ぶどうのマフィン

f0141867_645916.jpg


こっちのブドウは種類こそ調べたことが無いけれど、皮のまんま食べてしまう。
初めて頂いた時はびっくりしたし、4歳と2歳だったナーとニーは皮が食べられなくて、往生してたし。
でも、慣れてしまうとこれが結構美味しくて、かえって日本のデラウェアなんて面倒で食べられません。
と、日本の習慣から遠ざかり、どこまで野生化して行くのか(爆)。

週末に買ったブドウはいつもより小粒で甘さもしっかり。粒の小ささに惹かれてマフィンにのっけて焼きました。(というか、小さすぎると文句言ってたのも忘れて。)
皮がついたままなので、焼き上がった後もしっかりジューシーで美味い!

焼く前に表面にグラニュー糖もふって、焼き上がりさくっと、しかしその分カロリー高め。レシピはある方の本をアマゾンでこっそり立ち読みして拾ったものです〜。
ごめんなさい、日本に帰ったら買いますから!

ナーもニーも気に入ったらしく、

「またこれ焼いてね。」

しかし、おやつに食べようと思っていたブドウがマフィンに化けていたので、

「あー、もうっ。もう1回グレープ買って来てね。」

と、ダブルのリクエストでした。
贅沢だなあ。
[PR]