チョコチップワッフル

f0141867_12423670.jpg


「火垂るの墓」をナーとニーの3人で観た。

日本で買って持って来たDVDだから、恐らくナーが観たのはもう7、8年ぐらい前じゃないのかと思うのだけれど、「悲しくて怖くて嫌」な「印象」だけが残っているらしい。夏になる度にナーの方から「観ようか?」と言いだすのだけれど、結局見た試しがなかった。

が、今年は「頑張って観たい気がする」という。
今までは

「もう少しきちんと理解出来るようになってからでも良いかもしれない」

と思っていたのだけれど、嫌がるニー(「辛いことから逃げる」タイプ)も押さえつけて観ることにする。

出だし、主人公が駅の構内で力尽きてしまうシーン。

「ここ、三宮駅だよ。ほら、去年ママのおばあちゃんとワッフル買って歩きながら食べたの覚えてる?あの柱の辺かも。」

と言ったら、映画のシーンがヒトごとではなくなったらしい。
途中ニーもクッション抱えて逃げそうになってたけれどちゃんと見終え、2人して今の時代の幸せを、子どもなりに噛み締めていた。



という流れでワッフルが食べたくなって久しぶりに焼いた。以前より勇気出して焼き時間を短めに取って、ちょっとしっとり感増しイメージに近づいたようで、しかしまだまだ。


あんなこと言った後でワッフル焼くかなあ。
あんな話された後で喉を通らないかも。
今日の私は「S」?


などと思っていたが杞憂のようだった。ちょっと心配したのだけれど良かった。
良かったのだけど、朝からこのワッフル2個で足らず、厚切りトーストにバターとたっぷりメープルシロップを掛けて平らげたナー。
君はちょっと気になってくれても良かったかも。
[PR]