さつまいもとリンゴのマフィン

f0141867_126997.jpg


雅さんじゃないけど(笑)、我が家にも明日の朝食べるパンがない。
どこででもいいからちょっと一袋買ってくれば済むのに、なんだか意地を張ってしまった。
でも、実質朝から家を出たり入ったり、パンのご機嫌をうかがっている間がないのでマフィンを焼いた。
本当はさつまいもをペーストにして「アンパン」ならぬ「イモパン」にしようと思っていたのだけれど、マフィンもあか抜けない素朴な味が今の気分に合っていて嬉しくなった。
写真は写真用にメープルシロップをかけてみたけれど、実際は掛けない方が美味しかったです。(笑)

実は、2本買ったさつまいもをスライスして焼いて、1本はマフィンに、もう1本はそのままおやつにしたのだけれど、その昔、母が大きな無水鍋で焼く焼き芋は鍋一杯に敷いてあって、私が1回に食べるお芋は「最低2本」というのが常であった。
土曜日のお昼にテレビで「吉本」を観ながら食べてたら、あっというまに2,3本。「昼ご飯いらないからお芋だけ食べてていい?」そんな小学生だった。

それになのに、今日もお皿にちょこっと2,3切れ食べて

「ごちそうさま〜、おいしかった〜」

という我が子2人のあっさりぶり。「毎度おなじみの話で、今更何を言うか」なのだけれど、いつまで経っても慣れませんな。

今時の子は贅沢すぎるんですよね。絶対に。





さて。

いつもとペースがちょっと違うだけ。けど人は人それぞれに見合ったペースがあるものだな、と、自分のへなちょこぶりを・・・なんて言ったらいいんだろう?それすら言い表せないなんて。

本当は友達にもメールしたり電話したり、話をしたいのにそれも全くできていない。
ブログももっと書きたいのに、思うように言葉にならないのでありきたりのことだけ書いて済ませている。

相変わらずの無礼者で、すいません。
一応気にしてるんですよ、これでも・・・ね。
[PR]