シナモンロール:バナナ入りとリンゴ入り

f0141867_119781.jpg


久しぶりにシナモンロールが食べたくなった(子供ではなく私が)ので。

半分はバナナを薄く切って巻き込み、型や半分はバターとブラウンシュガーでソテーしたリンゴを巻き込む。生地は酒粕酵母・・・だけれども、計算間違いで水分が多い?!慌てて計り直すも酵母の配合まで頭が回らず、えいやっと通常の1/3のイーストを足したら2時間ちょっとで発酵過多。やはりイーストって凄いなあと感心する。(感心している場合ではないのだけれど)

最近はもっぱら朝ごはんを食べながら生地を仕込んでいる。やはり何も見ずに事を進めると寝ぼけた頭が付いていかない。フープロ回して途端「あわわっ!!」と叫んだら、家族全員の視線が集中していて恥ずかしかったなり・・・

さて、一足お先に焼きたてを味見・・・バナナはマフィンの応用で一度試してみたかった。結構好きなタイプ。ニーの判定は不可だったけど。(笑)
久しぶりにイーストに頼ったパンはあっさり軽い仕上がり。高温で焼いてしまったからちょっとパサ付いてるような所が減点対象。しかしこれもまた好みの範疇。

それよりも問題なのは。溶け出した砂糖がキャラメル状態。これはいけない、ナーの歯にくっついてしまう!
やられたな〜、こういうことも配慮しなくちゃ行けないのか。朝ご飯、どうしよっかなあ。シナモンロールが好きなナーに我慢させるわけにもいかないし。前歯だけで食べさせるか。

そんなことをぼやきながら次に焼きたいパンと、「食べられるパン」を比較検討中。
「離乳食再び!」という視点で進めてみたいと思っています。
[PR]