間髪入れず「はいっ!」と返事するその全員の声が全て重なって乱れていない。
ナーが「先生より恐い」と言っていた「先輩」達の貫禄。
そして「合同練習会」と銘打ちながら、実は夏のコンクールを目指し、競合校の状況把握を目的としているのがありありと。

まだまだ曲は出来上がっていないけれど、なかなかの上手さ。確かにそのレベルを目指すなら、朝から晩までの練習もやむなし、と思った。

が、子供達はその努力を心から楽しんでいるのだろうか。

どうしても顧問の先生は、子供の心情や意向を無視してただひたすらコンクール入賞を目指しているように見えてしまう。子供達に入賞の栄誉と喜びを与えたいと思っているのか、あるいは、その栄誉は先生のためにあり、結局自分のキャリアと布石のためではないかとうがった見方もしてしまうのは、私がまだナーの部活に納得し切れていないからだろうか。

高見を目指す者は、こんな甘いことを言ってられない。こういう輩は結局何をも成し遂げられないんだよね。
と、自分のへなちょこさを子供に教わった母。
「部活よりも勉強してほしいんだけど、な。」
なんて思っていると私には彼女達の奏でる音楽がトゲトゲと、違和感感じた午後でした。

まっ、単に彼女達の音色がまだまだ割れていたってこともあるんですけど、ね。
[PR]
f0141867_14511312.jpg


今日は中休み。
水曜日が休みなのはとっても嬉しい。二日お仕事行って水曜日に家事して、またお仕事に行ってお休みして。
素敵すぎる!
ちなみに、ゆるゆるなのは今この時期だけらしいですが。(笑)

さて。

明日のひな祭りを前に、一足早く今日お祝いしちゃえ!
ということで、朝からちらし寿司の具を仕込み、抹茶ケーキ入りのプリンパフェを作った。

抹茶のスポンジケーキを焼いて一口サイズに切って、市販のプリンと刻んだ苺をあわせて生クリームを絞り出す。

私には「美的センス」というものが全くない。もう何回も言っているから言う必要もないと思うけれど。
頭で思い描いていたプリンパフェとは全く違うものになってしまった。イメージトレーニングしたのに。
う〜ん。



休みだから何しよう。
休みの前はあれこれ考えるけれど、その日になると結局パタパタと、時間がスリッパ履いて逃げて行く。

そろそろニーも帰ってくる時間。
あっという間にタイムアウト。
でも、仕事を始めて、「おかえり」って言ってはもらうけど、「おかえり」って言ってあげてない。(いや、塾からの帰りには言ってますが)
今日は大声でおかえり〜って言って、迎えようと思う。




それも休日、ってこと。
[PR]
f0141867_16455784.jpg


先週焼いたマカロン。
とうとう禁断の世界に踏み込んでみるも、玉砕。

なんとか見栄えの良さそげなものだけ集めて写真を撮る。
が、残りは、

f0141867_1647728.jpg


こういうこと。(笑)

今回作ったのはココアの生地に、クリームはヌテラ。
勿論ナーは狂喜。ならば良かった。

が、しわしわ、ひび割れのマカロンをみて自分の老化と重ねてしまうのは、自虐的というか悲観的すぎるというか。(笑)

さて。

お仕事順調。子供達もうまくつきあってくれている。
なんともいい所を見つけたと思う。

ナーのおかげで毎日私も弁当持参。今日は午後からせっせと総菜を仕込む。
が、土曜日に作ったお惣菜、月曜火曜と持つものか?
手抜き魂胆もほどほどに。
[PR]
f0141867_11535199.jpg


実は先週金曜日に焼いたバナナケーキはチョコチップ入り。これがバレンタインに向けてチョコレート工場を稼働したスタートだった。使ったのはアメリカから持ち帰っていたハーシーズのチョコチップ、スペシャルダーク。ミルクチョコレートよりちょっと濃いめな所が使い勝手よく。
今回、バレンタイン用に明治の板チョコを買い込んだ(セールしていたので)。そのまま食べるとやっぱり日本のチョコレートは繊細で美味しいなあと思うのだけれど、あちらの甘さに慣れ親しんだ身にはちょっと物足りない。やっぱりこれも買い溜めておけば良かったと思う。
「アメリカで買うものリスト」は長くなる一方。日本のものを恋しがっていたのに、なんてざまか。

昨日夫とフェイスタイム(実は彼とはiPodで毎日ビデオ通話をしている)していたら、おもむろに会社の女性からもらったというバナナケーキを食べ始め。
「あっ、私も焼いたんだよ」
と言うと、
「ブログに載ってないじゃん」
と言われ。チェックされてるなあ。ネタがあったから後回しだった訳ですよ、と。
毎日色々作っているけれど、何一つ彼に食べてもらえないのは淋しいことだ。

さて。

昨日薬局に行って「しもやけ」の薬を買って来た。しもやけの上に関節がひび割れてガサガサ。
「油断していたらあっという間にひどくなっちゃって」
と相談したら、
「今年はしもやけで困っている方がいつもより多いですよ」
と言われた。こちらもいつにない寒さだという証拠か。

「ママは小さい時にしもやけに悩まされてね。すぐに指の関節が割れて血まみれになって、とうとう両手の指全部に包帯巻いて学校に行ったんだよ〜。」

と話していたのは、帰国寸前。「その昔、ママが通っていた学校は手袋もマフラーも許されていなかった」と、彼女達を脅かしていたとき。
今はそういうこともないので心配ないが、ニーは足の指にしもやけが出来て、初体験な彼女は不思議そうに困っている。(笑)ナー何ぞ「カイロ買って〜、皆持ってて温かいの〜」と言うから、「ママの頃はカイロなんて禁止だったのになあ」と言うのは、世代の違い。そういえば、昔々はカイロも高かったと思うのだけれど、100均で8個入りが100円だった。効果は不明だけれど、安いものだと感心した。

さてさて。

ヒマヒマな私は家にいてもすることがないので、今日もパンを焼く。
それでも暇なのでテレビでもみるか、と思うが、昔からテレビを観ない人だったので、今更何を観ろという。

先般、テレビで「沈まぬ太陽」(映画)をやっていて、テレビの使い方を覚えることも兼ねて録画をしてみたが、その後観ていなかった。だったらそれでも観ようかと思うが、今それを観たら、田舎で孤軍奮闘している夫を思って泣きそうなので辞めておこう。いや、彼らの境遇は天と地ほども違うのだけれど。(笑)

実は実は、来週からお仕事に行く。
ハローワークで申し込んでいたパートのお仕事が決まったので。

これで「暇だ」などと、不埒なことを言わずに済むだろう。いそいそと、しまい込んでいたパンプスを引っ張りだして磨いてみたり、スカートを出して履いてみたり。20年前のスカートが未だ履けることを確認して、アイロン掛けもしてみたり。

それでもすることが無くなってしまった。

ということで、週末にかけて、またオーブンに向かうのかなあと思ったりしているのでしたとさ。
[PR]
f0141867_21321352.jpg


本当は11日だったけれど、13日にニーのお誕生日を家で祝う。
ナーもニーも忙しくて、二人の都合に合わせていたら遅くなった。何か間違ってないか。

折角「祝日」(建国記念日)に産まれたのに、アメリカにいたときは「普通」の日だった。だから「嬉しいねぇ。日本が国中揚げて君の誕生日を祝ってくれるよ」と言っていたのに。仕方ない。

バースデーケーキ、彼女のリクエストは「ガトーショコラ」。
この3連休はとことんチョコレートづくしでありました。

ということで、同じ日に焼いた「ガトーショコラとブラウニーの違い」は、と言うと、(勿論配合に違いはあれど、使う材料が殆ど同じと言う点で似ているので)

ガトーショコラは一生懸命力の限りをつくして卵をホイップしたけど、ブラウニーは、ナーと一緒に「適当でいいよ〜」って感じだった

ということでしょうか。(笑)
[PR]
f0141867_17101089.jpg


チョコレートマフィンを焼こうと思ったのだけど、あれれ? マフィン型ってこれ(6個用)しかなかったっけ?
勘違い、勘違い。アメリカで使っていた12個用の型は日本のオーブンに入らないだろうと、人に譲ってきたんだった。

ということで、マフィン12個分の生地をミニローフに3個に分けて焼いた。
ちょっと可愛い感じだけど、味はマフィン・・・バターケーキでもないし、しっとりチョコケーキでもないということで、見た目から想像した味と実際が異なると、かくもガッカリするものか。
自分で作っておいて、なんだけれども。

一つは恐らく妹の所に行くだろう。匂いを嗅ぎ付けてやってくるはず。と思って、甥っ子が好きなチョコレートのアイシングをたっぷりと。

甘いようであっさり。明日の朝ご飯に、まあ、ちょうどいいか。

さて。

おやつに間に合うようにとケーキを焼いているそばで、自家製食べるラー油を作成。
家中にんにく臭くって、玄関はいるなり、「ただいま」じゃなくて「これなんのにおい〜」とか「くさっっっ」とか。
香りにそそられたのか、お腹空いたとうるさいので、夕飯にします。

はいはい。
[PR]
f0141867_1551525.jpg


近所に住む妹が、ふらっと遊びに来た。

ケークサレ(甘く無いお惣菜パウンドケーキ)を焼いたよ。半分持って帰る?

パンを焼こうと思ったらイーストが足りなくて、マフィンを焼こうと思ったらバターが無くて。向こうにいたときは何でもかんでもストックがあったの、全部冷蔵庫にほり込んでて。
でも、高いもんね。バターとか、クリームチーズとか、サワークリームとか。ドライフルーツも高いし、メープルシロップなんて買えないよね。PAMってどこで買うの?

今日のケーキ? 

これはオリーブオイルで。具はじゃがいもとベーコンとピーマンとチーズ。全部生のまま混ぜて焼いてるでしょう。ベーコンがカリッとしてないから、ニーは不満かもね。そう、あの人、日本のベーコンはベーコンじゃないって言うの。ハムみたいだって不服なの。焼いてもカリカリじゃないって。日本のベーコンは脂肪を丁寧に除いてあるものね。油べったり、でも焼いて油を落としてカリカリの煎餅みたいなのが、彼女のお気に入りだから。

f0141867_15521622.jpg


そうそう、日曜日にマクドナルドに行ったのね。
テレビのコマーシャルを観てニーが食べたいって言ってたから、久しぶりに日本のマックに行こうかって。

でさ、今のキャンペーンで「本格的なアメリカンバーガーを目指して」って言ってるじゃん。でも食べた二人ががっかりして、「アメリカのと全然違う! 日本の味だもん。」って。ナーはマヨネーズとパンが日本の味だからアメリカンバーガーじゃないって。ニーはポテトが固くて、ベーコンは柔らかくって、アメリカのは違うって。要はマックも不合格の烙印押された訳よ。

でもね、アメリカンバーガーって言わなかったらいいんだって。「日本の味でいいじゃん。アメリカンなんて言わないでいいよ。やっぱり日本のマックの方が美味しいもん。」だって。

f0141867_15541795.jpg


そういえば、ミスドも食べたよ。

ニーがリラックマのドーナッツを「ナーと半分こ」って言うから顔をまっぷたつに半分に切ったら、「かわいそうっっ!」って怒ってね。でもそれをナーはね、半分に切ってある事すら気がついてなかったのよ。ボケ度全開。(笑)

うん、明日IKEAの組み立てが終わったら、本を片付けて終わりね。あはは、それでも結構片付いたでしょう。
船便が届いた時は布団敷く場所も無くて必死に片付けたもの。ケーブルテレビもネットも電話も引けたし、本棚もできるし、これで本当に一段落つくわ。

そしたらさ、美味しい物でも食べに行こうよ。ね。
[PR]
f0141867_1033661.jpg


うちのナーが「ティーンエイジャー」になってしまった。

アメリカに住んでいたら結構大騒ぎなパーティーを開いていたかもしれない。ちょっと大人っぽいお洋服買ったり、友達招いてスリープオーバー(お泊まり)したり、またケーキを自分たちでデコレーションしたり、なんてね。そんな話を交えながら、しかし、昨夜は女三人でひっそりと祝った。

うそ。

夕飯はナーが食べたがっていた「豚まん」(市販品)を供し、ジャンクな手抜き夕飯でお気楽な女子ご飯。そしてケーキをがっつり。

「ちょっと、食べ過ぎじゃん!!」
「だって、これだけじゃ足りないんだもん。一日中お腹空いてるんだよ。」

なんて、あの「小食ナーちゃん」はどこへ行ったやら。

引っ越し荷物の中からやっと出て来た特大ボトルのメープルシロップをたんと入れて、自分たちの好きな分だけ切り分けた大きな一切れにたっぷり生クリームとメープルシロップを掛けて食べたら、アメリカサイズの特大シフォンケーキ(卵8個使用)がアッと言う間に半分になりましたとさ。

ちなみにニーも「一日中お腹がすいている」そうで。
毎日の楽しみは「給食」だそうで。(毎晩次の日の献立をチェックしてから寝ている)

食べさせてない訳じゃない。朝から二人とも、ゆっくりたっぷり朝食を取っているので、

「いや、そんなに食べなくていいから、早く学校に行きなよ。」

と私に言わせしめ。我が家的にはちょっと信じられない変化。
やっぱり、歩いて学校に行くということからして、エネルギーの消費量が違うと思われ。

ということで、昨日は急遽思いつきで焼いたメープルシフォンケーキ。
本当は土曜日にお祝いを済ませたから、自分でケーキを焼くつもりは無かったのだけれど。

帰るなり、

「ママがケーキ焼いてるだろうと思って、楽しみだったんだよ。」

と言うニーの言葉に、心底「セーフ!」と叫んだのでした。


あっ、そう言えばプレゼントしてないけど?
[PR]
f0141867_13242342.jpg


先週木曜日はサンクスギビングでその後4連休。
プチ宴会したりシカゴに小旅行に行ったりした後、何やってんだかもう12月。

写真はサンクスギビング当日の朝ご飯の「パンプキンパンケーキ」。
パンプキンは缶詰を使用。だから日本のカボチャとは全然風味が違うけれど、この缶詰を使わないと「こっち」の味にならない。
小麦粉に缶詰のペーストを混ぜて、ベーキングパウダーとメーキングソーダを入れたらフカフカぽってり。
ベーキングソーダも「こっち」独特の風味だからして、いっそシナモンだけじゃなくナツメグを入れて「定番」にしてはどうかと自分に問いつつ、私はナツメグの風味が苦手なので入れない。だから、その分日本寄り。

f0141867_13293280.jpg


パンプキンペーストの缶詰。半分はパンケーキに使ったけど、実はそれ、この「パンプキンロールケーキ」の残り。
サンクスギビングには、このロールケーキを焼くか、チーズケーキを焼くか、あるいはアップルタルトを焼くか迷っていたのだけれど、今年はこのロールケーキが流行だったのだろうか。11月に入ってから、新聞や雑誌でこのケーキのレシピが紹介されている記事を「3回」見たから「これも縁」ということでロールケーキにした。中身はクリームチーズと生クリームと粉砂糖のフィリング。

f0141867_13325469.jpg


一応チキンも焼いた。スーパーで一番小さい小さいのを探して。
普通は一番大きいのを探すんだけど。自分ちで20人以上人を招いてパーティーをするという友達は20lb(10キロ弱)の大型オーガニックターキーを注文したと言っていたが、焼くのに何時間掛かったのか聞くのを忘れた。恐らく旦那様が焼くので彼女は知らないかもしれない。「ターキーを焼くのは旦那の仕事」という家庭は結構多い。

余談だけれど、彼女の旦那様がホストするパーティーには、毎年誘われてる。理由は「親戚がいなくて淋しく無い?」けれど、折角のその誘いを毎年断っている私。理由は、参加者の殆どが彼女達の親戚なのと、ドレスコードがフォーマルなのと、お酒が出ない。(これはちょっと凄い) 三重苦。(笑)

これでも2キロ以上あるので家族4人だったら十分余る。ホリデー明けに楽したいから、「余る」のを見越して大きいターキーを買っておく、という手もある。けれど急遽プチ宴会になってお客さんも一緒につついたら、いい感じになくなってしまった。良かったような残念なような。
ちなみに、サンクスギビングの「普通」はターキーだけれど、私がチキンの方が好きという理由で我が家ではチキン。



ほったらかしブログですが、「シカゴ小旅行」の写真を出し惜しみしつつ(笑)追いつくように追っかけます。
[PR]