ニーの(ための)ブラウニーとナー(が作成)のチョコボール

f0141867_7483310.jpg


まだニーはお誕生日にクラスメートのためのお菓子を持っていくそうです。
「まだ」と言うのは、ナーがクラスメートへの「バースデートリート」(クラスで祝ってもらうんです)を5年生で「自主卒業」したのだけど、ニーいわく、

「まだ4年生だから」。

日本の小学校4年生って、結構大人びてないだろうか?少なくともニーの友達を見ていると、まだまだ「ちっちゃい子」って感じがします。

ニーの「フェイバリット!」のブラウニーがリクエスト。ステンシルで表面に"Happy Birthday!"と書こう思い立ったので、翌日でも文字が溶けたり消えたりしないようにfrouribundaさんのクリームチーズのフロスティングを使おうと思ったら・・・ブラウニーの表面が凸凹でステンシルが使えず、結局搾り出しの手書き。「ヘタウマ」ならまだ見栄えも良かろうに。しかし、

「まっ、いっか」

と言ってしまえる大雑把なアメリカ人気質が私は大好きです。(笑)



と、アメリカンポップス聴きながらこんなことを書いていたら、ナーがやって来て、

「あっ、今のプヮラリンガルねっ♪」

・・・・・なんですと?プヮラリンガル?

正解は"Put a Ring on It"
大笑いされましたよ。

わが子が何言ってるのかワカンナイというのは「赤ちゃん語」以来か。
違いは、昔は赤ちゃん相手におかんも余裕だったけれど、今は焦る焦る、ってとこでしょうかね。
くっやしい〜。

で、その大きくなった私の赤ちゃんは、友達とこんなのを観て笑っているとか。

" target="_blank">

まあ、まだ健全でカワイイじゃないですか〜?

f0141867_8121734.jpg


こちらは昨日ナーが「気晴らししたい」と作ったオレオのチョコボール。コチラのレシピはapricotberryさんのレシピを参考にさせてもらいました。「Julie&Julia」(未だ観ていないけど)は無理だけど、新たなレシピへの挑戦は限りなし。

が、適当なアドバイスで適当にナーが作ったら、クリームチーズが多すぎてドロドロ団子に(笑)
無理やりチョコレート掛けて冷凍庫に入れて(すぐ食べたい!と)冷やし固めました。

塩気の効いたチョコボールの味はアメリカン!結構好きなんですよね〜。(笑)
子どもたちがバレンタイン用に作るお菓子にぴったりかもしれませんね。
[PR]